甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

厳しい環境(秋田県在中)で勝ち抜くため、勝ち続けるためのすべてをお送りします。(最新機種情報、鉄壁の稼働etc)





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサードリンク>




2017 12/04

CRリング終焉の刻 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率(追記:止め打ち方法)

CR画像.2

本日の新台はリング終焉ノ刻の甘デジになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本機は、60%で確変に突入し、94回限定のSTタイプとなっています。

大当たりの種類が2種類で、総合的にも収支の荒れる要素も少なく、安定した展開が望めそうです。


<スペックボーダーラインに関して>

まず、ヘソ賞球4個となっています。

平均連荘は2.5連程度と悪くはなく、いっぽうで出玉面は賞球というよりも大当たり振り分けに弱さが見られますが、全体としてそこまでバランスも悪くはないと感じます。

よって、これらを加味した総合的なボーダーラインは標準~やや辛目の印象と言えます。


<大当たり中や電チューサポート時に関して>

当機は右打ち機ながらも電チュー戻しは1個のため、長期的についてくる電サポ中にて、ボーダーラインの底上げが不可能となります。

初心者の方は出玉の現状維持~微減となるように、少しでも工夫しながら消化していくようにしましょう。

前作同様で少なくとも電サポ終了後に、上皿の玉が目に見えて減っていくような台は、続行しないようにしなければなりません。

さらに、大当たり中はアタッカー賞球10個と小さいながらも、唯一のアドバンテージを得る機会となりますのでオーバー入賞を狙っていきたいところです。

出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、19.5回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得81個)

推定相場 1Rあたりの獲得75個 21.1/千円


実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。


<スポンサードリンク>







<基本スペック>
■大当たり確率 1/99(1/90)
■確変突入率 60%
■時短 50、94回
■賞球 4&1&6&8&10
■カウント 9C
■大当たり振り分け

ヘソ
5R確変(電サポ94回):60%
5R通常(電サポ50回):40%

電チュー
16R確変(電サポ94回):15%
5R確変(電サポ94回):85%



■大当たり出玉
16R:1200個
5R:375個

<攻略スペック>
■トータル確率 1/38
■当数1回辺りの平均出玉 450個
■千円辺りのボーダーライン
4.0円…21.1回
3.5円…21.9回
3.0円…22.7回
2.5円…23.7回
※持ち玉比率70%時
消費税3%負担で上記数値に×1.03
(1円パチンコは上記数値×4)

※電サポ中の止め打ち方法

開放パターンは、1つでロング開放となります。
止め打ちは、電チューが開いたら5~6個打ち出し繰り返しで、対応できます。



関連記事:「大当たり確率と抽選の仕組み」数学的根拠から始まるパチンコ正攻法!
関連記事:パチンコ屋はなぜ儲かるのか?お店が儲かる仕組みを知る

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



<スポンサードリンク>



この記事と関連する記事

CRリング終焉の刻 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率(追記:止め打ち方法)

スレッドテーマ : パチンコ・スロット新台情報 ジャンル : ギャンブル

(0)TB(0)

AFTER「CRアナザーゴットハーデス(1/199) ライト スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率ID:2pnwqt

BEFORE「CR銭形平次withでんぱ組(1/99) 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント





Top