甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

設定付き含め、甘デジ中心に実践しているブログです。鉄壁の立ち回り!年間収支負けなし!これを読めばあなたもパチプロ級の腕前になれる!





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサーリンク>



2019 11/28

パチンコで勝てる人と負ける人の違いとは?【重要】プロから学ぶ思考とリスクマネジメント

CR画像.1

「パチンコパチスロでの勝てる人と負ける人の違いはなんですか?」

パチンコパチスロユーザーが数えきれないほどいる中で、負けているお客が圧倒的に多いのです。


しかし、少数ながらも、勝ち続けている人がいるのもまた、事実なので、実は、そこには双方の明確な特徴や違いがあるのです。

そこで、今回は、勝てる人と負ける人の違いについて詳しく解説していきたいと思います。、


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーパチンコで勝てる人と負ける人の違いとは?ー



CR画像.1

勝てる人と負ける人の違いは、一つに単なる「運」でかたずけられることがあります。

主張としては、自分自身がどうやっても勝てない理由から、勝っている人は神様に選ばれた少ない強運の人たちだという理屈です。


しかしながら、そんなことはないのですし、実は、そこには考え方や行動に明確な違いがあるのです。

しかも、負けてる人と勝っている人の思考や行動は真逆なのです。


一つに、皆さんに、こんな質問をしてみたいと思います。

「あなたは、勝っている人たち(儲かっている人)をどう思いますか?」


自分が負けている身であれば、嫉妬やひがみも気持ちとして出てくるのもわかりますが、敵対視していないでしょうか?

実は、この時点で、違うのです。


勝っている人達は、第一に成功者をリスペクト(尊敬)しているのです。

なぜなら、そうしないと、自分が成功しないからです。

つまり、考え方の第一として、成功者を信用しないとなにも始まらないのです。


ーパチンコで勝てる人の割合とパチプロスロプロの存在とは?ー



CR画像.1

一般的には、勝ち続けているプロたちといっても、現実的にはなかなか目に見えないことが多いのです。

そのため、ひとくくりに「パチンコ依存症者」や「パチンコ中毒者」と言われ、片づけられてしまうことがあります。


たしかに、一般的にパチンコ屋には、いろんな人がいて、見た目は同じですので、これは、ある意味で仕方ないのかもしれません。

ですが、このような方々には「勝っている人など存在しない」という、まったく見ようともしない堅い考え方があるのも事実なのです。


パチプロスロプロは専業と呼んだりしますが、そもそも勝っている人の割合はせいぜい1割ににも満たない程度なのです。

少ないながらも勝ち続けられているからには、現代でも存在しているのは確かなのです。


ですから、まずは、「プロは存在する」「勝っている人は存在する」ということを認めることがスタートなります。

そして、プロと依存症の方々と比較すると思考や行動などすべてが真逆なのです。


ーパチンコで勝つ人の立ち回りで一般の人と違う最大のポイントとは?ー



1479081995345.jpg


パチプロはもとより、勝ち続けている人達には、立ち回りにおいて依存症ではない決定的な部分があります。

それは、一発も打たずに、パチンコ屋を去ることだと言えます。


「パチンコパチスロを打つために行っているのに、打たずに帰るなんてことがあるのか?」

と思うかもしれませんが、実は、頻繁にあるのです。


「打つため」というよりも、「勝つため」という目標目的がしっかりしているからなのです。

総じて、欲や感情で行動するのではなく、しっかりと自己管理をし、計算された立ち回りを忠実に実行しているのです。

つまり、そこには、”規律が存在し、しっかり守っている”のです。


ーパチンコで勝つ人と負ける人の差とは?ー



1519381694302.jpg

大半の方々が、当たりを追っていますので、その部分だけに目が向いているのも事実で、ここに勘違いが生まれやすいのです。

しかしながら、「早く大当たりすること」や「大連チャンさせること」が、プロや勝っている人の実力ではないのです。


これは、以前にも書いていますが、勝つパチンコパチスロは、多く当てるのではなく、コインや玉を残していくイメージです。

パチンコパチスロにおいて、勝っている人と負けている人の違いとは、ズバリ「負け額」なのです。


ただ、これは、単純に投資を低く設定すれば良いという話ではありません。

同じく打っていたとしても、プロや勝っている人は負け額が圧倒的に少ないということも覚えておきましょう。


ーパチンコには絶対に勝つ方法が存在しないの?ー



okanemoukaru.jpg

一般論としては、一般的な仕事などとパチンコ稼働は比較はできないでしょう。

ただ、仕事もパチンコパチスロも根本的な目的はお金を得るためにほかなりません。


ですが、両者を比較すると、お金を得ることだけに焦点をあてたとしても、パチンコパチスロは、お金が減る可能性があるのです。

パチンコは絶対に勝つ方法がないというのが一般論で、これはある意味ではその通りでもあります。


一方で、仕事は働いた分だけ確実にお金が貰えますし、お金が減るなんてことはあり得ません。

つまり、パチンコパチスロには、常にお金を失う可能性があり、リスクが常にあるということなのです。

<スポンサーリンク>

ーパチンコパチスロでわからないまま勝ち続けてしまう恐怖とは?ー



CR画像.4

「先日、パチンコで10万円勝った。仕事してるのがバカらしいよ。」

上記は、友人が、よく言っていた言葉です。


本音でいうところ、9割の人は、働きたくて働いているわけではないのです。

ここは、別にきれいごとを抜きに”お金のため”と正直で良いと思います。


しかし、ひとつ言えることは、会社の仕事がきちんとできない人が、仕事がいやだからといって、パチンコに逃げたところで勝てない可能性が高いのです。

これは、パチンコパチスロのみならず、競馬や投資、宝くじなどまで含めて、ギャンブラーには、よくありがちな思考だと思います。


少し勝ち続けたくらいでこのようなことを思ってしまうのが人間でもあります。

ただし、現実としてそんなに甘くはないのですし、このように思ってしまうことがパチンコの一番怖い部分でもあるのかもしれません。


ーパチンコで勝てる人と負ける人の思考的特徴とは?ー



dorubakotawa-.jpg

問題の部分として、実際にやってみれば分かることです、勝つために大変さは大半の方が重々承知かと思います。

勝っている人がほんの数%程度しか存在しないわけですから、単純にでも、「パチンコパチスロで勝ち続ける」だけを考えてもそんなに甘くありません。


また、わたしたちの本質として、給料は固定され、ある程度保証されている分、そこで満足をしてしまってそれ以上、考えることをやめるのです。

そんな人が、「仕事が嫌だからパチンコで…」という感じでは、むしろ、お金がみるみる減っていく可能性が高いのです。


つまり、勝てる人と負ける人の思考的な特徴として、「常に考えることを辞めるのか?辞めないのか?」がそこにあるのです。

パチンコも考えることを辞めれば、負けますし、それをわかっているから本気で勝ちたい人は考えることを辞めないのです。


ーパチンコで勝てない人にある特徴的な考え方とは?ー



1489574596880.jpg

なんども言っていますが、私たちは基本的に、損をしたくない、リスクを背負いたくない生き物(プロスペクト理論)なのです。

その証拠にパチンコで勝っているというと、大半の方々が以下のように思うはずです。


「勝ってる人は、遊んで楽をして儲けている」


どんなジャンルにおいても、遊んでお金が儲かるところはありません。

また、そこには見えないけれど、リスクというのを背負い、抱えたりしているのです。

仕事は従業員であれば、このリスクがなく、向き合う必要もなく、考える必要性もないのです。


ーパチンコで勝てない人が今すぐやるべき重要なこととは?ー



CR画像.2

パチンコで勝ちたいと思う方は、少なからず、ギャンブルは、損をする可能性があることをリスクとして理解することが大切です。

そして、そのリスクをコントロールすることが必要不可欠で重要だと言えます。


パチンコパチスロで言えば、当然ながら負けやすい状況の場面では、一旦でも身を退き、打たずにじっと待つべきでしょう。

なお、負けやすい場面を回避していくリスクコントロールの見本として分かりやすいところがあります。


それが、パチスロのハイエナが有名なところではないでしょうか。

このリスクコントロールも口で言うほど簡単なものではないかもしれませんが、地道に意識改革をしていけば、おのずと良い結果が残せるようになると思います。


ーまとめー



CR画像

まとめとなりますが、重要なポイントは以下の通りです。


・勝てる人と負ける人は思考や行動が正反対なので負けている人は逆にすること

・パチンコで負けている人は、とにかくリスクを知り、マネジメントやコントロールすること

・常に考えることを辞めないことや謙虚で初心を忘れない精神が大切



長年勝ち続けているというのであれば、それは、「パチプロ、スロプロ、そしてセミプロ」に間違いありません。

この人種を頭ごなしにまとめて依存症で片づけるよりも、むしろ、収支や金額以上に、思考や行動を学んだ方が良いのです。


これらが資本主義社会において、はるかにあなたのタメになるはずです。

パチンコやパチスロを通じて、リスクというものを理解し、リスクコントロールを学べば、全体としてもお金を稼ぐことの大きな前進となるのだと思います。

<スポンサーリンク>


この記事と関連する記事

パチンコで勝てる人と負ける人の違いとは?【重要】プロから学ぶ思考とリスクマネジメント

スレッドテーマ : パチンコ・パチスロ ジャンル : ギャンブル

(4)TB(0)

AFTER「Pぶいぶい!ゴジラ怪獣大集合|止め打ち|捻り打ち|甘デジ|攻略情報|ボーダー|トータル確率

BEFORE「パチンコの左下や右下の不明な穴はなに?【解説】通常時より電サポ右打ち時は重要

COMMENT

  • No.1580 No title

    自分の場合は恵まれてましたね。
    「勝ってる人たちがいる」という点に置いて記事やネットではなく、知り合いから「あの人パチンコとFXで家族養ってるよ」から始まりましたから。
    だからその話をすぐ信用にいたりましたし後々それで生活とはいかないまでも、副業レベルにはできないだろうか?と思いはじめて1パチから捻りや止め打ちの練習して結果残していきましたからね。

    投稿者:ガッツ 2019/06/22 (土) 12:22
  • No.1581 Re: ガッツさん

    どうもですm(__)m

    そうですね、近場に一人でもそういう方がいれば、かなり違ってくるかと思います。

    ネットなどでは、信用されにくいし、パチンコもFXも同様にして「勝っているやつなんていない」ってのが通説ですからね。

    信用するかどうかも本人の自由ということもありますし、なにも強制力もないですが…。


    なんにしても、きっかけはあっても、1パチからスタートでもここに至るまでは、ほぼ自分自身の思考や行動ですし、まさしく成長した証ですから大したもんですよ(^^ゞ


    偉そうにすいません(^^;)

    投稿者:どぉあん 2019/06/22 (土) 18:09
  • No.1582 No title

    こんにちは!
    記事が頻繁に更新されていて、すごいですね。

    >それは、一発も打たずに、パチンコ屋を去ることだと言えます。

    この部分に共感しました。
    期待値を知ると、クソ台には例え500円でも使いたくありません。
    ボーダー超えの台は、ある店にはありますが、ない店にはないですからね。

    パチンコで勝つことは誰にでもできますが、勝ち続けることはやはりプロでないとできません。

    そんな勝ち続けているプロを「遠隔だ」「サクラだ」と言ってる時点で、パチンカーとしては成長しませんよね。
    一生、ホールの養分です。

    投稿者:ななしー 2019/06/23 (日) 12:37 [ 編集 ]
  • No.1583 Re: ななしーさん

    どうもありがとうございます!

    記事の更新ですが、実は、とくに真新しい記事は更新していません。

    リライトしまくりってやつです(^^;)

    むしろ、新しい記事をまめに更新されている元店長さんのほうが逆にすごいですよ!


    打たずに退店するのって普通の人は考えもしませんよね。

    だいたいが、開いてる台を漠然とゲットしたり、狙い台がなかったりします。


    ほんと、期待値を知ると、クソ台が見えるという魔法を覚えますからね(^^;)

    たしかに遠隔やサクラはよく言われます…。

    この手の話、「サクラがいてもいなくても、あなたの勝ち負けに関係ない」というオチがそこにあるのですが…( ゚Д゚)

    投稿者:どぉあん 2019/06/23 (日) 21:32

MESSAGE

非公開コメント

Top