甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

設定付き含め、甘デジ中心に実践しているブログです。鉄壁の立ち回り!年間収支負けなし!これを読めばあなたもパチプロ級の腕前になれる!





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサーリンク>



2019 09/08

設定付きパチンコは勝てるのか?【徹底解説】勝つための立ち回りと重要なポイント

CR画像.3

「設定付きパチンコでなかなか勝てません。どうすれば良いのでしょうか?」

確かに、実際問題として、設定が加わったことによって、現状よりも勝ちにくくなったことは間違いありません。


ですが、今まで通りに勝つことは十分に可能だと言えます。

そこで、今回は設定付きパチンコで勝つために考えるべきことややるべきことをまとめつつ、解説していきたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ー設定付きパチンコは勝てるのか?ー



CR画像.1

設定付きパチンコ打ってるけれど、なかなか勝てない、勝ち越せないって方もいるかと思います。

しかし、改めて、勝つことは十分に可能なのです。


当方、9割以上はすでに設定付きパチンコを打っています。

新基準機は、設定というものが加わったことにより、見るべき部分や手間が増えて以前よりも難しくなったのは確かなことです。

ついては、これらを打開するために以下の項目にてご紹介していきます。

・設定付きパチンコで勝てない理由

・技術介入は必須条件になる

・貯玉をたくさん貯めておくこと

・期待設定はよくて中間程度だと思うこと

・第一に設定1のボーダーラインを目指すこと

・設定1のボーダーライン(回転率)を担保してから設定推測へ

・設定付きパチンコのホール選びと機種選び


ー設定付きパチンコで勝てない理由ー



CR画像.2

設定付きパチンコで勝てない理由や原因としては、旧基準機同様の問題が大きいかと思います。

つまり、勝てない人というのは、立ち回りであり、店選びや台選びがきちんとできていないのです。


ですから、設定以前に釘の良い台を選ぶこと、釘の良い台がある店を選ぶことが第一であり、早急にやるべきことです。

というのも、お店側も設定をほとんど入れていません。


なぜなら、設定を入れるくらいなら釘を開けたほうがお客が喜ぶからです。

よって、設定だけを期待したところで、9割は的外れな立ち回りをしていることになります。


ー技術介入は必須条件ー



CRネタ

技術介入は、特に大当たり中や電サポ中の止め打ちは必須になると考えられます。

なぜかというと、全体の出玉率を上げるのももちろんのことですが、他人(一般のお客と)との差をつけないと今以上に勝ちにくくなるからです。


お店は基本的に、一般のお客を対象として調整をしているわけですが、ここで設定というものが加わったことで、いわゆる、一般客と上手い人との差が余計に大きくなります。

特に設定差がある機種においては、回転率次第では、一般客が打てばボッタくり調整というようなものもあります。

見方を変えれば、努力する人は勝ちやすくなる可能性も見えてくるわけですので、いっそう技術介入が大事になることも覚えておくべきでしょう。


ー貯玉をたくさん貯めておくことー



CRネタ

次に、貯玉をたくさん貯めておくことが大切だと考えています。

これは、言い換えれば、常に資金力を大きく保っておくことでもあります。

具体的には、貯玉10万発程度は確保したほうがよいでしょう。


なぜかというと、設定が加わったことで、期待値である機械割が見えにくくなり、期待値が目減り(若干削られていく)可能性もあるからです。

今までは、パチンコの期待値は釘のみで測ることができたのですが、見えない設定があるため、そうではなくなります。


例えば、設定3くらいの見通しであっても、実際は設定1かもしれません。

当然ですが、そうなると機械割が変わりますし、思った通りの期待値が取れず、負債が積み重なっていくことにもなるのです。


ー期待設定はよくて中間程度だと思うことー



1550919352917.jpg

設定への期待ですが、パチスロ同様に毎回確実とは言わないまでも、高確率でゲットしたいところではあります。

ですが、釘の兼ね合いも大きく、なにより近年のお客の数からも予想できるように正直、よほどの優良店でもない限り、高設定は見込めません。


また、お店の設定に関するクセは、主に2種類の要点を覚えておきましょう。

・設定6を使うこともあれば、設定1を使うこともある

・中間設定で長期間放置



ですから、基本的には、良くても中間設定程度の期待というところが、相場を見ての現実的な推測になるかと思います。

<スポンサーリンク>

ー第一に設定1のボーダーライン以上を目指すことー



1550919346157.jpg

台選びの際には、最低である設定1の出玉削りなし時のボーダーライン以上を目指すことをおすすめします。

なぜかというと、釘は別として、設定1を使用している可能性も十分にあり、危ない勝負になってしまうからです。

ですから、打つ際には、設定1の回転率を目指して打っていくようにし、そこから明らかにかけ離れているような場合は、除外していくことが大切です。


また、設定の良し悪しに関わらず、大きなハマリを喰らうことがあり、初当たりが取れない場面もあります。

その際は、設定以前の話にもなり、中身もなく、ただ負けるべくして負けたという状況にもなりえます。

このようにならないために、設定1のボーダーラインを+1~2回転くらい超えるような台が望ましいでしょう。


ー設定1のボーダーライン以上(回転率)を担保してから設定推測へー



1551177930265.jpg


設定推測においては、パチンコはプレイ数が稼げず、さらに設定示唆演出もなかなか発生しないことで、高設定が超が付くほどわかりにくくなっています。

よって、釘を無視して設定判別や設定推測だけで打つことはかなり危険です。

機械割による期待値は設定よりも釘に重点をおいていき、設定推測はおまけ程度と思うくらいが良いでしょう。


また、単純に「大当たり回数が多いから」や「出てるから」などの感覚は宛になりませんので、きちんと数字や数値で見ていくことをおすすめします。


ー設定推測の方法についてー



CR画像.2

何度も書いていますが、設定推測や判別自体については、どうしても時間がかかり、試行プレイの積み重ねに我慢が必要になります。

よく打つ機種においては、通常プレイ数と大当たり回数だけは別に蓄積していき、トータル確率から平均設定を推測するくらいしかないのではないかと思います。

「総通常プレイ数÷総大当たり回数=設定ごとのトータル確率」


ある程度の試行したあとで、この値が設定1だった場合は、限りなく設定1しか打っていないわけですし、辛いとされる設定1を平気で放置していると言えます。

この値が設定3くらいにでもなれば、高設定を使用している可能性も出てきて、あなただけしかわからない貴重な情報が得られるメリットもあります。


ー設定付きパチンコのホール選びと機種選びー



1551177947832.jpg

設定付きパチンコの立ち回りにおいては、これまでより、おおむね結論が出ています。

基本的に、設定1でのボーダーライン程度は回ることが必要ですから、この時点で打てるホールや機種などもかなり限定されてきます。


中には全部がまったく回らないような扱いの悪いホールもあり、「プロどころか、常連がまったくいない」などの光景が結果として表に出てきています。

当たり前ですが、やる気のないホールには行く理由や意味はゼロなのですし、少しでも良心的なホールを選んで行くようにしましょう。


ーまとめーー



1550919338763.jpg

「設定1を意識したうえでの、釘の状況で立ち回る」

これは昔の設定付きパチンコがあった時代でのベストな立ち回りで、これには一部で「現代ではこのようにはいかないだろう」という声もあがっていました。

ですが、これは、新基準機の導入初期の特別な時期だけであり、もはやそうでもなくなっています。


お店の扱いとしても、昔の設定付きパチンコの時代と同じになるとおおかた予想はついていただろうことです。

また、ユーザーとしても時代に合わせて、その時の最善の立ち回りをしていけば十分に勝てるでしょう。


というわけで、設定付きパチンコ機の立ち回りとしては、結局、今まで通りでほぼ釘に依存する形になっていると言えます。

<スポンサーリンク>


この記事と関連する記事

設定付きパチンコは勝てるのか?【徹底解説】勝つための立ち回りと重要なポイント

スレッドテーマ : パチンコ・パチスロ日記 ジャンル : ギャンブル

(2)TB(0)

AFTER「パチンコ甘デジのボーダーの甘い機種ランキングTOP5【2019最新】プロが勝ちやすい機種を厳選

BEFORE「パチンコの出玉を飲まれて負ける恐怖感とは?【重要】「もったいない」気持ちとプロスペクト理論

COMMENT

  • No.1578 管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    投稿者: 2019/06/19 (水) 08:08
  • No.1579 Re: No title

    こちらこそ、どもどもですm(__)m

    最終回・・・(涙


    ①エンジン役物は、一瞬、ライダーかと思いますたw
    ついでに、モンキーつながりで プロゴルファー猿を思い出すますたw

    ②全体的に絵がカッコええですこれ♪
    役物に金かけすぎじゃね?ってくらい豪華になてますw

    ③当時通ってたホールにありやんした。
    横目で見てたまわるん第一号、いや、デキは悪くないぞこれは…今更ですがw


    ④たしか少し打ったような記憶がありますが、たしかに人気がなかった(^^;)
    操縦士w いたいた!発見してしまったw
    おそらく、アルマゲドンに許可取っていませんねw
    ドット機だし、こういうの好きだけどなにか?

    ⑤この機種はたぶん、ナンバーワンだと思われ・・。
    ハイビスカスのボタンが出るかどうかのどきどきっすね♪
    あと、しれーと光るときあるし(^^;)


    ⑥役物無しだったんですかこれ。
    やけに絵はきれいだったから3Dとかに寄せたんでしょうか。
    5倍ハマリということは桁が超えたことは…みなまでいうなと・・(゚Д゚;)
    男のロマンがそこにあったに違いないw

    また、気が向いたときにいつでもおこしを!アミーゴ(^^ゞ

    平成が終わったんだとしみじみ、令和も前を向いていきまっしょい♪

    投稿者:どぉあん 2019/06/19 (水) 20:33

MESSAGE

非公開コメント

Top