甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

設定付き含め、甘デジ中心に実践しているブログです。鉄壁の立ち回り!年間収支負けなし!これを読めばあなたもパチプロ級の腕前になれる!





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサーリンク>



2019 09/26

甘デジを一日中打って10万円の超大負けなんてあり得るの?【重要】負け額は唯一打ち手がコントロールできる部分

CR画像.1

「朝から打って夕方までに2万発(8万円)負けました。甘デジなのにハマってばかりだし、おかしいと思いませんか?」

甘デジと言えば、3万円くらいの負けでも大敗レベルですが、これはパチンコ実践に残る超が付くほどの大負けといって良いです。


そもそも大負けしにくいはずの甘デジで、こんなに負けられるのかという話ですし、大半の方が納得がいかないと思います。

そこで、今回は、甘デジの超大負けする可能性と、一日中打つ際の注意点などの解説をしていきたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ー甘デジを一日中打って10万円の超大負けなんてあり得るの?ー



CR画像.2

結論から言うと、甘デジでも10万円負けることはあり得る話です。

しかも、実は、釘の良い優良台を打っていたとしても、余裕で終日にて10万円程度負けることがあるのです。

ただ、限りなく可能性は低いですが、ゼロではなく、まれにあり得ることなのです。


実際、問いにあるようにも夕方の5~6時までで、マイナス8万円の収支となっています。

ですから、終日マイナス10万円程度の負けは十分に射程圏内ということになります。


ー超大負けにつながる原因とは?ー



CR画像.4

超大負けにつながる一番の原因は、単刀直入に「当たらなかったから」で、これ以外にありません。

具体的には、何を打ってもハマってばかり、または、当たってもひたすら単発ばかりのいわゆる、散々な日になります。


このようなまったく当たらない現象は、パチンコではよくありますし、当然、甘デジでもあることです。

例えば、20回/千円程度の台で、500回ハマリを2連発などを喰らったとすれば、半日の時点で5万円ほどのマイナス収支と想定できます。

総じて、パチンコでは、「大ハマりを喰らう=大負けになる」というのが基本的な方程式です。


加えて、回らないなど釘が悪いことも大きな原因の一つでもあるのです。

昨今の台は20回/千円の台もかなり少ないと推測されますし、それだけ投資スピードが速くなっていますので、さらに金額が膨らんでしまうのです。


ー最近の甘デジはとにかくハマリすぎ?ー



1489574596880.jpg

「最近の甘デジはとにかくハマりが多いし、しかもハマリ自体もひどいし、えげつない」

時代のせいと言えばそれまでですが、実際にこんな声も多いものです。


たしかに、ギャンブル性を上げるために荒れるように作られていますし、その点では昔よりもハマリやすくなっていることも一理あるかもしれません。

そんな私も3倍ハマリを2連発で喰らったり、大きいものでは5~9倍ハマリまで経験があります。

稼働や実践を一時的に切り取ってみると、狂ったように初当たりを引きまくったり、またはハマりまくったりなども実際にありますよね。

ただし、1/100や1/319なのおおもとの抽選確率が悪くなっているわけでもないので、ここで腐らずに続けていくことが大切でしょう。


ーミドルタイプを打ってたほうが良いのでは?ー



CR画像.1

「甘デジで300回ハマリや5万円負けるくらいだったら1/319のミドルタイプ打ってたほうがマシだ」

不思議と私たちは、このように思ったりもしますが、これはまた別問題です。


仮にミドルタイプを打っていたら、もっとハマったり、負けたりする可能性が上がるだけで、もっとひどい目にあうのです。

ですから、ここで勘違いを起こしてしまわないように注意しましょう。


なお、一日中打つならライト、甘デジ、ミドルのどれが良いかという選択肢の問題があらゆる場面で出てきます。

結論として、釘や良いなら間違いなく甘デジのほうが良いです。

優先順は、第一に釘、第二に安定性という具合になりますので覚えておきましょう。

<スポンサーリンク>

ーパチンコを一日中打つとどれくらい負けられるのか?ー



HI3B1821.jpg

そもそも、パチンコは終日でどのくらい負けられるか考えたことはあるでしょうか?

一見、ネガティブな話と思われるかもしれませんが、誰にでも大負けはつきものですし、反面教師や教訓としてある程度は覚えておくことは大事でしょう。

(例)終日2000回転、10時間稼働で1回も当たらなかった場合、回転率によっては以下のように負債を抱え込むことになります。


・20回/千円の台→マイナス10万円ほど

・18回/千円の台→マイナス11万円ほど

・15回/千円の台→マイナス13万円ほど

・10回/千円の台→マイナス20万円ほど


実際にホールでは、千円10回ペースの台は無いにしても、それ以外は現実的にもありえる回転率の範囲です。

この回らなさに比例して、負債も同じレベルでのしかかってくる可能性があるのです。

回転率が悪い台、すなわち回らない台では負債がみるみる大きくなっていくことも覚えておいたほうが良いでしょう。


ーパチンコで超大負けした時、自身に起こることー



kanngaeru.jpg

大負け金額の尺度は人それぞれではありますが、仮に10万円も負けてしまうと、金額的なダメージはもちろんですが、精神的なダメージをも喰らうことになるのです。

大半の方が死にたくなるくらい絶望的な気持ちになるはずで、また、不本意な大負けに対して、悔しい気持ちや後悔の念が止まらなくなることでしょう。

ですが、やってしまったことや過ぎたことは仕方がないのですし、ここでは、いったん気持ちを切り替えることが大事です。


一度に10万円と言えばとても大きいですが、5回行って2万円ずつ負けたということにすれば、多少は気持ちが落ち着くでしょう。

ただし、ここで終わりではなく、少し冷静になったところで、自身の反省すべき点や改めるべき点、力量不足、パチンコとの付き合い方を考えることが重要です。


ー自身の最高負け記録は半日でマイナス8万円ー



CR画像.5

冒頭でも書きましたが、10万円クラスの大負けはある程度長くやっている人であれば、一度は経験があるのです。

そんな私も、もちろん経験があり、甘デジであれば、半日で5万円クラスの大負けは数えきれません。


ライトタイプに関しては、10時ごろから実践して夕方4時ごろにはマイナス2万発という日が何回かあります。

貯玉だったとは言え、このくらいの大きい負けを喰らえばキャリア10年以上である程度想定はしていたとしてもダメージはあるのです。

ただ、このような経験をしたからこそ、さらに強固な資力やメンタル、そして今があるとも言えます。


ーまとめー



CR画像.2

終日稼働、一日中打つことは、ほぼ機種やタイプ、戦法に関わらず、稼働時間に比例して、負け額も大きくなる可能性があります。

その中で、勝ち額はコントロールできないが、負け額は唯一打ち手がコントロールできる部分なのです。


自身の力量や想定を超えた負けをしてしまえば、普段の生活にも支障が出てくる恐れもありますので、この辺は肝に銘じておかなくてはなりません。

そうしないと、結果に納得できないような結末となり、悪循環を繰り返すことにもなるのです。


「あなたなら、今日は最悪どれくらいの負けまでなら許せますか?」

入店する前に、打つ前に、自身の許容できる範囲を確認して上手に立ち回っていくこともものすごく重要なことでしょう。

<スポンサーリンク>


この記事と関連する記事

甘デジを一日中打って10万円の超大負けなんてあり得るの?【重要】負け額は唯一打ち手がコントロールできる部分

スレッドテーマ : パチンコ・パチスロ日記 ジャンル : ギャンブル

(0)TB(0)

AFTER「パチンコ攻略法の本物と偽物の見分け方とは?【解説】蔓延する攻略法詐欺をぶった斬る

BEFORE「パチンコのプロは最新ホルコンを攻略して勝っているの?【解説】攻略においてホルコンは99%関係がないもの

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top