甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

設定付き含め、甘デジ中心に実践しているブログです。鉄壁の立ち回り!年間収支負けなし!これを読めばあなたもパチプロ級の腕前になれる!





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサーリンク>



2019 11/16

連休中のパチンコは負けやすいの?【徹底解説】正月、GW、お盆のパチンコの最強立ち回り

CR画像.1

「連休中のパチンコは負けやすいのは本当ですか?」

結論から言うと、確かに連休中のパチンコが負けやすいのはその通りなのです。


ただし、このような連休においても勝つことは十分可能なのも事実です。

そこで、連休や大型連休に勝つための方法や立ち回りを解説していきたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ー連休中のパチンコは負けやすいの?ー



CR画像.4

繰り返しになりますが、連休中のパチンコは負けやすいのは確かなことです。

しかも、一般的に、「普通の日よりも負けやすい」というのも実は理にかなっていて、ちゃんと理由があるのです。


なぜなら、お客が休みの日というのは、基本的にお店側が釘や設定をしぼっているからなのです。

黙っていてもお客が来ると考えれば、釘や設定を甘くする必要がうすくなることは容易に想像ができるでしょう。


ですから、むしろ、ホール(店)側も商売する上で、カレンダー上の休日や仕組みを当然のように利用しているわけです。

しかしながら、負けやすいとは言っても、勝てるチャンスも十分あることも確かなのです。


ー連休中のパチンコは完全に回収なの?ー



CR画像.4

「長期連休や大型連休日のパチンコは回収確定だ!」

このようなセオリーが永遠と語り継がれているのも、実際に負ける人が多いからなのです。


連休といえば、と言えば、主に正月(年末年始)、お盆、ゴールデンウィークが三大連休期間と言われています。

特にこの期間にパチンコをする人が一番多いため、嘆きや文句などが多発するのです。


だからと言って、「回収だから負ける」という結論は、かなりナンセンスな主張です。

実は3連休程度なら年にたくさんあります、パチンコ屋というものは商売ですので、常に回収なのです。


つまり、店舗規模や地域規模全体では回収でもあれだけの店舗や台数があり、自分自身で選べばこれらも実はあまり関係がないと言えます。

よって、自分だけが勝てば良いだけのことなので、それは立ち回りの問題なのです。


ー正月(年末年始期間)のパチンコが負けやすい理由とは?ー



new-years-662840_640.jpg

正月期間でのパチンコが負けやすい理由として、パチンコ屋の営業形態とお客の心理が大きく関係しています。

まず、パチンコ屋の年末年始を挟んでの正月営業は、やや特殊なのです。


・基本的に大晦日は早めに閉店するため、売り上げが減少する

・地域によっては延長営業し、三重県やその他地域では24時間営業をしていることもある

・正月はお年玉や初売りなど、通常の日よりもお金が動きやすい心理がある



売り上げが減少すれば、その分を回収するために余計に締めなくてはなりません。

また、近年では延長営業という一種のイベントで人が集まりやすくなっており、三重のオールナイト営業は有名です。


さらに正月や新年は庶民感情としてもお金が動きやすい期間でもあります。

要するに、お店も書き入れ時というやつで、お客はかなり負けやすくなる要素が盛りだくさんなのです。


ーお盆期間のパチンコが負けやすい理由とは?ー



STOCKER1202002_TP_V.jpg

お盆期間のパチンコが負けやすい理由としては、お客の心理的な要因が大きいと考えます。

お盆期間は基本的に13日、14日、15日と最低でも三連休はあり、考えられることは主に以下の通りです。


・多くの方がお墓参りにいくくらいで、それが終わってしまえば他に予定がない

・夏場なので暑さをしのぎたいために、涼しいパチンコ屋に行く人が多くなる

・夏場は暑さでイライラしやすくなり、頭に血が上り、お金をつぎ込みやすくなる



お盆と言えば、お墓参りですが、数件めぐったところで長くても数時間程度で終わります。

その後にすることがなく、しかも暑いため、涼しいパチンコ屋へ足が向かいやすくなるのです。


しかも、暑さというのは厄介でイライラを引き起こし、いわゆる体が戦闘体制になります。

そんな中でパチンコで出なければ、余計にお金をつぎ込む腑の連鎖になり、大負けをしやすくもなるのです。


ーCW(ゴールデンウィーク)のパチンコが負けやすい理由とは?ー



151026M_018r_TP_V.jpg

ゴールデンウィーク(GW)期間のパチンコが負けやすい理由としては、時期やお客の心理的な要因が大きいと考えます。

ゴールデンウィークは、3月の年度末から4月の新年度後すぐの連休期間になり、考えられることは主に以下の通りです。


・新年度の4月~5月は引っ越しや転勤など多く、人がめまぐるしく動く時期であり、お金を使いやすい

・新年度後すぐの連休で、お客の懐がゆるみやすく、お金が動きやすい時期である

・パチンコ店は4月に少し還元しつつ、5月のGW連休でがっつり回収というパターンがある



年末年始同様ですが、「たくさんの人が旅行に行ったりする映像」をテレビなどよくみかけるはずです。

つまり、GWは多くの方がお金を使うのであり、お金が動きやすい時期でもあるのです。


また、新年度は人が移動することが多く、パチンコ店としても新しいお客を取り入れたい時期です。

パチンコ店もGW前の4月に多少甘くして、5月の連休期間に入って、きっちり締めるというパターンとなります。

4月に良い思いをしたお客が再来し、連休期間で大負けするなんてこともよくあるセオリーなのです。

<スポンサーリンク>

ー三連休程度ならパチンコ状況は変わらないの?ー



1497693386274.jpg

また、三連休程度であれば、年間でそれなりの回数があり、実際に2019年でも8回もありました。

この期間のパチンコの状況はどうなっているかというと、土日祝日の休日状況と同等だと考えられます。


なお、正月やGW、お盆などの大型で特別な連休よりは気持ち程度良いかもしれませんが、差ほど変わらないと思って良いくらいです。

よって、基本的に釘や設定状況は厳しいというのは間違いないことです。


具体的には、パチンコでは全体的に釘を締めて、回らないようにしたり、出玉を多く削るように調整します。

スロットでは設定1を多用し、いわゆる全台設定1のベタピン営業なんてこともありえるくらいです。


ー連休中にパチンコ行くなら初日、中日、最終日のいつが良い?ー



kareda.jpg

もし、長期連休にパチンコにいく場合は、基本的に初日や前半が良いのです。

なぜなら、お店側としても前半にお客を集客しておく必要があるからです。


つまり、前半戦に釘や設定を多少甘くしておいて、後半で回収という構図が一般的だと考えられます。

パチンコ店側からみると連休はある意味ではイベントと同じで、最初が肝心であり、最初でコケたくはないのです。


ほとんど大差もなく、「この日だけは絶対に行ってはいけない」という日もこれと言ってないのが現状です。

あくまでもお店側の立場や心理的な要素を考えると長期的な連休の中で初日が一番マシだと言えそうです。


ーパチンコで勝てる日や勝てる曜日はあるのか?ー



CR画像.1

これまでの通りで、実質としては、連休はイベントでもないので、勝てる日や曜日などはないことがわかります。

例えば、毎週日曜日だけ休みの人が、パチンコやスロットを打って5連勝程度なら日常的にあります。


その人にとっては日曜日は勝てる日になりますが、ほかの人はこうならないわけで、たまたま起こったというレベルの話なのです。

そもそも、パチンコやスロットはなぜ勝てるのかの答えは、99%が自身の立ち回りによるものです。


感覚やこのような漠然とした部分を勝てる理由にしてしまうことはものすごく危険な試行です。

なによりも、勝てる理由付けを間違わないようにしておくことが大切だと考えます。


ー連休中にパチンコで勝つための立ち回りとは?ー



CRネタ

それでは、肝心の連休中に勝つ為の立ち回りはどのようにすべきでしょうか?

答えとしては、機械割の甘い台を打つことが一番良いのです。


具体的には、パチンコはボーダーラインの甘い台を打ったり、スロットは設定1の機械割100%超える機種を打っていくことでしょう。

この時点で、機種や台も限定され、無駄な立ち回りも制限されることになります。



一番やってはいけないのは、いろんな機種や台をむやみに打ち散らかす立ち回りだと肝に銘じておきましょう。

なお、別記事でも解説しておりますので、そちらも参考にしてみてください。

土日のパチンコで勝つためにはどうすれば良い?【徹底解説】ボーダーや機械割の甘い台を打つこと


ーまとめー



1542450588415.jpg

まとめとなりますが、今回の記事で重要なポイントは以下の通りです。


・パチンコ店は基本的に連休中は締めているのは確かであり、負けやすくなっていることは間違いない事実である

・年末年始の正月、お盆、GWは時期的な要因もあるが、お客の心理的な理由も大きく大負けになる可能性がある

・連休中で勝つ為には、初日からコケないように周到かつ、機械割の甘い台を選ぶ立ち回りが基本中の基本になる




基本的に土日や祝日、連休のお店運営には、お客側の心理、行動はすべて読み込まれていると考えるべきものです。

勝つ為には打ち手としても、そこまで読んで立ち回りに生かしていくことが一つのカギとなるでしょう。


また、勝てるかどうかは立ち回り次第と考えれば、自身の立ち回りをしっかり守ればこのような時期でも結果が出せるともいうことができます。

実際に時期や日、曜日などに関係なく、勝ち続けている人もいますので、ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

<スポンサーリンク>


この記事と関連する記事

連休中のパチンコは負けやすいの?【徹底解説】正月、GW、お盆のパチンコの最強立ち回り

スレッドテーマ : パチンコ・スロット新台情報 ジャンル : ギャンブル

(2)TB(0)

AFTER「パチンコはカニ歩きしたほうが勝てるの?【徹底解説】根拠なきオスイチ狙いやタコ粘りはNG

BEFORE「パチンコの軍資金1万円を増やす方法はあるの?【錬金術】わらしべ作戦のプロセスをご紹介

COMMENT

  • No.1636 こんばんわ

    良く整理されていらっしゃるのでわかりやすかったです。

    最近、自分の地域の掲示板で、お客が少ないけど大丈夫かとか、海コーナーもガラガラだとかいう投稿をよく見るようになりました。普段は店員の悪口とか遠隔がどうのこうのとしか書かれていない掲示板です。いよいよ深刻です。ただの季節的な回収期に過ぎないのであればいいのですが。

    それはそうと、11月22日(金)から3日間のファン感謝デーがやってきますね。出玉の話は置いといて(笑)、テレビとか自転車とか当たってくれないかなあ。

    投稿者:オカパチクローバー 2019/11/16 (土) 17:26
  • No.1637 Re: オカパチクローバーさん

    ども、ありがとうございますm(__)m

    そうなんですよね~ローカル掲示板では、どの店もガラガラとかってかかれてるし、地方の現状は見るに堪えないといったところですかね。


    お客としても、回らない台はまったくもって面白くもないし、やる気のない店でやる気が起きないというのは正直なところですよね。


    ファン感ありますね(^^;)多少にぎわいますかな♪

    テレビや自転車は一番いいやつですから特賞とかです。

    地味ですが、3日間もあれば、それなりに抽選回数をこなせるかと思いますのでチャンスありですね(^^ゞ

    投稿者:どあFX 2019/11/16 (土) 19:22

MESSAGE

非公開コメント

Top