FC2ブログ
甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ ホーム » 基本・基礎・初級編 »パチンコの抽選のタイミングと大当たり確率の仕組み
<スポンサードリンク>

パチンコの抽選のタイミングと大当たり確率の仕組み  


<スポンサードリンク>


CR画像.5

今回は「パチンコの抽選の仕組み」についてを説明していきたいと思います。

機械ですので内部の構成はかなり複雑ではありますが、
打ち手としては難しく考える必要もないでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ー抽選するタイミングはいつ?ー

CR画像.2

まず、「真ん中のヘソ(チャッカー)に玉が入る」と抽選となります。
(厳密には、乱数抽出でデジタル始動時に照合ということになっています。)

そして、次にリーチ演出を選択しています。

抽選の結果が出るまでの一連の処理は、0.5秒と言われ、かなり高速になります。


ー大当たりの抽選方式は?ー

garagaratyusen.jpg

抽選方式は大当たり確率が1/100ならば100個の中に1個当たりがあり、
その当たりを引くと表面的に図柄が揃って当たりとなります。

デパートでよくあるガラガラ回すクジをイメージすると良いかと思います。

ちなみに、当たり玉をはその都度中に戻しているイメージです。

よって、通常確率が1/100だとすると、毎回1/100で抽選している事になります。

また、確率分母を越えてしまったり、ハマったりすることもあるのです。


ー完全確率と独立試行ー

CR画像.1

上記の構成の理由から、過去の履歴が大はまりしていようが、爆発していようが、
現在の抽選には一切影響は無いのです。

よく言われる「パチンコが完全確率で独立試行である」というのはこれらが理由でもあります。

ちなみに通常時は1/300でも、確変時は1/30と確率が変動するのがパチンコです。

ですから、初当たりから未来に影響を与えるので、そういった意味では完全確率独立試行とは言えないかもしれませんが、
ここは一旦置いておきましょう。


ーパチンコはそう簡単には当たらないモノー

1502080100310.jpg

パチンコは乱数を利用しているため、ミドルタイプで大当たり確率1/300とあった場合は、
素直に300個のクジの中から当たりクジ1個を取り出すといった単純な構成ではありません。

どちらかというと100/30000や1000/300000というようにめまぐるしく変動しているイメージで良いでしょう。

このように構成が複雑化している理由は、お客の射幸心をあおるためです。

また、ゴトなどの不正を防止する理由もあるでしょう。

つまり、簡単には当たらない場合もあるということを覚えておきましょう。


ー大当たりは狙えるのか?ー

1507804711875.jpg

抽選の仕組みからも常識的にも大当たりは狙えるものではないことが分かります。

ユーザーの中では確率だとは思えないことから、
当たる台が分かると思い込んだり、最悪は詐欺にもひっかかってしまう人もいます。

とくに初心者の方々に勘違いや思い違いしやすいと思うので注意が必要でしょう。


ーまとめー

CR画像.1

正攻法とは、字のごとく正しく攻める方法です。

その根拠を導き出している原点は「パチンコは確率である」という部分なのです。

機種ごとに抽選確率が決まっていて、確率であることから、いろんな要素が計算で導き出せるのです。

今や皆さんが知っているボーダーラインもその一種で、
上級者が使用している期待値などもそうです。

つまり、パチンコは数学的な根拠を元にして勝てるものです。

よって、まずはパチンコの抽選や大当たりの仕組みを理解するようにしましょう。

数学的根拠に基づいた正攻法を実践していくことは、勝つパチンコの基本的なことだと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
基本・基礎・初級編の関連記事

category: 基本・基礎・初級編

thread: パチンコ

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0
<スポンサードリンク>



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://amasemi.com/tb.php/193-92d10aaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

カテゴリ

プロフィール

管理人へお手紙

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アクセス

資産運用してみよう♪

無料コーナー

▲ Pagetop