甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

設定付き含め、甘デジ中心に実践しているブログです。鉄壁の立ち回り!年間収支負けなし!これを読めばあなたもパチプロ級の腕前になれる!





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサーリンク>



2019 09/03

パチンコは結局のところ運やヒキなのか?【解説】ヒキやツキ指数と計算、算出方法

CR画像.2

「パチンコは結局のところ、運ゲーなんじゃないのか?」

多くの方が勝てるかどうかは運のみだと思っていることでしょう。


結論からいうと、運任せでやっているようでは一生勝てないと言えます。

そこで、今回は、運に対する考え方や向きあい方をついて解説をしていきます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーパチンコは結局のところ運やヒキなのか?ー



1503745470105.jpg

たしかにパチンコをする上で、隣合わせなのが、この”運”というものですし、密接な関係があります。

では、「パチンコは完全な運ゲーなのか?」というとそうではありません。


なぜなら、結果を長期的に見てしまえば、それはもう運ではなくなるからです。

具体的にはパチンコで10回、100回と実践をまとめた場合の結果は、それはもう運やヒキが原因ではなくなります。

つまり、「当たりやハズレは運だが、勝つことは運ではない」のです。


ーパチンコの運とは?ー



1455498680704.jpg

そもそも運とは、私たちの意思や努力とは関係ないめぐりあわせのことを指しています。

パチンコパチスロにおいても、抽選結果はユーザーの意思や努力ではどうすることもできないめぐりあわせで運なのです。

なお、別名として、ヒキやツキと呼んだりし、皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。


というのも、複雑な確率での抽選によるため、当たりを狙い打つことができないからです。

つまり、ゆだねられた確率が偏ることが、運の良し悪しという具合になっています。


ですから、「運が良かったから当たった」、「当たったから運が良かった」と言え、このような結果論になるのです。

また、パチンコの運が悪かった場合は、「大ハマりを喰らった」、「一度も当たらなかった」、「連続でハマリを喰らった」、「単発ばかりを喰らった」などという具合になるのです。


ーパチンコは運で勝てる人もいるー



1476148156073.jpg

まず、復習になりますが、結果論で、”パチンコパチスロでは、運で勝てる人もいる”ということです。

しかしながら、これが永遠に続くわけもなく、一時的や限定的なものであることは、皆さんが重々承知のことでしょう。


これは、稼働時間や環境に関わらず、一時的や瞬間的には「当たりさえすれば、その時は勝てる」、「連チャンすればその時は勝てる」という具合になり、いわゆる運ゲーというものになるのです。

そして、その点では、もしかすると、生涯のうちに運のみで勝てる人もいるかもしれません。


なぜかというと、稼働時間(プレイ数)が少ない人は必然的に運の要素が大きくなるためです。

そのような意味では、稼働時間の少ない人ほど、運というものを考える必要もあるのです。


ー運を数値化すると見えてくるー



kanngaeru.jpg

パチンコは運ではないということの理由に、運の指数というのを計算で導き出すことが可能なのです。

運が悪いと言っても、では、「どれくらい悪いのか?」、「どれくらい当たりが遠のいているのか?」を数値化することにより、客観的に見えてくることも多いのです。


短期的や長期的にこれらの数値と向き合って、これからの全体の立ち回りを考えたり、機種選択や台選択のプランを変更したりするのです。

なにより、計算をすることで、現状の把握がより鮮明になりますし、長期的なスパンで算出してみれば、勝つことは運でないと確信できることでしょう。

以下より、運指数の計算や算出について説明しています。

<スポンサーリンク>

ー運指数とその計算ー



mukiauzibun.jpg

そして、運勝ち(負け)やツキ勝ち(負け)を数値化したものを、わたしたちは、運(ツキ)指数と呼んでいます。

運指数は、理論上の当たり回数が基準となります。

理論上の当たり回数とは、”理論値通りに当ったときの当たり回数”です。

その為には、まずは、理論上の当数を求めます。

「理論上の当数=通常回転÷トータル確率」


1507804711875.jpg

例)大海物語スペシャルアグネスラムSAP13
(トータル確率1/40、通常回転1000プレイ時)

「1000÷40=25」
(理論値(確率通りに当たった場合は、25回当たりが得られる)


ー実際の運指数の算出ー



1481502679419.jpg

運指数を計算し、そして、実際に得られた当たり回数を照らし合わせます。

「実際に得られた当数÷理論上の当数=運(ツキ)指数」


(例)上記の例より、理論上の当数は25回、実際に得られた当たり回数が10回とします。

式に当てはめると、「10÷25=0.4」となります。


なお、運(ツキ)指数はパーセンテージで表現します。

よって、答えは40%となります。

実際には、当たり回数が4割程度しか取れていないことになります。


ー運指数は100%でも負けるー



CR画像.2

運指数100%でいわゆる、「欠損が無い状態」(当たりが、理論値通りに得られている)となります。

この状態のときに、必ず、収支がプラスになっていなくてはなりません。

つまり、期待値というものを得られていないと、運指数は100%でも負けということになります。

なぜ、負けているのかをズバリ言うと、釘による差玉が残っていないためです。


逆に言えば、それなりの期待値を得ていれば、90%や80%でもプラス収支となります。

わかりやすくいうと、「パチンコは、少しくらい当たりが足りなくても勝てる」ということです。


ーまとめー



CR画像.1

まとめになりますが、重要なポイントは以下の通りです。


・パチンコのは当たりハズレは運だが、勝つことは運ではない

・短期的な視点では運だが、長期的な視点では運ではない

・運は指数として算出が可能であり、数値化すると客観的に把握が鮮明になる



周知のとおり、パチンコは確率ですので、短期的になればなるるほど、かたよるものなのです。

運が良かった(当たっている時)は良いかもしれません。


しかし、釘の良い台を打っていたとしても、運指数50%程度という場合も多々あり、その際には苦しい戦いになります。

当たりが重い時や苦しい時に、自身の運(ツキ)指数を見つめ直し、「よりどれくらいの期待値の台を打っていくべきか?」を考察することも重要です。

また、スペックの確認や安定性の確認にもなり、自己を客観視することはメンタル面でも大きな向上につながるはずです。

<スポンサーリンク>


この記事と関連する記事

パチンコは結局のところ運やヒキなのか?【解説】ヒキやツキ指数と計算、算出方法

スレッドテーマ : パチンコ・パチスロ ジャンル : ギャンブル

(0)TB(0)

AFTER「左下や右下などの不明な入賞口は何?【解説】通常時より電サポ右打ち時は重要

BEFORE「寄り釘(ハカマ)はなぜ重要なの?【強化解説】ヘソ釘だけで判断しないことが大切

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top