甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

設定付き含め、甘デジ中心に実践しているブログです。鉄壁の立ち回り!年間収支負けなし!これを読めばあなたもパチプロ級の腕前になれる!





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサードリンク>



2019 06/20

デジハネPブラックラグーン3|遊デジ|止め打ち|設定示唆|ボーダー|トータル確率

CR画像.1

本日の新台情報は、ブラックラグーン(6階設定搭載)の遊デジになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ー基本的な流れー



本機は、60%で確変に突入し、次回まで継続する確変タイプとなっています。

初当たりからの一つの鬼門として、確変突入が60%ですから、体感としてもそれなりに確変突入するかと思われます。

ただ、そうはいっても、なお、40%が2連発や3連発程度なら十分に起こりえるので、その際は、出玉も時短も乏しく、必然的に苦しい展開になりそうです。

全体的に見ても、甘デジではなく、遊デジとして初当たりの確率もやや重くなっており、

大当たり振り分けも多少バラつきがあり、設定搭載もあいまって、展開や収支が荒れる要素が多くなっています。


ースペックボーダーラインに関してー



まず、ヘソ賞球4個となっています。

平均連荘は2.9~3.2連程度と、比較的に優遇されている印象がありますが、

出玉面は賞球やカウントはともかくとして、2R通常の存在や大当たり振り分けによってやや全体的なスペックを落としています。

よって、これらを加味した総合的なボーダーラインの平均ではやや辛めの印象と言えます。


ー大当たり中や電チューサポート時に関してー



当機は、右打ち機ながらも電チュー戻しは1個のため、電サポ中にて、ボーダーラインの底上げの可能性はありません。


電サポは、確変中は平均で60回程度、固定時短20回ですので、中規模なレベルになり、

確変時や時短時に打ちっぱなしでは、大きく出玉をロスしてしまう可能性もあります。

よって、この間は、できる限り、出玉の減らないように工夫しながら打っていくように意識しましょう。


また、大当たり中は、アタッカー賞球10個と、影響が大きい値でもありますので

唯一の機会を生かして、少しでもアドバンテージを得るようにつとめましょう。


ー設定推判別や推測についてー



通常確率と確変確率ともに、設定6だけは別格とい印象ですが、

設定差が極めて小さいため、基本的には、終日でも判別に至る様な設定差ではありません。

終日などの長時間での実践のうえで、予想としても、よくても、設定の上下程度くらいの判別予想になるでしょう。


ー設定示唆演出についてー



・確変終了後の画面でのトロフィーの色

銅色トロフィー出現…設定2以上

銀色トロフィー出現…設定3以上

金色トロフィー出現…設定4以上

キリン色トロフィー出現…設定5以上

レインボー色トロフィー出現…設定6


ー大当たり中や電サポ中の止め打ち方法についてー



大当たり中は10カウントにより、9個入賞で一旦停止し、ワンツー打法で2個打つことでオーバー入賞が狙えます。

なお、無駄玉の出ないゼロアタッカーですが、アタッカーのセンサーが緩く、かなりオーバー入賞しやすくなっており、効果は絶大だと思われます。

よって、初心者の方はワンツー打法は無理でも2個打つなど、果敢にチャレンジすべきでしょう。


また、電サポ中の止め打ちは、開放パターンが複数あり、またやや不規則となっています。

どちらかというと、電チューの位置なども含め、北斗無双の開放パターンに近いかと思われます。

対処法としては、パカパカが開いたら1個打つというのを意識してやれば、玉減りはだいぶ軽減されます。


ー個人的な総合評価ー



設定毎のバランスとして、設定6だけは別格に甘くなっていて、それ以外は設定差も少なくなっています。

設定6は限りなく使用しないと考えたうえで、それでも、中間設定付近のボーダーラインは、辛いと言わざるをえません。


その分、ホール側も中間~高設定域を使用しやすくはなりますが、スペックが辛いことはユーザー側からのメリットも薄く、安易に打つことは危険でもあります。

設定1程度の回転率24~25回/千円は最低限として、そこから設定推測段階にいくようにしましょう。

また、極端に回らないような台であれば、むやみに追うことはリスクが高くなるだけで、負けにつながることも念頭においておいたほうが良さそうです。




出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、設定1~6で23.9~14.0回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得90個)


推定相場 1Rあたりの獲得85個 25~15回/千円

実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサードリンク>

ー基本スペックー


■通常大当たり確率(確変確率) 

設定1…1/119.8(1/59.9)
設定2…1/115.0(1/57.5)
設定3…1/110.7(1/55.4)
設定4…1/106.7(1/53.4)
設定5…1/95.0(1/47.5)
設定6…1/77.0(1/38.5)

■確変突入率 60%(次回まで)
■時短 20回
■賞球 4&1&5&10
■カウント 10C
■大当たり振り分け

ヘソ
10R確変(電サポ次回):6.5%
4R確変(電サポ次回):53.5%
4R通常(時短20回):40%


電チュー
10R確変(電サポ次回):35%
6R確変(電サポ次回):10.7%
3R確変(電サポ次回):14.3%
2R通常(時短20回):40%

■大当たり出玉
10R:850個
6R:510個
4R:340個
3R:255個
2R:36個

ー攻略スペックー


■トータル確率(当数1回辺りの平均出玉)
設定1…1/40.5(395個)
設定2…1/38.6(395個)
設定3…1/36.9(395個)
設定4…1/35.3(395個)
設定5…1/30.7(395個)
設定6…1/23.7(400個)

■千円辺りのボーダーライン
(交換率)…4.0円、3.5円、3.0円、2.5円
【設定1】…25.3回、26.1回、26.9回、27.9回
【設定2】…24.4回、25.2回、26.0回、27.0回
【設定3】…23.4回、24.2回、25.0回、26.0回
【設定4】…22.3回 23.1回、23.9回、24.9回
【設定5】…19.4回、20.2回、21.0回、22.0回
【設定6】…14.8回、15.6回、16.4回、17.4回

※1R辺りの獲得85個
※持ち玉比率70%時
消費税3%負担で上記数値に×1.03
(1円パチンコは上記数値×4)


関連記事:パチンコの抽選のタイミングと大当たり確率の仕組み
関連記事:パチンコ屋はなぜ儲かるのか?お店が儲かる仕組みを知る

<スポンサードリンク>


この記事と関連する記事

デジハネPブラックラグーン3|遊デジ|止め打ち|設定示唆|ボーダー|トータル確率

スレッドテーマ : パチンコ・スロット新台情報 ジャンル : ギャンブル

(0)TB(0)

AFTER「トータル確率とは?パチンコの平均連チャン計算・算出式一覧

BEFORE「【フル攻略】海物語シリーズの中でも沖海4の甘デジ(アイマリン)が勝ちやすい2つの理由

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top