甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

設定付き含め、甘デジ中心に実践しているブログです。鉄壁の立ち回り!年間収支負けなし!これを読めばあなたもパチプロ級の腕前になれる!





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサーリンク>



2019 10/26

パチンコの抽選の仕組みやタイミングとは?【超重要】大当たり確率の完全確率と独立試行

CR画像.2

「パチンコの抽選の仕組みや大当たり確率はどのようになっているのでしょうか?」

勝ち負けに直結する抽選というのもに関わるため、ほぼ100%のユーザーが気になることだと思います。


結論からいうと、抽選の根本を知らなかったり、間違ったとらえ方をしていては、ほぼ勝つことは不可能なのです。

そこで、今回は、抽選の仕組みについて基本的な部分を解説しておきたと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーパチンコの抽選の仕組みやタイミングとは?ー



20120124213009.jpg

まず、抽選のタイミングですが、「真ん中のヘソ(チャッカー)に玉が入る」とセンサーが玉の通過を確認して抽選となります。

厳密には、ヘソに入った瞬間に乱数抽出で、デジタル始動時に照合ということになり、乱数の書き換えも行われません。


つまり、ヘソに玉が入った瞬間にすべてが決まっているのであり、いわゆる「一発判定方式」というものです。

そして、次に、別途リーチ演出を選択しています。


抽選の結果が出るまでの一連の処理は、1秒もかからないと言われており、かなり高速であることがわかります。

また、仮に4個保留の機種であれば、5つ目以上の玉がチャッカーに入っても抽選はしないというのは、保留4個機種という一般的で従来のパチンコ機の特徴となっています。


ーパチンコの内部の仕組みはメイン基板とサブ基板ー



CR画像.2

抽選に関連する処理は、メイン基板、リーチ演出関連の処理はサブ基板でというところで、おこなわれています。

ですから、抽選とリーチ演出は、別々に考えておく必要があります。


また、上記でも書きましたが、取り出された乱数は、書き換えられることはないのです。

ですから、いくらユーザーがボタン連打やレバーを引いたところで、当たりやハズレはすでに決定されている状態なのです。


これは、激熱のリーチが発生したり、赤保留、金保留時や先読み時なども同様となります。

よくお爺ちゃんやお婆ちゃんが「当たるようにボタンを叩きなさい」や「当たりが来るようにレバーを引きなさい」というのですが、これらは関係ないことになります。


ーパチンコの激熱リーチがはずれるのは抽選してないから?ー



1528625155083.jpg

中には、激熱リーチがハズレたり、リーチ演出も何もアクションが起きず、思わず、「これ、抽選していないんじゃないの?」と思う場面があるかもしれません。

しかしながら、これまでの通り、抽選とリーチ演出は関係がなく、抽選は毎回ちゃんとおこなわれています。


激熱リーチが発生するプロセスというのは、抽選で当たりの乱数を取得した際に激熱と言われるリーチ演出の選択率が高くなっているのです。

あくまで、選択率が高いというだけで、ハズレだっとしても選択する可能性があり、「激熱リーチがはずれた」となるのはこのためです。


また、いっぽうで、ハズレ乱数を取得した場合は、ノーマルリーチなどが選択率が高くなっており、これらがメインになっています。

これらが、バランスや配分も荒れるようになっていると推測され、激熱リーチを連発ではずしたりなどの現象も起こるのです。


なお、「無抽選」という言葉が騒がれていますが、別記事にて解説していますのでそちらを参考にしてください。

パチンコやスロットで全然出ない日があるけど無抽選されてるの?【解説】勝つこととは被害妄想を捨てること


ーパチンコの当たり判定の仕組みー



garagaratyusen.jpg

仮に大当たり確率が1/100ならば、100個の中に1個当たりが存在し、その当たりを引くと、表面的に図柄が揃って当たりとなります。

これは、デパートで、よくある”ガラガラ回すクジ”をイメージすると良いかと思います。


ちなみに、当たり玉をは、その都度、中に戻しているイメージになります。

なぜ、こうするかというと、当たりを戻さないと公平な抽選にならなくなってしまうからです。


よって、通常確率が1/100だとすると、一発判定で、毎回1/100で抽選している事になります。

ですから、確率分母を越えてしまったり、確率分母以内に当たったりすることがあるのです。


ーパチンコの抽選の仕組みと乱数ー



CR画像

パチンコの抽選や当たりの仕組みは、乱数アルゴリズムというものが大きく関係しています。

乱数とは、無数の数字が不規則にならんでいることを指しています。


そして、言わば、この乱数のアルゴリズム(構成や仕組み)によって大当たりの判定を行っているのです。

さらに、その配列された表である乱数テーブル(通常テーブルと確変テーブル)を参照して、合否の照合をしているわけです。


例えば、通常テーブルで「10番が通常当たり」、「11番が確変当たり」なら、抽選時に11番の乱数を引いていて、照合の際に通常時状態だったなら確変当たりとなるのです。

よって、抽選や当たる仕組みは、人間の領域を超えたもので、はるかに複雑で荒れる仕組みなのです。



ーパチンコの完全確率と独立試行ー



CR画像.1

パチンコ機が確率で成り立っている理由から、過去の履歴が大ハマリしていようが、爆発していようが、”現在の抽選には、一切影響は無い”と言えるのです。

よく言われる「パチンコが完全確率で独立試行である」というのは、これらが理由でもあります。


ちなみに通常時は1/300でも、確変時は1/30と確率が変動するのがパチンコです。

ですから、初当たりから未来に影響を与えるので、そういった意味では、完全確率独立試行とは言えないかもしれません。


ただ、この辺は大した問題でもなく、気にするような部分でもありません。

結論としては、パチンコは完全確率の独立試行と思っても良いでしょう。

<スポンサーリンク>

ーパチンコの仕組みでよくある初心者の勘違いー



1502080100310.jpg

抽選の仕組みについては、単的にも難しく考えなくても良いですが、簡単なものでもないというのは理解できるかと思います。

とくに初心者の方は、「パチンコは、簡単に当たるもの」と勘違いしないようにしなければなりません。


例えば、ミドルタイプで大当たり確率1/300とあったとします。

その際に、”素直に300個のクジの中から当たりクジ1個を取り出す”といった単純な構成ではありません。


どちらかというと、「100/30000」や「1000/300000」というように、分母や分子の数値がめまぐるしく値が変動しているイメージと言えるでしょう。

ですから、時と場合により、簡単と思うくらい当たる時もあるのですし、おかしいと思うくらい当たらない時もあるのです。


ーパチンコ内部の仕組みが複雑になっている理由ー



CR画像.4

このように構成が複雑化している理由は、お客の射幸心をあおるためやセキュリティーのためです。

単純な仕組みだと、すぐ攻略されたり、ゴトなどの被害にあってしまうのです。


実際に、梁山泊に攻略されていた過去もあり、その際は乱数を狙われ、攻略されたのです。

よって、不正を防止する理由も大きく関係していると考えられます。


これらより、私たちが考えるべき事は、私たちが思うほどパチンコは単純な仕組みではないことなのです。

この意識を持ち合わせていないと、必ず、想像以上の痛い目を見ることになるのです。


ーパチンコの仕組み上から大当たりは狙えるの?ー



1507804711875.jpg

乱数を狙えるのかどうかは、まず、乱数の周期からも、一周0.5秒と言われており、この時点でほぼ不可能です。

さらに、乱数直撃狙いも、終了した位置から再スタートではないプラス乱数方式というものがあり、どの位置からスタートするかもわからないのです。


ですから、体感機などで周期を狙うことや乱数直撃を狙うことなども不可能なのです。

よって、これまでの抽選の仕組みから、常識的に考えても、大当たりは、狙えるものではないことが分かります。


ユーザーの中には、基本的な仕組みを一切無視し、自分は当たる台が分かると思い込んだりする人がとても多いのです。

オカルトに走ったり、最悪なケースとして攻略法や必勝法の詐欺にひっかかってしまう人もいるのです。


ーパチンコの大当たりの仕組みはホルコンがカギ?ー



1489574589940.jpg

「ホルコンが台に当たり信号を送って制御しているのでは?」

一部ではこのような事も言われていますが、ホルコンは、遊技台の情報を吸い上げているだけの機械です。


これは、幾度となく書いていることですが、遊技台の中の抽選をしているメイン基板は外部からの信号を受け付けてはいけない決まりなのです。

正規では受信部分もなく、受信できるプログラムもないというこのなのです。


つまり、ホルコンなどの外部機器は抽選とは一切関係がないと言え、大当たりには何も因果関係はないのです。

誤解しやすいのですが、改めて、大当たり抽選とホールコンは別ものであると理解しておきましょう。


ーまとめー



1505797815822.jpg

まとめとなりますが、今回の記事で重要なポイントは以下の通りです。


・パチンコの抽選のタイミングは、ヘソを玉が通過した時点であり、すべてが決定されている

・パチンコの抽選の仕組みは複雑な乱数でできていて、大当たりを狙うことは不可能である

・抽選の確率は、毎回均等な抽選なので、完全確率や独立試行と言っても良い



勝ち続けているプロをひっとうに使用する正攻法とは、字のごとく、”正しく攻める方法”です。

その根拠を導き出している原点は、まぎれもなく、「パチンコは、確率である」という部分なのです。


機種ごとに抽選確率が決まっていて、確率であることから、機械割、ボーダーライン、期待値、仕事量などが計算され、算出されているのです。

つまり、パチンコは確率であり、数学的な根拠を元にして勝てるものでもあります。


また、根幹としてお店側は確率をもとに営業や運用して利益を得ていることも同じなのです。

ですから、まずは、パチンコの抽選や大当たりの仕組みを理解することが大切でしょう。

<スポンサーリンク>


この記事と関連する記事

パチンコの抽選の仕組みやタイミングとは?【超重要】大当たり確率の完全確率と独立試行

スレッドテーマ : パチンコ ジャンル : ギャンブル

(0)TB(0)

AFTER「パチンコの交換率(換金率)の調べ方はどうすれば良い?【解説】交換率の計算と持ち玉比率の重要性

BEFORE「パチンコ台の傾斜(寝かせ)の見分け方とは?【解説】ステージ調整と命釘とのバランス

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top