甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

設定付き含め、甘デジ中心に実践しているブログです。鉄壁の立ち回り!年間収支負けなし!これを読めばあなたもパチプロ級の腕前になれる!





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサーリンク>



2019 10/21

デジハネPAガオガオキング3|ボーダー|止め打ち|トータル確率|甘デジ|攻略情報

CR画像.3

本日の新台情報は、ガオガオキング3の甘デジになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ー基本的な流れー



本機は、1%で確変に突入し、30回限定のST確変タイプとなっています。

連チャンや出玉獲得への基本的な流れは、時短40回で1/99.9を引くことによるいわゆる突破型タイプとなります。


時短40回での引き戻し率は33%程度ですから、初当たり3回に1回程度です。

よって、展開としても単発も多くなりがちで、苦しい展開になることも想定しておかなくてはなりません。


設定は搭載されていないものの、大当たり振り分けも若干多く、突破型も相まって展開や収支が荒れる要素を含んでいます。


ースペックボーダーラインに関してー



まず、ヘソ賞球3個となっています。

平均連荘は2.7連程度と、標準よりは若干ながら優遇されているという印象があります。


また、大当たり賞球が9個とやや抑えられており、大当たり振り分けも弱い影響により、全体のスペックを落としています。

よって、これらを加味した総合的なボーダーラインの平均では辛めの印象と言えます。


ー大当たり中や電チューサポート時に関してー



当機は、右打ち機で電チュー戻しは1個のため、電サポ中にて、ボーダーラインの底上げの可能性はありません。

ただし、右側の一般入賞口への入賞具合によっては多少変動することもあります。


現状では、相場を考慮すると、良くても現状維持程度、通常では玉は減っていくとみています。

なお、電サポは、平均で40~100回程度ですので、全体的には長規模なレベルになります。


確変時や時短時に打ちっぱなしでは、大きく出玉をロスしてしまう可能性もあります。

この間は、できる限り、出玉の減らないように工夫しながら打っていくように意識しましょう。


また、大当たり中は、アタッカー賞球9個と、大きく勝敗や期待値に影響が出てくる値でもあります。

なお、ボーダーラインの底上げの唯一の機会でもありますので、少しでもアドバンテージを得るようにつとめましょう。


ー大当たり中や電サポ中の止め打ちについてー



大当たり中は、9カウントにより8個入賞にて打ち出しを停止し、ワンツー打法及び、2個打ちでオーバー入賞を狙うことが可能です。

効果は、スルー方面への玉の流している場合が多く、この影響もあってなかなか効果が見込めません。

ただ、やらないよりはやったほうが明らかに良いので、果敢にチャレンジしていきましょう。


また、電サポ中は基本的にロング開放となりますので、パカパカが閉まったら3個~4個打つを繰り返すことで対応できます。

効果としては、玉が増えることはないので、微減でおさえるための処置となります。


ー個人的な総合評価ー



総合的にスペック、ボーダーラインを確認すると、ヘソ賞球3個機種でありながらも辛いスペックだと言えそうです。

むしろ、言い方を変えれば、「辛すぎる」と言っても良いくらいです。


甘デジとはいえ、出玉の底上げに期待ができず、電サポ中の玉減りによっては、打つ価値が問われても来るでしょう。

これは、出玉が取れないと期待値が得られないという良い見本であり、勝負する上でのポイントは出玉の獲得状況と言えそうです。


また、回って当たり前という感じにもなりますし、釘も良く見えて当たり前となります。

さらに、ドラム機でもあるので、回転効率も多少良いと考えられますので、ボーダー割れの台ではどんどん負債が積み重なっていくことも覚えておきましょう。





出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、20.9回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得1R辺りの獲得72個)


推定相場 1R辺りの獲得70個 21.5回/千円

実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>

ー基本スペックー


■通常大当たり確率(確変確率) 1/99.9(1/33.3)
■確変突入率 1%(ST30回)
■時短 40、100回
■賞球 3&1&5&9
■カウント 9C
■大当たり振り分け

ヘソ
10R確変(電サポ100回):1%
8R通常(時短40回):20%
6R通常(時短40回):29%
4R通常(時短40回):50%


電チュー
10R確変(電サポ100回):20%
8R確変(電サポ100回):22%
6R確変(電サポ100回):23%
4R確変(電サポ100回):35%


■大当たり出玉
10R:700個
8R:560個
6R:420個
4R:280個

ー攻略スペックー


■トータル確率(当数1回辺りの平均出玉)1/37(430個)
■千円辺りのボーダーライン
4.0円…21.5回
3.5円…22.3回
3.0円…23.1回
2.5円…24.1回

※1R辺りの獲得70個
※持ち玉比率70%時
消費税3%負担で上記数値に×1.03
(1円パチンコは上記数値×4)

関連記事:パチンコの抽選の仕組みやタイミングとは?【超重要】大当たり確率の完全確率と独立試行
関連記事:パチンコ屋はなぜ儲かるのか?【重要】お店に利益が出る仕組みを知ること

<スポンサーリンク>


この記事と関連する記事

デジハネPAガオガオキング3|ボーダー|止め打ち|トータル確率|甘デジ|攻略情報

スレッドテーマ : パチンコ・スロット新台情報 ジャンル : ギャンブル

(0)TB(0)

AFTER「設定付きパチンコは勝てないのか?【徹底解説】勝つための立ち回りと重要なポイント

BEFORE「熱くなったら負け確定なのはなぜ?【鉄則】パチンコパチスロで大負けした翌日に考えるべき重要なこと

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top