甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

設定付き含め、甘デジ中心に実践しているブログです。鉄壁の立ち回り!年間収支負けなし!これを読めばあなたもパチプロ級の腕前になれる!





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサードリンク>



2019 07/03

Pストレートセブン|甘デジ|スペック|攻略情報|ボーダー|トータル確率

CR画像.3

本日の新台情報は、ストレートセブン(6階設定搭載)の甘デジになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ー基本的な流れー



本機は、75%で確変に突入し、当たり5回継続の確変リミットタイプとなっています。

この機種のポイントは、リミットよりも、初当たりからの約7割が潜伏確変になるというところです。

潜伏確変をヘソで回すことになるため、演出面で明確な示唆がない限りは、何も知らないお客は、捨ててしまう可能性も高いとも感じます。

その点、潜伏狙いも可能性が出てきますが、なにぶん、自分自身が捨ててしまうことのないように注意が必要でしょう。


一見では、初当たりも甘デジらしい数値で、確変突入率、5回継続リミット、大当たりの種類や振り分けも電チューで共通などとなってはいますが、

潜伏確変、設定搭載、リミットタイプなど、特殊な傾向が強く、展開や収支が大きく荒れる要素を含んでいます。


ースペックボーダーラインに関してー



まず、ヘソ賞球4個となっています。

平均連荘は5.3~6.0連程度と、この機種のだいご味としてかなり優遇されている印象がありますが、

出玉面は賞球やカウントなどのスペックというよりも、潜伏確変時での出玉ロスが大きく、このせいでやや全体的なスペックを落としています。

よって、これらを加味した総合的なボーダーラインの平均ではやや辛めの印象と言えます。


ー大当たり中や電チューサポート時に関してー



当機は、左打ち機で電チュー戻しは2個のため、電サポ中にて、ボーダーラインの底上げの可能性を残しています。

しかしながら、現状では玉増えはかなり厳しいと予想され、むしろ、これでも減る可能性のほうが高いと思われます。

また、電サポは、確変中は平均で50回程度、固定時短10、20回、77回ですので、全体的には中規模なレベルになりそうです。

確変時や時短時に打ちっぱなしでは、大きく出玉をロスしてしまう可能性もありますので、この間は、できる限り、出玉の減らないように工夫しながら打っていくように意識しましょう。


また、大当たり中は、アタッカー賞球12個と、影響が大きい値でもありますので

唯一の機会を生かして、少しでもアドバンテージを得るようにつとめましょう。


ー設定推判別や推測についてー



通常確率と確変確率ともに、設定6だけは別格とい印象ですが、

設定差が極めて小さいため、基本的には、終日でも判別に至る様な設定差ではありません。

終日などの長時間での実践のうえで、予想としても、よくても、設定の上下程度くらいの判別予想になるでしょう。


ー個人的な総合評価ー



メーカー、リール、ゲージなどを見ても、フィーバークイーンに寄せている感が否めませんが、スペックが大きく違うため軽い気持ちで打たないほうが良さそうです。

中身として、設定毎のバランスとして、全体的に良さそうではありますが、いっぽうではそれだけ設定差も少なくなっていると言えます。

基本の中間設定付近のボーダーラインは、出玉が暫定的ではあるものの、一応ながら標準的なに近いかなという印象です。


立ち回りの際に重要なポイントとして、上でも書いたように、潜伏確変が大半を占めるわけですから、確変時をヘソで回していくことも増えます。

ある程度回るような台でなければ、出玉のロスが増えていき、致命的な問題にもなるでしょう。

その点では、左右対称ゲージでもあるので、右側のルートもチェックしておきましょう。


なお、出玉の獲得状況でボーダーラインへの影響は絶大ですので、必然的に、出玉面の悪い台は打ち続ける価値が問われてきます。

この辺を踏まえて、慎重にホール選択や台選択をしていく必要があると考えています。




出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、設定1~6で23.6~16.0回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得88個)


推定相場 1Rあたりの獲得80個 26~18回/千円

実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサードリンク>

ー基本スペックー


■通常大当たり確率(確変確率) 

設定1…1/99.9(1/50.0)
設定2…1/95.0(1/47.5)
設定3…1/91.0(1/45.5)
設定4…1/88.0(1/44.0)
設定5…1/84.0(1/42.0)
設定6…1/77.0(1/38.5)

■確変突入率 75%(リミット5回)
■時短 10、20、77回
■賞球 4&2&4&12
■カウント 8C
■大当たり振り分け

ヘソ
10R確変(電サポ次回):3%24
4R確変(電サポ次回):4%13
4R確変(電サポ20回):15%-70
4R確変(電サポ10回):53%-300
4R通常(時短20回):10%32
4R通常(時短10回):15%48 -204    -45+273


電チュー
10R確変(電サポ次回):3%334
4R確変(電サポ次回):72%
4R通常(時短77回):25%


■大当たり出玉
10R:800個
4R:320個


ー攻略スペックー


■トータル確率(当数1回辺りの平均出玉)
設定1…1/18.7(180個)5.32
設定2…1/17.6(180個)5.40
設定3…1/16.3(180個)5.57
設定4…1/15.2(180個)5.77
設定5…1/14.2(180個)5.89
設定6…1/12.7(180個)6.07

■千円辺りのボーダーライン
(交換率)…4.0円、3.5円、3.0円、2.5円
【設定1】…26.0回、26.8回、27.5回、28.5回
【設定2】…24.4回、25.2回、26.0回、27.0回
【設定3】…22.6回、23.4回、24.2回、25.2回
【設定4】…21.1回 21.9回、22.7回、23.7回
【設定5】…19.7回、20.5回、21.3回、22.3回
【設定6】…17.6回、18.4回、19.2回、20.2回

※1R辺りの獲得80個
※持ち玉比率70%時
消費税3%負担で上記数値に×1.03
(1円パチンコは上記数値×4)


関連記事:パチンコの抽選のタイミングと大当たり確率の仕組み
関連記事:パチンコ屋はなぜ儲かるのか?お店が儲かる仕組みを知る

<スポンサードリンク>


この記事と関連する記事

Pストレートセブン|甘デジ|スペック|攻略情報|ボーダー|トータル確率

スレッドテーマ : パチンコ・スロット新台情報 ジャンル : ギャンブル

(0)TB(0)

AFTER「パチンコの持ち玉比率を解説!交換率(換金率)の計算方法と重要性

BEFORE「命(ヘソ)釘の見方を解説!釘以外のもう一つの見るべき重要なポイント

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top