甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

設定付き含め、甘デジ中心に実践しているブログです。鉄壁の立ち回り!年間収支負けなし!これを読めばあなたもパチプロ級の腕前になれる!





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサーリンク>



2019 12/05

甘デジでマイナス3万円は大負けレベルなの?【解説】長期的な大負けは己の立ち回りの不備

CR画像.2

「甘デジで3万円負けました。冷静に考えたらこれはもう大負けじゃないですか?」

これはあおる通りで、甘デジの3万円負けはまぎれもなく、大負けレベルだと言えます。


近年の傾向を見ると、やはり、遊パチや甘デジと言えどもあなどってはいけないのです。

そこで、今回は、甘デジでの大負けや死亡遊技を避けるべく解説をしていきたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ー甘デジで3万円マイナス3万円は大負けレベルなの?ー



CR画像.2

繰り返しになりますが、甘デジで3万円負けは大負けレベルといっても良いのです。

なぜなら、一般的には、そこまで負けることがめったにないと考えられるからです。


昔だとパチンコのミドルタイプを打っていても、3万円の負けはそんなに頻発するものでもありませんでした。

ところが、近年では甘デジと言えども、半日稼働で3万円くらいの負けが増えてきたような気がします。


私たちは、さもこれが当たり前のごとく、金銭感覚がマヒさせられてもいるのです。

そう考えると、甘デジで2万円負けでもかなり、ダメージが大きい金額の負けレベルと言っても良いくらいです。


ー甘デジで大負けが増えている原因とは?ー



1487550779741.jpg

さて、この原因を簡単に申しますと、展開も収支も大きく荒れるような仕様になってしまっているからです。

現状の台は、ヘソ当たりというのは、大きな出玉につながりにくくなっていますので、単発オンリーってな展開だと大負けにつながりやすくなります。


スペック上では、確変はST式、転落式、バトル式(出玉無で終わるやつ)が存在したりしています。

さらに、加えて、時短突破型ときて、大当たり出玉の振り分けも種類が多くなっているのです。


細部で見ると、ヘソ賞球は3個かと思えば、1個になり、その後に4個になったりとコロコロ変わっています。

つまり、収支が乱高下する理由には、荒れるようにスペックが年々複雑化を極めている背景があるのです。


ー甘デジで大負けする理由や原因とは?ー



CR画像.4

スペックの荒さもありますが、加えて、設定搭載ともなる中で、実は釘調整も大きな関係があります。

釘調整による回ったり回らなかったりの回転ムラの上下が激化して、ここでも展開や収支が荒れるのです。


具体的には、一時的に極端に回る場面で、抽選の当たりを引けなければ、結果的に大ハマりになります。

と、抽選結果は仕方がないことではありますが、「回る台ほど当たらない」という文句も出てくるわけです。


さらに、出玉も賞球は複雑さも含めて、結果、期待値が安定しにくい状況となっています。

よって、当然のように、収支もなかなか安定しにくく、安定性が乏しくなっているのも現状なのです。


ー甘デジで負けまくりにおちいる理由や原因とは?ー



1536319194383.jpg

「甘デジ10連敗で負けまくりだよ、おかしくないか?」

掲示板などを覗くと、こんな声もよく見かけるのが昨今です。


優しいスペックだからと高をくくって打っているものの、全然勝てないし、安定して負けてばかりという人も多いのです。

なぜ、こうなるかというと、一番は釘調整が思いのほか悪いせいです。


安定して負けているということは、甘デジの安定性はこんな中でもそれなりにも担保されている証です。

つまり、釘が悪い調整であれば、お店側が安定して儲かるタイプが甘デジでもあるのです。

<スポンサーリンク>

ー甘デジの最高負け額はいくらなの?ー



1523357870946.jpg

最高負けというかひどい結果では、近いもので記憶にあるのは、甘デジの蒼天の拳です。

その日に差玉でマイナス7500個を記録し、翌日にリベンジしに行ったところ、再びマイナス7500個を記録しました。


つまり、たかだか二日間でー6万円ですから、大敗を二日連続で体験したのです。

負け額や勝ち額に関しては、大きくなるほど発生頻度は低くなるものの、ピンからキリまであり得るでしょう。


世の中には、甘デジでも5万円や中には10万円クラスの超大負けも経験している人がいるはずです。

ちなみに、私自身の記録では、甘デジでは終日で-6万円ほどです。


さらに、月間では、最高欠損が30万円ですから、期待値を無視すると-30万円という数字も現実に起こっているわけです。


ー甘デジでハマリや大ハマりを喰らえば大負けもあるー



1489574596880.jpg

パチンコにはハマリはつきもので、甘デジで300回、400回のハマリを数回、500回を超えるような大ハマりを一回でも喰らうことがあります。

このくらいのハマリを喰らうと半日から終日くらいの実践でもなかなか勝つことは難しくなってしまいます。


とは言え、パチンコは確率なのでどうしようもないことではあるので、一時的にでも当たらなければどうしてもこのような事が起こってしまいます。

また、3万円負けや4万円負けなどの大負けという結果につながる可能性も出てくるでしょう。


期待値としてトータル的に勝つ上では仕方がないことで、短期の結果を受け入れていかなくてはなりません。

どうしても、これらの金額が受け入れらないという方は、自身で投資金額をおさえることが大切です。


ー甘デジでの大負けを避けるためにすべきこととは?ー



110zeikin340_TP_V.jpg

何度も書いていますが、わたしたち人間は損をしたくない生き物ですから、できれば大負けなどしたくないのです。

甘デジで不完全燃焼のまま2万、3万と負けてしまう前に、できることは以下の2つでしょう。


・安定性の高い機種を打つ(海物語シリーズなど)

・低貸しに移行して、ギャンブルレートを下げる



海物語シリーズは、スペックの安定性は良いので、よほど釘が悪くない限りは、負けが大きくなる可能性も低いでしょう。

また、1円パチンコなどの低貸しレートは、投資スピードが1/4になりますので、大負けだけは回避するのであれば、選択肢としてはベストです。


ーまとめー



CR画像.1

まとめとなりますが、今回の記事で重要なポイントは以下の通りです。


・甘デジで3万円負けは大負けといって良い金額ではあるが、近年の荒いスペックでは大負けする可能性が高まっている

・甘デジで大負けする原因は短期的には大ハマりではあるが、負けまくる理由は釘の悪い台を打ち続けた自分にある

・甘デジと言えでも、大負けをしないためにも最高の思考と努力にて立ち回るべきである



甘デジは安定性が高いというのは、その通りではありますが、あくまでも”他タイプより比較的に”ということです。

短期的には大負けはあっても、長期的に大負けするようであれば、それは立ち回りが間違っていると言えるでしょう。

そして、甘デジの特性を自分自身にプラス要素として、生かしていくためには、十分な理解と徹底した行動が必要なのです。

<スポンサーリンク>


この記事と関連する記事

甘デジでマイナス3万円は大負けレベルなの?【解説】長期的な大負けは己の立ち回りの不備

スレッドテーマ : パチンコ・パチスロ日記 ジャンル : ギャンブル

(0)TB(0)

AFTER「パチンコの確変ベースと時短ベースとはなに?【重要】電チューサポート中の出玉率を解説

BEFORE「パチンコで勝つ人に共通する特徴とはなに?【究極】シンプルな勝ち方を実現するために実行すべき15の法則

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top