甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

設定付き含め、甘デジ中心に実践しているブログです。鉄壁の立ち回り!年間収支負けなし!これを読めばあなたもパチプロ級の腕前になれる!





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサーリンク>



2019 10/01

パチプロがオススメする機種はあるの?【徹底解説】プロがガチで伝授する立ち回りのコツ

CR画像.3

「プロや上級者から見て、おすすめ機種はありますか?」

たびたび、このようなご質問を、いただくことがあります。

勝つために機種選びは、とても重要ですし、そこには、かなり切実な思いがあるのではないかと思います。


結論からいうと、広い意味では、おすすめする機種というのはあるのです。

そこで、今回は、おすすめする機種について立ち回りも加えつつ、深堀りをしながら解説していきたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーパチプロがおすすめする機種はあるの?ー



1497693386274.jpg

繰り返しになりますが、おすすめする機種は確かにあるのです。

ただ、基本として、パチンコで勝つことや勝ち続けることは、”釘が良い台を継続して打つことのみ”です。


よって、ホール内にある台の釘の状況が一番の問題であり、機種では選べないので、じつは、この答えはものすごく難しいのです。

また、自分のおすすめ機種が、その人にとっては、全く使えないこともよくあるのです。


なぜかというと、環境や打ち手の技量などが全く違うからなのです。

しかしながら、このおすすめ機種の方向性としては、おおむね、プロたちが選んで、よく打つ機種と言っても良いでしょう。


ーパチプロが打つ機種は2019年の勝てるパチンコ台ー



1542450580934.jpg

さらに、プロが選ぶ機種というのは、期待値が得られやすい機種でもあるので、同じ機種に寄っていく傾向もあるのです。

つまり、それは、率直に勝ちやすい機種とも言えるのです。


プロたちは今この時間、瞬間も稼働していて、リアルタイムで上記のような機種や台を打っています。

よって、2019年において一番勝ちやすい機種や台を厳選してい打っているため、あなたにとっても有益な情報に間違いないでしょう。


ホールで打つ際はは、必ず、釘を見て照らし合わせるとともに、釘の良い台でちゃんと実践をしていけば、良い結果が得られるはずです。


ーパチプロが打つ機種とは?ー



1504607732359.jpg

では、具体的にどんな基準で機種を選んでいけばいいかというと、それは、「ボーダーラインの甘い機種」です。

初心者の方は、ボーダーラインを確認したうえで、甘い(数値の低い)機種を狙っていくことが重要だと考えています。


スペックダウンが目立つ近年ですが、その中でも、甘い機種というのは存在しています。

このようなタイプの機種を狙っていくと、期待値が得られやすくなり、結果として、勝ちにつながることも多く、なにより、これらがプロが打つ機種なのです。


なお、ボーダーラインの甘い辛いの説明は別記事で紹介していますので、そちらを参考にしていただければと思います。

ボーダーライン(スペック)の「甘い」や「辛い」とは?【重要】回転単価をマスターすると便利になる


ー電チュー優先消化機種と保留8個機種ー



CR画像.3

さらに、機種選びの際は、以下のタイプも良いと思います。

・保留8個の機種

・電チュー優先消化の機種



上記の機種であれば、総合的に、ほかの機種よりも多くプレイ数を回せることにつながります。

よって、初心者の方などは、このような機種、および台を選んで打っていくと良いと思います。

細かいところですが、細かい積み重ねで、他人との差をつけていくことも大事なことなのです。


ー時間効率の良い機種(スピードのある機種)ー



CR画像.3

また、何度も書いているかと思いますが、パチンコは機種ごとに回せるスピードが違います。

代表的には、海物語シリーズやドラムタイプなどは、スピードの速い機種となります。


なぜ、速くて有利かというと、はずれリーチの無駄な引っ張りや演出の複雑さなども少ないからです。

その分、ほかの機種よりも、時間辺り多く回せることになります。

つまり、比較的にそれだけ大当たりが取りやすくなると言えるのです。

<スポンサーリンク>

ーパチプロが打つ台とは?ー



1526553523267.jpg

さらに、機種選定よりも台の選定が重要になります。

どんな台が良いのかについては、もちろん「釘の良い台」です。


要するには、プロは、基本的には釘が良ければ、機種に関係なく、なんでも打つのです。

ここで問題は、どれくらい釘が良い台なのかになりますが、なるべくボーダーラインを大きく超えている台を打つようにしているのです。


そのために、ゲージ構成やステージ性能など、台の潜在性を引き出すために、フルパワーで打ちます。

ですから、皆さんも「フルパワーでやったるで」くらいに集中して実践を展開していくようにすると良いでしょう。


ーパチプロの立ち回りとは?ー



1518344381485.jpg

そして、機種選び、台選びとともに、プロの立ち回りも参考になればと思います。

プロは基本的に、ジグマスタイル(1店舗集中型)で稼働している人が多いです。

これは、なぜかというと、効率的だからでもあります、

で、具体的にどうやっているのかというと、重要なポイントは以下の3つです。


・ホールを1店舗探すこと

・そのホールで1機種を探すこと

・1機種の中で1台を探すこと



この上で、たどり着いた1台を軸にまず、しばらく打っていき、貯玉を作ったり、資力を増やしていったりするのです。

ざっくりいうと、第一やることは得意な機種や打ち慣れた機種を作ろうということです。


ー初見やブランクのあるホールの立ち回りー



1487550779741.jpg

みなさんも初見のホールやブランク期間が開いたホールへ行くこともあるかと思います。

この場合の機種選びで、あちこち無鉄砲に試し打ちなどを繰り返していては、

負債ばかりが積み重なったりして、お金が無駄になってしまいます。


このような場面で、重要なことは、「自分の得意な機種」や「自分が打ったことのある機種」から優先的に選んでいくことです。

初見のホールは当然ながら、状況も把握できていませんので、基本的には、知らない機種は避けるべきでしょう。

もし、打ったことがない台で、打てそうだと感じたなら、携帯やスマホでも機種情報は、事前に調べてから打つようにしましょう。


ー釘読みはなるべく良いと感じる台を選ぶことー



CR画像

機種を選び、台を選ぶ際には、釘を確認するとともに、神経質にならず、感覚的なもので良いです。

とにかく、「なんだか、この台が良さそうだなぁ」と感じる台を選んでいくようにしましょう。


なお、釘の判定がまったくできない段階の人は、試し打っていくしかありません。

決して、試し打ちがダメな行為ではありませんが、できるだけ少ない投資金額で見切っていくためにも、玉の動きや玉の流れに注目して見ていくと良いでしょう。

また、初動の感覚としても、なんだかパッとしなかったり、いまいちだと感じた場合は、やめても良いです。


ーまとめー



1489574582495.jpg

「ボーダーラインの甘い機種を重点的にホール、機種、台を厳選していき、自分の得意な機種を作って勝ちを積み上げていくこと」

今回の議題をまとめると、おすすめ機種と立ち回りのコツであり、一番ベストなプロセスなのではないかと考えています。


ただし、根本として、釘調整や機種などを含み、とりまく環境は、めまぐるしく変化しています。

よって、機種などにとらわれず、その場所やその時に一番良い台を打つことが大切です。


逆に言えば、機種などに関わらず、「釘の良い台ならば、なんでも打てるようになること」が重要でもあります。

すなわち、自身をとりまく環境に適応することが一番大切だと言えるでしょう。


機種や台選びを含めた立ち回り自体ではなく、「プロがどのようなところに目を向けているのか?」という着眼点にも注目していくこともとても大事です。

<スポンサーリンク>


この記事と関連する記事

パチプロがオススメする機種はあるの?【徹底解説】プロがガチで伝授する立ち回りのコツ

スレッドテーマ : パチンコ・パチスロ ジャンル : ギャンブル

(2)TB(0)

AFTER「パチンコの勝率を上げるにはどうすれば良い?【徹底解説】第一に重要なのは「勇気ある撤退」

BEFORE「パチンコが全然回らないのはなぜなの?【徹底解説】回らない原因や理由と対処法を考察

COMMENT

  • No.1574 No title

    こんばんは!

    >「釘の良い台ならば、なんでも打てるようになること」

    これですね。

    「好きだから」「面白いから」だけでは稼げません。
    むしろパチンコを楽しむのなら、パチ屋にお金を置いてくるべきです。
    どんなにつまらない機種でも、期待値があるのなら打つべきです。
    パチンコで稼ぐとは、もう「仕事」ですからね。

    投稿者:ななしー 2019/06/12 (水) 21:29 [ 編集 ]
  • No.1575 Re: ななしーさん

    どうもありがとうございます(^^ゞ


    釘で選んでいくと、いろんな機種も打つことになり、なんでも打ってみるのもまた面白いというか発見もありますからね!

    遊びと思ってやってる方もほとんどいないのが現状で、ギャンブルだからといってしまえばそれまででしょうか…くは。


    「自分は何もしないけど、お金はくれ」ってのが、」本音ですよね(^^;)


    勝つことと勝ち続けることのギャップと難しさというやつでしょうか。

    投稿者:どぉあん 2019/06/13 (木) 08:13

MESSAGE

非公開コメント

Top