甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

設定付き含め、甘デジ中心に実践しているブログです。鉄壁の立ち回り!年間収支負けなし!これを読めばあなたもパチプロ級の腕前になれる!





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサードリンク>



2019 06/01

パチンコ機の種類とスペックタイプ別分類|専門用語一覧

CR画像.5

この記事では、パチンコの専門用語と種類、タイプ別の解説をしています。

簡単に読み流すくらいでも良いので、用語やスペックを確認しておくと良いでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ー主にユーザーに関連する用語ー



CRネタ


■1Kの”K”…キロからの由来で、1000単位と言う意味。パチンコの場合は1K=1000円。

■時間効率…1時間辺りどれだけ当たりを得られるかの当たり回数。

■回転効率…1時間辺りの通常回転数。

■持ち玉比率…現金投資と持ち玉遊技の比率。
(例)通常回転1000回転で持ち玉で700回回したとすれば、持ち玉比率70%。

■通常回転…非確変時や非時短時、つまり、非電サポ(電サポとは時短中のパカパカ)回転数の事。

■オヤジ打ち…何も止めたりせずに、ずっと打ちっぱなしにしている状態。

■ヒラ打ち…土日やイベントなどの特定の日を狙わず、通常の平日だけ稼働する打ち方。

■ストローク…玉をどの位置に合わせて打つかを決めるもの。

■回転ムラ…同じ金額(投資玉数)で回ったり、回らなかったりすること。

■ステージ止め…ステージ止めに玉が乗ったら、打ち出しを止める事。

■ラウンド間止め…大当たり中のアタッカーが閉じている少しの時間に打ち出しを止める事。

■電チュー止め…電チュー開放していない時は、打ち出しを止める事。

■ツキ指数(運指数)…運指数は大当たり回数の理論値よりどれだけ大当たりがついていたか?またはついてなかったのか?を示す数値。

■期待時給…期待出来る理論的な時給の事。(仕事量時給もほぼ同じ)。

■時間差玉…1時間辺りの獲得できるであろう理論的な差玉。

■当数一回辺りの平均出玉…大当たり一回辺りの得られる出玉の平均。

■オカマを掘られる…自分が辞めた台が次のお客がすぐ当てられ、出された時の事。

■オカルト…信憑性が根拠もない事。神秘的。

■ボーダーライン…客側と店側の理論上の損益分岐点を回転率で表した数値。

■回転率…1000円(250玉)辺りのデジタル回転数。

■トータル確率…大当たりで得た一回の出玉でこの確率分母を回せるとチャラとなる数値。
例)トータル確率1/100であれば大当たり出玉1回で100回回せればチャラとなる。

■期待値…その台で期待出来る見積もり値や金額。

■仕事量…期待値の一種。その日どれくらいの利益の出る台を打ったのかを金額で表した値。

■立ち回り…店選択や台選択など勝つ為の一つ一つの行動の事。

■MAXボ-ダーライン…等価ボーダーラインのこと。

■単回転収支…通常1回転における収支。回転単価。

■単発打ち…玉を1発ずつ発射すること。

■打ち子…代わりに打たせるための代打ち要員。

■合成確率…ビックボーナスとレギュラーボーナスの合算確率、または、通常確率と確変確率の合算確率。

■コミコミ確率…通常回転と(時短)非確変回転の合算確率。


ー主にホールに関連する用語ー



CR画像


■ゴト…不正に出玉を得る事。これらを行う人をゴト師と読ぶ。

■体感器…内部の当たりの周期を狙う為の不正機器。

■遠隔操作…離れた場所からパチンコ機器を操作する事。

■ホールコンピュータ…ホールにある台毎の情報を管理しているコンピュータ。データロボなどもその類。

■貯玉再プレーシステム…獲得した出玉を自身の会員カードに記録し、次回その貯めた玉で再度遊技出来るシステム。

■正規営業…何も不正もなく規則に則って営業している事。

■裏ロム…裏基盤の事。裏ロムを施された遊技機を裏物やBモノなどと言う。

■ハーネス…基盤と基盤などを繋ぎ、情報を伝達するケーブル。

■サクラ…予めホール側に雇われたの客をよそおった人。

■お店のクセ…設定変更や設定配分、および釘調整する人のクセ。

■ネカセ…パチンコの傾き(傾斜)の事。

■ベタピン営業…オール設定1営業のこと。

<スポンサードリンク>

ー主にパチンコパチスロ機に関連する用語ー



1489574770187.jpg


■CR(シーアール)…「CR」はカードリーダーの略。

■機械割…スロットの投入枚数に対しての払い出し枚数の出玉率。

■回胴式遊技機…スロットの正式名称。

■ST…スペシャルタイムの事。(例)ST5回、これは大当たり終了後5回転は超高確率タイムという意味。

■時短…時間短縮の略。通常時よりもデジタルが早いスピードで消化。

■オーバー入賞…玉がアタッカーにカウント数よりも多く入ってしまう事。

■大当たりパンク…玉がカウント数に満たない内に時間切れになり、強制的にアタッカーが閉じてしまう事。

■保留…ヘソ抽選や電チュー抽選時の玉が入った時に4つまでは貯めておける構造の事。

■保留入賞順消化…ヘソ保留も電チュー保留も入った順番に消化していくこと。

■電チュー保留優先消化…ヘソ保留が残っていても、電チュー保留を優先して消化していくこと。

■小デジタル保留…玉がスルーを通ると「電チューが開くか」の抽選を小デジタルで行い、その保留を貯めておくところ。

■確率変動…通常の確率よりも、抽選確率が甘くなり、当たりやすくなる変動。


ーパチンコ機の種類ー



CR画像.1


■ハネモノ…物理的なハネ開放にて、賞球を得て、出玉を獲得し、増やしていく遊技機。

■一般電役…複数のハネ開放を連動させながら、出玉を獲得していく遊技機。

■権利モノ…大当たりが始動するための特殊なアタッカーに玉が入賞することで、大当たりアタッカー開放が始まり、出玉を獲得していく遊技機。

■デジパチ…抽選結果をデジタル変動にて表示して、大当たりアタッカー開放にて出玉を獲得していく遊技機。

■確変リミット機…確変継続が一定の回数到達で、強制的に終了する遊技機。

■一種二種混合機…確変非搭載で、時短中の小当たり当選にて、連荘や出玉を獲得していく遊技機。

■小当たりラッシュ機…電サポ中の小当たりを引くことで、アタッカーが開放し、出玉を獲得していく遊技機。



ーパチンコのタイプ別分類ー



CR画像.2


※区別は、おおよその位置付けにて。

■ちょいパチ…大当たり確率1/30~1/40付近の機種

■甘デジタイプ(遊パチ)…大当たり確率1/100付近の機種

■遊デジタイプ…大当たり確率1/120付近の機種

■ライトタイプ…大当たり確率1/150~1/200付近の機種

■ライトミドルタイプ…大当たり確率1/250付近の機種

■ミドルタイプ…大当たり確率1/300付近の機種。

<スポンサードリンク>


この記事と関連する記事

パチンコ機の種類とスペックタイプ別分類|専門用語一覧

スレッドテーマ : パチンコ ジャンル : ギャンブル

(0)TB(0)

AFTER「Pバイオハザードリベレーションズ|6段階設定|ライト|スペック|ボーダー|トータル確率

BEFORE「PAぱちんこ冬のソナタRemember|甘デジ|設定示唆|止め打ち(追記)|ボーダー|トータル確率

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top