甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

設定付き含め、甘デジ中心に実践しているブログです。鉄壁の立ち回り!年間収支負けなし!これを読めばあなたもパチプロ級の腕前になれる!





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサーリンク>



2019 10/31

設定付きパチンコの機械割はどうなっているの?【重要】設定と釘の比重を考えた立ち回り方

CR画像.2

「パチンコに設定が搭載されましたが、機械割はどうなっているのですか?」

本来、設定や機械割(ペイアウト)と言えばパチスロ(スロット)を思う浮かぶのではないでしょうか。


結論から言っておきますが、勝つためには機械割という考え方や見方はとても重要です。

そこで、今回は、設定付きパチンコの機械割と設定判別について解説をしていきたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ー設定付きパチンコの機械割はどうなっているの?ー



1542443620581.jpg

パチンコに機械割と言えば、聞きなれないのですが、実は設定が搭載されていなくても、機械割は存在しているのです。

そして、その機械割を左右しているのが”釘”なのです。


ですから、今回は、設定が加わったことにより、機械割を左右するのが”釘+設定”ということになります。

なじみのあるところでは、皆さんが参考にしている設定毎のボーダーラインが機械割にあたります。


なお、機械割とは通常パーセントで表示するわけですが、パチンコとパチスロでは比較はできないのです。

よって、パーセンテージ使用でわかりづらくなるよりは、従来通りのボーダーラインで見たほうが良いでしょう。


ー設定付きパチンコの機械割の誤解ー



1542450681867.jpg

さて、先に機械割(ペイアウト)によくありがちな誤解について説明しておきたいと思います。

(例)「投資1000個で当たり計3連チャンして、1500個出た」

(例)「投資5000円で6000円出て1000円勝った」


これが、機械割150%や120%なのかというと、違いますので誤解しないように注意しましょう。


パチンコの機械割とは、110%とあった場合、「投資1玉で1.1個返ってくる」までは良いのですが、瞬間的や一時的なものではありません。

つまり、スペックの平均連チャン、平均出玉、平均当たり回数や釘による平均差玉などを含めた平均的な値となります。


ー設定付きパチンコで機械割の高い機種はあるの?ー



CR画像.2

機械割の高低、および良し悪しというのは、基本的に釘調整次第になります。

そのうえで、確かに比較的に機械割の良い機種というのは存在しています。


いわゆる、ボーダーラインの甘い機種が機械割の良い機種ということになります。

勝つためには、なるべく、こういった機械割の良い機種を打っていくことはとても大切です。


毛頭より、機械割をいうものを知らなければ、高低や良し悪しもわからず、機種も選べないわけです。

ですから、まずは、「機械割の良い機種=ボーダーラインの甘い機種」という図式を覚えておきましょう。


ー設定付きパチンコの機械割の9割は釘が占めているー



1536319194383.jpg

表向きは設定と釘によっての機械割となりますが、現状を見る限り設定の意義は小さいと考えられます。

つまり、機械割を占めているのは9割型は釘調整と言えそうです。


なぜなら、釘調整ですら基本的に放置気味になっている中で、設定を変更したりすることは考えられないからです。

機械割上、むやみに設定変更すると釘も変えなくてはなりませんし、作業の手間が増えるため、効率的ではありません。


よって、導入初期は動かす可能性はあるもの、設定は固定され、あとは釘を一定時期で調整するのが基本でしょう。

ですから、お客としてもお店としても、パチンコの設定の重要度とはそこまで高くないのが現状なのです。


ー設定付きパチンコって釘いじれないのでは?ー



1542450580934.jpg

「そもそも設定搭載された理由は、釘をいじられなくするためでは?」

このような声もあるのですが、先々に封入式の管理遊技機という話もあり、確かにこれも一理あるでしょう。


パチンコ機から物理的な釘が無くなるというのは、これまでのパチンコの根幹を変える部分ですsので、かなり先の話になるかと思います。

ということで、昨今では、設定搭載された現状を見る限り、少なくとも変わらず釘を調整しているのは確かです。


つまり、お店は設定よりも釘で機械割を調整していると言えます。

打ち手であるユーザーとしても、釘を重視で立ち回るべきなのは間違いなさそうです。

<スポンサーリンク>

ー設定付きパチンコが回らない理由ー



1542450588415.jpg

というのも、設定が搭載された新基準機が続々と登場し、ホールに導入されています。

しかしながらが、特段に回るわけでもなく、むしろ、まして回らないという声もあるくらいなのです。


回らない理由は、従来のように、利益確保のためギリギリまで釘を締めているからです。

なお、基本的にパチンコ店の設置している台は、全台全部が回るわけではありません。


優良店であっても機種ごとに違ったり、島ごとに違ったり、台ごとに違ったりすることが大半なわけです。

つまりは、設定が搭載されたところで、ホールの扱いはおおむね、今までと同じなのです。


ー設定付きパチンコが回らないのは高設定だから?ー



1550919352917.jpg

また、ここでも機械割というものを考えたときに、一見では一つの思惑が出てきます。

「高設定を入れてるから、回らないようにしている?」


このようにと思ってしまいがちですが、安易な考えは危険ですので、注意をしておきましょう。

高設定を入れても回らない台は稼働が上がらないのは、目に見えていることです。


つまり、お客としては、設定よりも、第一にぶんぶん回ってくれたほうがストレスもなく、よほど良いのです。

そして、お店側もこの辺のお客の思いは、重々承知していることなのです。


ー設定付きパチンコで勝つためには?ー



1542443663705.jpg

設定の意味が薄いとは言え、無視して良いほど、まったく関係がないわけではありません。

これは、設定が機械割に関わっていることを考えれば、当然のことではありますが、お店によっては、設定も上手に使用している可能性があります。


ですから、設定も重要であり、設定推測や判別もやっておいたほうが良いのは確かなことです。

ただ、設定示唆演出は打ってからになりますので、立ち回りは今までと変わりなく、釘で台選択となります。


よって、必然的に、比重としても釘9割、設定1割という感じになるのです。

私たちが素直に勝つことを考えたときにベストなのは、釘での良台を確保したうえで設定推測となるでしょう。


ー設定付きパチンコの設定示唆ー



CR画像.5

設定付きパチンコ機の設定においては、機種により2~6段階まであり、数値上では推測や判別が不可能と言っても良いです。

よって、推測および判別は、設定示唆演出が大きなカギとなります。


しかも、高設定だとしても演出が出ない場合もあり、かなり不安定な要素と言えます。

頼りにして打ってしまうと、リスクがものすごく高く、ただ大負けをして実践終了という事態になってしまいます。

立ち回りや実践においても、設定への期待に比重をおけない理由がここにあるのです。


ーまとめー



1542443612406.jpg

まとめとなりますが、重要なポイントは以下の通りです。


・設定付きパチンコの機械割は、ボーダーラインのことである

・設定付きパチンコの機械割を左右しているのは、現実的には「釘9割と設定1割」である



機械割を考えた立ち回りは、設定が搭載されたと言っても、ほぼ釘調整が軸となります。

よって、順番としても釘の良い台を選んだ上で、設定推測のステップに移行することが現状でベストでしょう。

<スポンサーリンク>


この記事と関連する記事

設定付きパチンコの機械割はどうなっているの?【重要】設定と釘の比重を考えた立ち回り方

スレッドテーマ : パチンコ・パチスロ日記 ジャンル : ギャンブル

(0)TB(0)

AFTER「パチンコは勝ち逃げするべき?粘るべき?【徹底解説】長期的なプラス収支を実現するために重要な思考

BEFORE「パチンコは顔認証されてるから当たらないの?【解説】顔認証の回避術や対策方法を考察

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top