甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

設定付き含め、甘デジ中心に実践しているブログです。鉄壁の立ち回り!年間収支負けなし!これを読めばあなたもパチプロ級の腕前になれる!





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサードリンク>



2019 08/17

パチンコの止め打ちは意味や効果があるの?【徹底解説】やり方と技術介入をおこなう際の注意点

CR画像.2

「パチンコの止め打ちのやり方がわかりません。どのようにしたら良いのでしょうか?」

パチンコをある程度覚えていくと、止め打ちなどの技術介入を知り、そこでまた一つの壁にぶつかるのかもしれません。

なにより、技術介入を行うことで、さらに格段に勝ちやすくなることは間違いありません。


ですが、止め打ちといっても口で言うほど簡単ではなく、なかなか一筋縄ではいかないものです。

そこで、今回は、止め打ち(技術介入)に方法や注意点などを解説をしていきたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーパチンコの止め打ちは意味や効果はあるの?ー



detamasupec1.jpg

パチンコは、止め打ちをすることで機械割を上げることができるので、その分、勝ちやすくなるのです。

例えば、玉を1個発射して、2個賞球が得られる場所に入れられれば、出玉率が2倍になり、これをコツコツ継続していけば、勝ちやすくなるとイメージできるはずです。

そして、その場面に応じながら、利益のある場面に限定して玉を発射することを止め打ちと言います。


通常では、パチンコ機は玉が減る仕様になっており、止め打ちを行うことで大きな差玉が生まれるわけです。

具体的には、機種によりバラつきがあるものの、終日で数百~数千個(金額では数千円~1万円以上)の大きな効果が出たりもするのです。

よって、止め打ちは機械割アップや永続的に勝つためには、大きな意味を持っているのです。


ーパチンコの止め打ちのやり方ー



CR画像

止め打ちやり方というのは、台や機種によっても違いますので、技術レベルも人それぞれなので一言では難しいのです。

なぜかというと、最初からできる人なんていないからです。

ですから、できるようになるには、百戦錬磨という言葉あるように、練習を重ねていくしかありません。

まず、基本的にパチンコ機は玉発射のストップボタンがハンドル付近に搭載されています。


まずは、このボタンの使用に一刻も早く慣れていくことが大切です。


そのうえで、止め打ちは主に大当たり中と電サポ中に効果を発揮します。

やり方というよりは、「止め打ちの際にやるべきこと」として、主に基本的というか共通しているのは以下の通りです。


・大当たりラウンド間にて玉の発射を停止する

・大当たり中のひねり打ち(ワンツー打法)を実行する

・電チューの開放パターンと開放時間を見極める

・電チューサポートの開放に合わせて打ち込む


ー大当たりラウンド間にて玉の発射を停止するー



HI3B1952.jpg

大当たり中は、画面は見ないで、アタッカーを凝視して入賞したカウントを数えます。

例えば、8カウントであれば、極端ですが8個以上打ち出す必要がないというのが、基本的な考え方です。

実際はアタッカー到達までの釘で弾かれたり、一般入賞口に入ったりして、もっと打ち出すことが大半です。


というのも、大当たりラウンド間で平均3個程度はロスをしており、大当たりが重なるたびに増えていくのです。

固定4Rだとすると12個、仮に当たりが10連チャンすると40回×12個=480個となります。

甘デジであれば、大当たり1回相当分、損をしなくていいのに損をしていることになります。

よって、大当たりのラウンド間に止めるだめでもかなり節約になることはおわかりになるでしょう。


ー大当たり中のひねり打ち(ワンツー打法)を実行するー



CR画像.3

まず、ひねり打ち(ワンツー打法)とは、アタッカーへのオーバー入賞を狙う技術です。

イメージとしては、アタッカーのカウント数のギリギリまで打ち込み、最後のカウント入賞で玉を多くアタッカーに入れる一つの技です。


例えば、8カウントの場合、まず7個をアタッカーに入れたら、1個目の玉スピードを抑え、2個目の玉を強く打つのです。

そうすることで、2つの玉の距離が近い状態でアタッカーへ向かうことで、結果的に玉が多く入りやすくなるわけです。

実行する上で、ハンドルの強弱の調整も必要となり、難易度が高い技術ではあります。

ただ、練習して慣れると、どんな機種でも容易に対応できるようになるはずです。


ー電チューの開放パターンと開放時間を見極めるー



CR画像.2


止め打ちを慣行するうえで、まず、電チューの開放時間とパターンを見ていく必要があります。

電チューの開放している時間は、主に1秒から長くても5秒程度で、いわゆる、ショート開放やロング開放といったりします。


また、電チュー開放パターンは、機種によって様々で、複雑なものもあり、難易度が高いものもあります。

例えば、スルーを玉が一発通過すると、「5回開放で1セット」や「ロングで1回開放で1セット」などです。

最近では、「5回開放で5個入賞したら、5回の開放を待たずに1セット強制終了」などというのもあります。


ですから、共通ではないために、解説というのは不可能でもあります。

ただ、基本的な考え方は、「電チューが開いている時は打ち出す」または、「電チューが閉まっている時は打ち出さない」というものです。


ー電チューサポートの開放に合わせて打ち込むー



CR画像.1

実際に打ち出す際には、打ち出しのタイミングがとても重要になり、特に最初の1発目の打ち出しが大切です。

このタイミングの取り方ですが、基本的には電チューのパカパカを凝視しながらタイミングを計っていることが多いです。


打ち出しのタイミングの例をあげると主に以下の通りです。


・電チューが開いたと同時に打ちだし

・電チューが閉まってから打ちだし

・電チューが閉まって一拍してから打ち出し



やや簡潔ではありますが、おおむね、上記の3つにて大半の機種が対応が可能ではないかと思われます。

<スポンサードリンク>

ー止め打ちの効果は機種や釘に依存ー



CR画像

止め打ちの効果があるかどうかは、機種や釘の状況に依存します。

ですから、やってみないとわからないということも大いにあるのです。


ある程度出玉面のゲージの構成を見て判断できる場合もありますが、効果がの有無に関わらず、やってみることが大切です。

というのも、やるやらないのメリットは雲泥の差があり、もし、やってみて効果があった場合、それはあなただけしか知らない超お得な情報にもなりえます。

なお、サイトやブログなどで、止め打ち手順が紹介されている場合もありますので、事前チェックしてからその機種を打っていくことも良いです。


ー止め打ち禁止している店ー



CR画像.5

いざ、止め打ちなどの技術介入を覚えて実践していると、お店の人に注意をされることがあるかもしれません。

実は、止め打ちを含めた技術介入全般を基本的にお店側は嫌っているのです。

なぜかというと、本来、出玉を削っているところなのに削られなかったり、増えてしまうと売上(利益)が落ちるからです。


お店にはその店のハウスルールというものが存在し、お店の特有のルールにおいて止め打ち禁止などにしているところも少なからずあるのです。

ハウスルールというのはほとんどのお客が見ていないですし、案内自体もわかりにくい場所に貼り紙していたりします。

万が一にでも注意をされた場合は、もめるだけ時間の無駄ですので、いさぎよく退き、金輪際行かないほうが良いでしょう。


ー風営法とハウスルールー



medarutigi.jpg

そもそも、業界は風営法により「パチンコパチスロは技術介入があるからギャンブルではない」と言い張ってきたのです。

つまり、止め打ちを含めて技術あってこそのパチンコであり、遊技なのです。


それなのに、ハウスルールで技術介入を禁止するというのは勝手で矛盾している話です。

お店ごとのハウスルールなどよりも風営法のほうがよほど守らなければならない規則です。

当然、お店側も理解しておかなくてはならないことですので、大半のお店は、パチンコを遊技としてお客の正統な技術介入には口を出しません。


ープロによくある出禁の理由ー



CR画像.2

止め打ちをしたがために、ひどい場合は、出入り禁止にされる場合もあるのです。

いわゆる、出禁ですが、実はプロたちが出入り禁止になる理由は、この技術の介入によるものが多いのです。

ここでもお店側は、「当店がプロとみなしたお客には出入り禁止とさせていただきます」という都合の良いハウスルールがあるのです。


お店側からの注意や警告を喰らった際においては、不本意で納得のいかないところも多いはずです。

しかしながら、上でも書きましたが、ケンカになっても何の得もなく、時間の無駄です。

よって、文句や言いたいことはあるかと思いますが、心の中で思いとどめてひきさがるようにしましょう。


ーまとめー



CR画像

技術介入によって機械割を上げ、勝ちやすくできるのですから、勝っているという人達の9割以上は実践しているのです。

また、これは、パチスロも同じことで、目押しも一つ技術なので、目押しができなければ子役を取りこぼしたり、ボーナスを揃えられなかったりします。


要するに、大当たりした時などのいわゆる、払い出しがある場面で小役やボーナスを揃えられなければ、無駄な玉やコインを使うことになり、それだけ損をしてしまうのです。

ですから、まずは損をしないようにするための技術介入という考え方が重要なのです。


止め打ちなどの技術介入は、勝ちやすくなり、できるようになると、また楽しいものですが、お店側からの注意を喰らう可能性も出てきます。

このような状況を避けるためにも、日常的に周囲の迷惑とならない基本的なマナーを守ることを前提にて、こちらから火種を作らないようにして行うと良いでしょう。

<スポンサードリンク>


この記事と関連する記事

パチンコの止め打ちは意味や効果があるの?【徹底解説】やり方と技術介入をおこなう際の注意点

スレッドテーマ : パチンコ・パチスロ日記 ジャンル : ギャンブル

(2)TB(0)

AFTER「パチンコ攻略法はあるの?ないの?【解説】本物かどうかを見分ける決定的なモノ

BEFORE「貯玉を増やす方法とは?【教訓】「貯玉12万発がなくなった」と嘆く友人から学ぶ

COMMENT

  • No.1503

    これは気になってました!

    実際自分も出禁まではいかないまでも注意は何回か受けてるので顔認証で登録されて警戒とかされてるのかなとか思ってました。
    実際にはあの人よくみといてねー。とかだけかもしれないし特に何もないかもしれないですけど証拠もなにもないですからねぇ。

    投稿者:ガッツ 2018/09/05 (水) 21:40
  • No.1504 Re: ガッツさん

    どもですm(__)m

    やはり、経験ありますか。

    注意ってことはもうやるなってことですし、

    そういう人お断りってことでもありますからね。


    とりあえず、なんともないですが、

    実際に顔認証システムって導入してるのかどうかすら、わかりませんよね。

    まぁ、だいたいにして特徴とかで、店員やチェーン店などで顔を覚えられるでしょうし、

    田舎はとくにこんなバカ高い機械も必要ないかもw

    投稿者:どぉあん 2018/09/06 (木) 19:57

MESSAGE

非公開コメント

Top