甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

厳しい環境(秋田県在中)で勝ち抜くため、勝ち続けるためのすべてをお送りします。(最新機種情報、鉄壁の稼働etc)





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサードリンク>




2018 11/05

パチンコのストローク(打ち方)攻略と回転率を上げるためにすべきこと

CR画像.1

パチンコには、”ストローク”というものがあります。

たとえ、釘調整が同じであっても打ち方によって、

回転率に差が生じるのです。

よって、勝つパチンコを目指すうえで、すこしでも多く回すために、

ベストなストロークを目指していくことが重要となります。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ー基本的な3つのストロークー



CRネタ

まず、ストロークの基本として、

「玉をどこの位置に狙って打つのか?」が大切です。

基本となる3つのストロークがありますので、

その位置と名称を覚えておきましょう。


[1]ちょろ打ち…ハンドルを超弱めにするストローク。玉が盤面内にやっと届くくらい(かなり手前の位置)を狙う。

[2]ブッコミ打ち…この位置は定番なストローク。どの機種でも、まずは、この位置から狙っていくのが基本。

[3]天井(天)打ち…ちょうど盤面の天辺を狙うストローク。右のルートが使える前提での打ち方になり、左の通常ルートと右ルートの玉の流す割合は状態により調整が必要。


ーどこの位置がベストなのか?ー



CR画像.1

さて、上記の3つの位置でどこが一番ベストなのかというと、

残念ながら、「この位置がベスト!」という正解はありません。


理由は、いろんなゲージ構成(釘配列)の機種が存在していることや、

釘調整は繊細で、調整する人でいかにようにも変わるからです。


よって、当事者が弱め、真ん中、強めの3種類で、

実際に試し打ってみる(検証する)しかありません。


ー右打ち時もストローク調整が必要と思うべしー



CR画像

また、近年では、右打ち機が大半を占めています。

とくに電サポ消化においてはスルーの通り具合により、

出玉への影響も大きく変わります。


よって、右打ち時もストロークには配慮しておくべきだと考えます。

確変中や時短中は、ただハンドルを右に全開にするのではなく、

スルーが通り抜けるように、弱め~強めで調整を行いましょう。


<スポンサードリンク>




ー回転率アップのコツはあるの?ー



1508134492833.jpg

どうしても、回転率アップのコツを探しがちになりますが、

釘を無視できない以上、「これで一発解決!」という単純なものでもないのです。

むしろ、このようなコツを探すくらいなら、

”ベストストロークを探すことのほうがはるかに賢明”

と言えるでしょう。


ー回転率を上げるために重要なことー



1539162227436.jpg

そもそもストロークひとつで、なぜ、こんな面倒なことをするかというと、

ただ単に、回転率をあげるためというよりも、

「台の潜在性を最大限に高めるため」

です。

あなた自身が、ストローク調整することで、

台の潜在性を逃さずに済むことにもつながるというわけです。

なにより、その台を知っておけば、

あなただけが知っているお宝台にもなりえるのです。


ーまとめー



CR画像.1

パチンコは、回る台を打つことが重要です。

しかしながら、現在のパチンコは、じつに厳しい釘調整で、

わたしたちが、そんな台を、打っていたところで、

なかなか勝てると言えるほどは回らないのも事実です。


ストロークを調整することは、

つまりは、”丁寧に打つこと”でもあります。

そこで、自身で玉を打ち出すストロークの調整を行い、

少しでも回せるようにし、丁寧に打っていくことが基本となるでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



<スポンサードリンク>



この記事と関連する記事

パチンコのストローク(打ち方)攻略と回転率を上げるためにすべきこと

スレッドテーマ : パチンコ ジャンル : ギャンブル

(0)TB(0)

AFTER「パチンコ初心者が勝つプロセスの第一歩は「正しい知識」|計画計算された立ち回りと常勝

BEFORE「交換率の計算方法|ホールごとの換金率の種類と持ち玉遊技比率の重要性

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント





Top