甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

設定付き含め、甘デジ中心に実践しているブログです。鉄壁の立ち回り!年間収支負けなし!これを読めばあなたもパチプロ級の腕前になれる!





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサーリンク>



2019 12/08

パチンコの海物語シリーズを攻略プロがよく打つ理由とは?【最強】良釘では現行トップクラスの勝ちやすさ

CR画像.3

「パチンコで勝つためには、海物語の台を打てば良いのですか?」

パチンコには、数えきれないほどの機種がありますが、今でも業界やホール内にて先頭をきっているのが三洋の海物語シリーズの台です。


結論からいうと、勝ちたいなら海物語シリーズを打つことも一理あるのです。

そこで、今回は、海物語シリーズの人気の理由や勝ちやすいとされる理由を書いていきます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーパチンコの海物語シリーズを攻略プロがよく打つ理由とは?ー



CR画像2

さて、皆さんも海物語シリーズをプロがよく打っている場面をテレビや動画でよく見かけるのではないでしょうか?

勝利至上主義のプロが打つ理由は、言うまでもなく安定して勝ちやすいからにほかなりません。


たとえば、前回大負けした場合、次の勝負では負け分が返ってきたりなど、上下の乱高下がはげしくないのです。

というのも、スペックを確認してもわかる通り、電チュー抽選共通や大当たりの種類が少なかったり、いろいろ細かい工夫があります。


つまり、いわゆる余計なものがなく、勝つために必要ないマイナス要素が少ないのです。

なお、重要な部分で、「釘さえ良ければ」というのは前提ですが…。


ーパチンコの海物語シリーズは釘調整が甘くなりやすいの?ー



oumiagunesu.jpg

年配のおじいちゃんやおばあちゃんが良く打っている大きな理由のひとつには、追及したシンプルさということもあります。

これは、リーチなどの演出だけではなく、回転スピードが速く、右打ちがなかったりと簡単なのです。


また、パチンコ台としてもゲージ構成や役物など全体としても、比較的に穏やかになるように作られているのです。

これらの全体的なシンプルさは、細部にわたったメーカー側の配慮ですし、年配層に人気がある理由はまさしくそこにあるでしょう。


また、同時にホール側が一番大事にしている機種やコーナーともいうことができるのです。

つまり、厳しいご時世ではありますが、厳しいなりにも釘調整なども甘めに、優しい調整にしていることも多いのです。


これもまた、海物語シリーズが昔から勝ちやすいと言われている理由でもあるのです。

ですから単に人気があるからおすすめをしているわけではなく、ちゃんとした理由があるわけなのです。


ーパチンコ海物語シリーズの攻略は初心者向きなの?ー



1542443654965.jpg

海物語シリーズは、お年寄りにわかりやすいくらいですから、初心者の方でも攻略においてほかの機種よりは断然理解しやすでしょう。

ただ、勘違いしやすいのですが、他機種と比較すれば、勝ちやすい機種ではありますが、勝ちやすい台かというとそうではありません。


というのも、勝ちやすい台なのかどうかは釘次第ということになるからです。

ですから、繰り返しになりますが、海物語でも必ず釘の良い台を選んで立ち回らないといけません。


逆に言えば、釘の悪い台では負けやすい台と言えるのですから、重ねて覚えておくべきでしょう。

ただ、単純に海物語を打つのではなく、釘の具合を見極めて、正しい台を選びや実践をしていくと良いのです。


ーパチンコ海物語シリーズは打ち方がシンプルー



CR画像.1

海物語シリーズでもいろんなタイプや種類が開発や製造され、ホールへと導入されています。

しかしながら、おおもとのゲージはだいたいが共通となっていて、これもまた大衆が分かりやすい部分と言えます。


また、一つの特徴として右側ルートも存在し、左右対称である正村ゲージというものです。

ストロークにおいても、ぶっこみ狙いが基本中の基本としてずっと語り継がれてきました。


昨今では、回らない場合に右側ルートを補助的に使用したり、回していく打法などもいまだにあるのです。

通常時での右打ちもこの機種が左右対称ゲージだからこそ可能な攻略の一つでもあるのです。


ーパチンコ海物語シリーズで覚えておくべき釘読みのコツとは?ー



CR画像.3

さて、ここで海物語シリーズでのコツ的なものをご紹介しておきたいと思います。

実は、海物語シリーズで重要な釘の部分は、寄り釘です。


つまり、寄り釘がちゃんとしていれば、ヘソ釘はフラットな調整でも良いのです。

とまぁ、そういうからには、寄り釘が悪いこともものすごく多いのが現状でもあります。


初心者にもわかりやすいように言うと、「寄り釘の出口がちゃんと内側(ヘソ方向)を向いていること」です。

寄り釘付近をしっかり確認してみて、角度がついているような台を選んでいくと良いでしょう。

<スポンサーリンク>

ーパチンコ海物語シリーズで流行したオカルトとは?ー



1507804711875.jpg

「海物語で当たりの兆候となる出目や演出での見分け方はありますか?」

これは、オカルトというものですが、現在においてもこのような問いも多いのも事実です。


今は、だいぶ落ち着いていますが、ひと昔前までは、このようなオカルトの海物語攻略がすごい勢いで流行しました。

ホールによっては海物語コーナーにその冊子がスペック紹介とともに完備されていたくらいです。


夢を壊すようですが、現実として抽選の当たり判定はチャッカーを通った瞬間に毎回おこなっているのです。

よって、パチンコ機そのものに前兆や兆候というのは存在しないのです。


ーパチンコ海物語シリーズ専門のプロはいるの?ー



1507804704919.jpg

さて、昔は、「海プロ(海物語シリーズ専門のプロ)」なんて呼ばれた人もいました。

ひそかに、少数ながら、現代にもいるのかもしれません。


プロといっても、別にネタ攻略とかではなく、正攻法(ボーダーや期待値)です。

専門とは言いましたが、そもそもとして、実は、プロや勝ちを目的としている方々は、このように思っているはずです。


「できるならば、海物語シリーズを打ちたい!」

この理由として、それだけ海物語シリーズには、他機種よりも、利点があるから(勝ちやすいから)なのです。


ーパチンコ海物語シリーズで勝つ為に重要なポイントとは?ー



1539162227436.jpg

「勝ちたいなら、海シリーズ打っとけばいいよ」

皆さんも、機種選びで迷ってる時に、一度くらいは先生たちに言われたりしたことがあるのではないでしょうか?


これまでの解説より、この理屈もある意味では、本当のことなのです。

ただし、やはり、海物語を専攻するうえで、絶対的にホールや台を厳選しなければなりません。


今回の実践のような出玉をガンガン削っているようなホールは、本来は、良心的なホールとは言えません。

近年の海物語もスペック自体は辛くなっていて、ボーダーラインも厳しくなっています。


だから、回って当たり前の台を、「回しています(回ってます)」的なごまかしが効くんです。

何を言いたいかというと、出玉が大事なのです。


ーまとめー



1539162214311.jpg

まとめとなりますが、今回の記事で重要なポイントは以下の通りです。


・海物語シリーズは専門プロがいるくらいなので、それだけ勝ちやすい機種なのは間違いない事実である

・海物語シリーズはヘソ釘よりも寄り釘をしっかりチェックしておくべきである

・出玉が大きく削られているような台は、絶対に打ち続けないことが重要である



ちなみに、海物語のコーナー見て、常連さんらしき人たちがいないホールは危ない可能性が高いです。

さらにデータを確認して、連日プレイ数がどの台もゼロ回とか稼働していないホールは、回らないのです。


つまり、回す気がない、常連さんを呼ぶ気がない、少しも還元する気がないという証でもあるので、ほぼ論外と言えるでしょう。

ですから、ある意味では、データもちゃんとプレイ数が重ねられてあることが一つのポイントでもあります。

<スポンサーリンク>


この記事と関連する記事

パチンコの海物語シリーズを攻略プロがよく打つ理由とは?【最強】良釘では現行トップクラスの勝ちやすさ

スレッドテーマ : パチンコ・パチスロ日記 ジャンル : ギャンブル

(0)TB(0)

AFTER「パチンコの命釘(ヘソ釘)の見方とはどのようにするの?【強化解説】上下の動きと左右のバランス

BEFORE「パチンコの抽選の仕組みとタイミングとは?【超重要】大当たり確率の完全確率と独立試行

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top