甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

厳しい環境(秋田県在中)で勝ち抜くため、勝ち続けるためのすべてをお送りします。(最新機種情報、鉄壁の稼働etc)





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサードリンク>




2018 07/26

CR吉宗4天昇飛翔の極 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率

CR画像.4

本日の新台は吉宗4の甘デジになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


本機は、1種2種混合機であり、非確変搭載機タイプとなっています。

ただ、2回、10回の短い電サポが存在し、
その間に実質1/10程度の抽選を受けるというものです。

かすかな電サポ回数ではありますが、
「電サポ2回+残り保留4個」および「電サポ10回+残り保留4個」とそれなりに連荘にも期待できそうです。




<スペックボーダーラインに関して>

まず、ヘソ賞球4個となっています。

平均連荘は2.9連程度と悪くはないと感じますが、
大当たり賞球が5個と小さく、やや弱い部分も見受けられます。

ただ、その辺を加味しても、全体としてはそこまでスペックは悪くないと思われます。

よって、これらを加味した総合的なボーダーラインは標準からやや甘めの印象と言えます。


<大当たり中や電チューサポート時に関して>

当機は右打ち機ながらも電チュー戻しは1個のため、
電サポ中にて、ボーダーラインの底上げは不可能となります。

電サポに関しては、短いですが、だからとうちっぱなしにするのではなく、
保留を埋めるとともにきっちり消化していくべきです。

また、大当たり中はアタッカー賞球5個と最小値ですが、
オーバー入賞を敢行し、少しでも底上げを図っていくようにしましょう。

総合的にみれば、最近の台にしてはマシなほうのスペックだと思われますが、
出玉の増減によるボーダーラインへのそれなりに影響も大きくなりますので注意が必要です。

よって、アタッカー賞球が小さく、釘調整の影響をうけやすくなり、
出玉をけずられやすくなっていることも覚えておきましょう。

あらかじめアタッカー付近の釘チェックを重点的に行いつつ、
台選択をすべきかと感じます。


出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、19.0回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得42個)

推定相場 1Rあたりの獲得40個 20.0/千円


実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。


<スポンサードリンク>







<基本スペック>
■大当たり確率 1/99.9(実質1/10.5)
■確変突入率 非搭載
■時短 電サポ2、10回
■賞球 4&1&3&V9&AT5
■カウント 10C
■大当たり振り分け

ヘソ
6R(時短10回):5%
6R(時短2回):95%

電チュー
14R(電サポ10回):100%


■大当たり出玉
14R:560個
6R:240個


<攻略スペック>
■トータル確率 1/36
■当数1回辺りの平均出玉 450個
■千円辺りのボーダーライン
4.0円…20.0回
3.5円…20.8回
3.0円…21.6回
2.5円…22.6回
※持ち玉比率70%時
消費税3%負担で上記数値に×1.03
(1円パチンコは上記数値×4)

関連記事:「大当たり確率と抽選の仕組み」数学的根拠から始まるパチンコ正攻法!
関連記事:パチンコ屋はなぜ儲かるのか?お店が儲かる仕組みを知る

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



<スポンサードリンク>



この記事と関連する記事

CR吉宗4天昇飛翔の極 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率

スレッドテーマ : パチンコ・スロット新台情報 ジャンル : ギャンブル

(0)TB(0)

AFTER「ボーダー理論を実践しても勝てない?期待値の意味と重要である理由

BEFORE「パチンコで連敗が止まらない?スランプを脱出する重要なポイントと分かれ道

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント





Top