甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

設定付き含め、甘デジ中心に実践しているブログです。鉄壁の立ち回り!年間収支負けなし!これを読めばあなたもパチプロ級の腕前になれる!





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサーリンク>



2019 08/31

Pぶいぶい!ゴジラ|ライト|スペック|攻略情報|ボーダー|トータル確率

CR画像.1

本日の新台情報は、ぶいぶいゴジラのライトになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ー基本的な流れー



本機は、100%で確変に突入し、20回限定のST確変タイプとなっています。

電サポ100回の内訳は、ST確変20回+80回時短となり、各継続率はST20回が55%、時短80回が36%です。

旧基準機のライトタイプとなり、初当たりでは大き目のハマリは喰らうこともありそうですが、それ以外は確変突入も100%で大当たりも4R、10Rの2種類にて比較的安定性の高い展開や勝負が望めそうです。


ースペックボーダーラインに関してー



まず、ヘソ賞球4個となっています。

平均連荘は3.4連程度と、比較的に優遇されていますが、いっぽうで出玉面は賞球がこのタイプとしは、10個少ないことが影響し、全体のスペックを落としています。

よって、これらを加味した総合的なボーダーラインの平均では辛めの印象と言えます。


ー大当たり中や電チューサポート時に関してー



当機は、右打ち機で電チュー戻しは1個のため、電サポ中にて、ボーダーラインの底上げの可能性はありません。

電サポは、平均で100回ですので、全体的には長規模なレベルになります。

少なくとも、確変時や時短時に打ちっぱなしでは、大きく出玉をロスしてしまう可能性もありますので、この間は、できる限り、出玉の減らないように工夫しながら打っていくように意識しましょう。


また、大当たり中は、アタッカー賞球10個と、それなりに影響が出てくる数値ともなっています。

ボーダーラインの底上げの唯一の機会でもありますので、少しでもアドバンテージを得るようにつとめましょう。


ー個人的な総合評価ー



総合的にスペック、ボーダーラインを確認すると、素直に辛いスペックだと言えそうです。

よって、ゆとりある勝ちを得るためにも出玉の多少の底上げが欲しいところでもあります。


ただ、あくまでもライトタイプということで、出玉に依存するよりも、回転率が大切です。

ついては、「回る台=勝てる台」ということにもなりますので、あらかじめ釘のチェックも重要です。

終日、腰を据えて勝負するためには最低ラインとしても25回/千円以上は目指すべきでしょう。




出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、21.9回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得1R辺りの獲得90個)


推定相場 1R辺りの獲得85個 23.2回/千円

実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>

<基本スペック>
■大当たり確率 1/179.6(1/1.25.5)
■確変突入率 100%(ST20回)
■時短 電サポ100回
■賞球 4&1&3&10
■カウント 10C
■大当たり振り分け

ヘソ
10R確変(電サポ100回):27.5%
4R確変(電サポ100回):72.5%


電チュー
10R確変(電サポ100回):50%
4R確変(電サポ100回):50%

■大当たり出玉
10R:850個
4R:340個


<攻略スペック>
■トータル確率 1/52
■当数1回辺りの平均出玉 560個
■千円辺りのボーダーライン
4.0円…23.2回
3.5円…24.0回
3.0円…24.8回
2.5円…25.8回
※持ち玉比率70%時、1R辺りの獲得85個時
消費税3%負担で上記数値に×1.03
(1円パチンコは上記数値×4)

関連記事:パチンコの抽選の仕組みやタイミングとは?【超重要】大当たり確率の完全確率と独立試行
関連記事:パチンコ屋はなぜ儲かるのか?【重要】お店に利益が出る仕組みを知ること

<スポンサーリンク>


この記事と関連する記事

Pぶいぶい!ゴジラ|ライト|スペック|攻略情報|ボーダー|トータル確率

スレッドテーマ : パチンコ・スロット新台情報 ジャンル : ギャンブル

(0)TB(0)

AFTER「沖海4の甘デジ(アイマリン)の勝ち方を公開!【解説】プロ級のフル攻略実践の結果は?

BEFORE「土日や連休のパチンコで勝つためにはどうすれば良い?【徹底解説】機械割の甘い台を打つこと

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top