甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

設定付き含め、甘デジ中心に実践しているブログです。鉄壁の立ち回り!年間収支負けなし!これを読めばあなたもパチプロ級の腕前になれる!





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサーリンク>



2019 10/06

パチンコはカニ歩きしたほうが勝てるのか?【解説】オカマをほられる現象のメカニズム

CR画像.3

「パチンコは、一台でタコ粘りするよりは、1000円ずつカニ歩きしたほうが良いのでしょうか?」

結論からいうと、カニ歩きは辞めたほうが良いのです。


いわゆる、オカルトと呼ばれるものを立ち回りに取り入れてしまうと、長い目で勝ちにくくなってしまうのです。

そこで、今回はこれらのメカニズムや現象について解説していきたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーパチンコはカニ歩きしたほうが勝てるのか?ー



1479081995345.jpg

確かにタコ粘りするよりは、カニ歩きをしたほうが勝てる場合もあります。

ですが、もちろん、勝てない(負ける)場合もあるのですし、しかも、連敗である負け続ける時もあります。


この負けた場合において、自分自身に対してどのように説明し、納得できるでしょう?

ちゃんと納得できる説明ができなければ、カニ歩きなどの立ち回りはやるべきではないのです。


つまり、結果論ではいくらでも言えてしまい、結果が出てからでは遅いのです。

「パチンコで粘ったらハマって負けたから、カニ歩きをしてみたら勝てるようになった」


しかしながら、ずっと、カニ歩きで勝てるはずもなく、そんなに甘いものではないことは重々承知かと思います。

そうすると、またコロコロやり方を変えて、負の連鎖におちいってしまうことになるのです。


ーパチンコはカニ歩き打法は意味がない?ー



1522834887075.jpg

パチンコのカニ歩きとは、一台一台を少額ずつ回していき、台移動を繰り返すという戦法のことです。

一見では「数打ちゃ当たる」ように確かに、これが成功する場合もありますので、意味があると思ってしまうかもしれません。


ですが、残念ながら、そもそもの話をすると意味がありません。

なぜなら、パチンコの抽選では当たりやすい回転数などはないからです。


もし、そのようなことがあると、抽選が平等ではなくなります。

パチンコ機は、抽選は万人に平等でなくてはならない決まりですし、そういう仕組みなのです。


ー朝一からのオスイチ狙いカニ歩きは?ー



1472465891716.jpg

「朝一からなら、オスイチ狙いでカニ歩きは良い?」

オスイチとは、1回転目などのいわゆる”自分が打ち始めてからすぐ当たること”です。


さらにオスイチ狙いとは、朝一台のゼロ回転から打っていき、早い回転数で当たる台を狙っていこうというものです。

これらも上記の説明より、同様に成功する場合もありますが、勝つということには意味を持ちません。


「オスイチ狙い」と言っても、そもそもパチンコ機は当たりを狙えない仕組みになっているのです。

なお、朝一からのオスイチ狙いに近いものとしては、潜伏確変狙いが唯一の有効な戦法でしょう。


ーパチンコはなぜかオスイチが多くない?ー



CR画像.2

「じいちゃんやばあちゃんは、1000円で当たるし、オスイチが多くない?」

「常連ばかり、オスイチで当たるし、おかしくない?」


私たちの脳裏には、他人のオスイチはとてもよく印象に残るものです。

まして、その台を自分自身が打っていて辞めた後となると、誰しも良い気分がしないのは人間の心理というものです。


ただ、本当に皆がお座り1回転で当たるなんてことが頻発しているわけがありません。

つまり、自身がオスイチが多いと錯覚していたり、思い込んでいるだけに過ぎないのです。


ーハマリ台狙いのオスイチは?ー



1521711743199.jpg

「これだけハマリを喰らっているのだから、そろそろ出そうだ」

こんな感じでハマリ台狙いというのは、始まっていくはずで、ハマリを喰らっていて捨ててある台のみを打つというものです。


これらも上記の説明より、同様に成功する場合もありますが、勝つということには意味を持ちません。

肝心な話、実際にそろそろ出そうだと思って打ち始めても、そこから、さらにハマってしまうことも日常的にあります。


つまり、自分が当たらない時もあるのですし、さらに、そこで自分が離れて次のお客がすぐ当たってしまえば、より最悪な結末と言えるでしょう。

要するに、このような勝負をしていると、退き際も分からなくなり、結果的に大負けを繰り返すことにもなりえるのです。


ーパチンコはカニ歩きとタコ粘りはどっちが良い?ー



1472465977178.jpg

実際問題として、カニ歩きとタコ粘りどちらが良いのかというと、タコ粘りのほうが良いのです。

ただし、これは釘が良い台という勝てる根拠が前提条件になります。


というのも、私たちが立ち回る上で、必ず、根拠(勝算)がなくてはなりません。

なぜなら、体感や感覚での台選びなどの立ち回りをしてしまうと曖昧で漠然としたものになり、的が外れた勝負となってしまうからです。


なお、粘ったほうが良いという理由については、別記事にて書いていますので、そちらのほうを参考にしてみてください。

パチンコは勝ち逃げするべき?粘るべき?【徹底解説】長期的なプラス収支を実現するために重要な思考

<スポンサーリンク>

ーパチンコは人が変われば出る説ー



1457000936151.jpg

さらに、近いものでパチンコユーザーの中では、昔から”人が変われば出る”という説が語り継がれています。

この迷信が背景にあることで、自分が辞めた台にて、次のお客がすぐ当たるといった話にもなっているのでしょう。


そんな現象が本当にあるのなら、2人以上でパチンコ屋に出向き、入れ代わりで打てば当たりを引けて、簡単に勝てることになってしまいます。

そして、ボロ儲けができる最強の攻略法になるといっても良いでしょう。


よって、本当にそのように思うのであれば、今すぐにでも実行してみれば良いのです。

なにより、そもそも「人が変われば出なくなる」という逆も考えなくてはいけないでしょう。


ーパチンコのオカマをほられる現象とは?ー



CR画像.5

わたしたちは、次のお客にすぐに当てられることを、”オカマをほられる”などと言ったりします。

これは、自動車の運転でも、後方の車ろから衝突された場合も同様の言葉を使用したりすることが有名でもあります。


パチンコの場合も、前提として、自分がお金を入れた後、もう出ないと思って辞めているため、まるで、自分自身が被害を受けたかのように、言葉も受け身の印象が強くなっています。

なにしろ、オカマをほられた身としては、決して良い気分はせず、むしろ、不快に思ってしまう方が、多いのではないでしょうか。


しかしながら、他人に起こっていることが自分にも降りかかるのがパチンコです。

よって、他人の当たりを喜べるようになれば、それは自分にもはね返ってくるとも言えるのです。


ーオカマをほられることが当たり前な理由ー



1536402164034.jpg

なぜ、このようなことが起こるかと言うと、パチンコは一回転毎の抽選になっているからに過ぎません。

玉の打ち出しのタイミングや抽選チャッカーに入る瞬間は打ち手によって千差万別と言えます。


その部分の抽選の瞬間は、その人の運というものでしかありません。

よって、次のお客がすぐ当たるということは、日常的にあり得る現象なので当たり前に起こるものです。


「んじゃ、自分が打ち続けていたら当たっていたんじゃないか?」

その際、初心者の方においては、よく、このようにと思ってしまいがちですが、そうではないのです。


ーパチンコは、オカマのほりあいー



1502080100310.jpg

「オカマをほられる」と一方的に言ってはいるものの、パチンコの抽選の仕組みを知れば、わかることがあります。

それは、「パチンコは、オカマのほりあい」だということです。


そう考えれば、「オカマをほられた」や「オカマをほった」という現象は、常に自分にもふりかかかります。

つまり、パチンコを打ってるからには常に両者の立場にあります。


現に他の人が辞めたあと、数回転程度や、または、投資500円で大当たりなんて経験もあるはずです。

次の一回転で当たる可能性が、常にあるパチンコにおいては、このような光景が日常的に頻発しているのであり、いちいち気にしても意味がないのです。


ー昔はカニ歩き、オスイチ、オカマはなかったー



1474101210414.jpg

近年、パチンコを始めた方には、分からないかもしれませんが、昔は、台の上部にデータ表示器がなかったのです。

ですから、同時に「オカマをほられる」、「ハマリ台狙い」などの思想もなかったのです。


体感的にパチンコをしている人が多いうえに、データ表示器の導入により、これらのオカルト的なことが、少しずつ浸透してきたといえるでしょう。

つまり、これらは、私たちパチンコユーザーが勝手に作り上げたものでもあるのです。


パチンコに対する解釈は、なにもルールがなく、縛りもなく100%自由です。

つまり、打ち手である私たちにとっていくらでも都合の良いほうに持っていくことができるのです。


ーカニ歩きやオスイチ蔓延する傾向や理由ー



1542450580934.jpg

実は、こういったオカルト的なことが通用しやすいというか、蔓延する機種というのはだいたい決まっています。

それは、「人気のある機種」や「安定性の高い機種」で、機種名を具体的にあげると、海物語シリーズや北斗無双などです。


人気機種はそれだけ打つ人が多く、それだけ体感的に感じる人も多くなるためであり、逆に他の不人気な機種は話題にも上がらないのです。

また、安定性の高い機種は浮き沈みが小さいため、展開や収支が打ち手の意思に近い沿い方をしやすくなるのです。


とくに、海物語シリーズでは某氏の「オスイチ打法」などは、かなり流行ったりして有名になったのもご存知の方も多いかと思います。

なにより、蔓延する一番の理由は、パチンコユーザーのほとんど方が稼働時間が少ないことも大いに関係があると考えられます。


ーまとめー



CR画像.4

まとめとなりますが、今回の記事で重要なポイントは以下の通りです。


・カニ歩き打法やオスイチ狙いは成功する場合もあるが根拠がないため、総じて意味がない

・パチンコはオカマの掘り合いで成り立っている

・パチンコは他人に起こりえる現象は自分自身にも降りかかる



「幸は自分に起こるのはいいけど、他人に起こるのは不快」
(他人の不幸は蜜の味)

正直、このような気持ちになるのがパチンコ含め、ギャンブラーの胸の内というやつです。


しかしながら、世の中、こんな都合の良いことが続くはずがありません。

一層のこと、この考えを逆にしてみてはいかがでしょうか?


どちらの考え方がポジティブで勝負事に向いているのかは容易に理解できるでしょう。

志として、そのくらいの心の器を持っておくことも、長く勝ち続けていくためには、大切なことだと思います。


関連記事:パチンコの抽選の仕組みやタイミングとは?【超重要】大当たり確率の完全確率と独立試行
関連記事:パチンコで当たらない人は運(ヒキ)が悪いだけなの?【解説】オカルト思考は今すぐ捨て去るべき

<スポンサーリンク>


この記事と関連する記事

パチンコはカニ歩きしたほうが勝てるのか?【解説】オカマをほられる現象のメカニズム

スレッドテーマ : パチンコ・パチスロ ジャンル : ギャンブル

(4)TB(0)

AFTER「パチンコで連敗が止まらないけどどうすれば良い?【徹底解説】スランプを脱出するために重要なこと

BEFORE「パチンコの軍資金1万円でわらしべ作戦はできるの?【錬金術】お金を増やす方法・プロセスをご紹介

COMMENT

  • No.1401

    ホールによっては、ジグマみたいな人がいます。 そういう場合どう対処してますか? 遠慮しますか?

    投稿者:名無しん 2017/11/18 (土) 04:18
  • No.1402 Re: 名無しんさん

    いつもどうもですm(_ _)m

    とりあえず、横取りしたと思われるは嫌なので、その人が打ってる台は避けますが、それ以外はまったく気にする必要はないかと思います。

    本当の勝ちキャラで「ライバルが現れて自分の縄張りだから入ってくんなよ」的な人はさすがにいないと思いますので…。

    台は一般のお客や釘が良ければ同業同士でかぶることもよくある話です。

    その際にいざこざになるかというとそうでもなく、他の台を探すだけです♪


    というのも、ジグマと言えば、ちょっと前までの自分でした。

    ライバルや同業がきてもウェルカムですよ♪


    というわけで、同業を気にするよりも、一般の常連さんの迷惑にならないようにや箱を積むなどしてお店側に気を遣っていくほうがベターだと思います。

    それにしても、名無しんさんがそこまで気にされてるということは、かなりイイ人と見えますね(^^;)

    投稿者:導★案♪ 2017/11/18 (土) 18:45
  • No.1403

    回答有り難うございます。 勿論暗黙的な事は分かりますが… でもやはり自分は基本台は早い者勝ち(抽選)だと思ってます。 あとマーク屋的に思われたくはない。 そんな葛藤があります(笑) ただ朝一確保した台に向かうと、後ろで腕組みして自分の顔を確認して去って行った時は少し不愉快でしたね。  勿論揉め事は嫌ですが、そこまで気使いしたくないですね (笑) 

    投稿者:名無しん 2017/11/20 (月) 03:23
  • No.1404 Re: 名無しんさん

    こちらこそどうもなのですm(_ _)m

    なるほど、実際にそんな経験があったのですね。

    後ろで腕組みして…となれば、正直、自分も不快です。

    あからさまな態度が立ち振る舞いにあらわれる人は、”自分の台”だと思っているかもしれません。

    また、この類はいざこざにも発展する可能性があるとも思いますので、あんまりひどいようでしたらこちらが手を退くしかないですよね。

    内心では、台を取られたくらいで「器が小さいし、臨機応変に立ち回れなくて情けない人」だなとも思うわけですが、できるだけ関わりたくないのもまた本音です…(^^;)

    投稿者:導★案♪ 2017/11/20 (月) 20:49

MESSAGE

非公開コメント

Top