甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

厳しい環境(秋田県在中)で勝ち抜くため、勝ち続けるためのすべてをお送りします。(最新機種情報、鉄壁の稼働etc)





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサードリンク>



2019 03/05

パチプロがオススメする機種やホールでの立ち回りのコツはありますか?

CR画像.3

「プロや上級者から見て、おすすめ機種はありますか?」

たびたび、このようなご質問を、ちょうだいすることがあります。


勝つためには、機種選びは、とても重要ですし、そこには、かなり切実な思いがあるのではないかと思います。

ただ、基本として、パチンコで勝つことや勝ち続けることは、”釘が良い台を継続して打つことのみ”です。


よって、ホール内にある台の釘の状況が一番の問題であり、

機種では選べないので、じつは、この答えがものすごく難しいのです。

そんな中でも、なるべく問いにそえられるように、ベストな立ち回りを考えていきたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーおすすめする機種がプロがよく打つ機種でもあるー



1497693386274.jpg

自分のおすすめ機種が、その人にとっては、全く使えないこともよくあるのです。

なぜかというと、環境や打ち手の技量などが全く違うからなのです。


しかしながら、この狙うべき機種の方向性としては、おおむね、プロたちがよく打つ機種と言っても良いでしょう。

プロが目を付ける機種というのは、期待値が得られやすい機種でもあるので、同じ機種によっていく傾向もあるのです。

つまり、それは、率直に勝ちやすい機種とも言えるのです。


ーおすすめする機種や台とは?ー



1504607732359.jpg

では、具体的にどんな基準で機種を選んでいけばいいかというと、それは、「ボーダーラインの甘い機種」です。

初心者の方は、ボーラーインを確認したうえで、このような機種を狙っていくことが重要だと考えています。


スペックダウンが目立つ近年ですが、その中でも、甘い機種というのは存在しています。

このようなタイプの台を狙っていくと、期待値が得られやすくなり、結果として、勝ちにつながることも多いのです。


ー電チュー優先消化機種と保留8個機種ー



CR画像.3

なお、機種選びの際は、以下のタイプも良いと思います。

・保留8個の機種

・電チュー優先消化の機種



上記の機種であれば、総合的に、ほかの機種よりも多くプレイ数を回せることにつながります。

よって、初心者の方などは、このような台を選んで打っていくと良いと思います。

細かいところですが、細かい積み重ねで、他人との差をつけていくことも大事なことなのです。


ー時間効率の良い機種(スピードのある機種)ー



CR画像.3

また、パチンコは、機種ごとに回せるスピードが違います。

代表的には、海物語シリーズやドラムタイプなどは、スピードの速い機種となります。


なぜ、速くて有利かというと、はずれリーチの無駄な引っ張りや演出の複雑さなども少ないからです。

その分、ほかの機種よりも、時間辺り多く回せることになります。

つまり、それだけ大当たりが得られやすくなると言えるのです。

<スポンサードリンク>

ーパチプロの立ち回りとは?ー



1518344381485.jpg

機種選択とともに、プロの立ち回りも参考になればと思います。

プロは基本的に、ジグマスタイル(1店舗集中型)で稼働している人が多いです。


で、具体的にどうやっているのかというと、重要なことは以下の3つです。

「ホールを1店舗探すこと」、「そのホールで1機種を探すこと」、「1機種の中で1台を探すこと」

この1台を軸にまず、しばらく打っていき、貯玉を作ったり、資力を増やしていったりするのです。

ざっくりいうと、第一に得意な機種や打ち慣れた機種を作ろうということです。


ー初見やブランクのあるホールの立ち回りー



1487550779741.jpg

みなさんも初見のホールやブランク期間が開いたホールへ行くこともあるかと思います。

この場合の機種選びで、あちこち無鉄砲に試し打ちなどを繰り返していては、

負債ばかりが積み重なったりして、お金が無駄になってしまいます。


このような場面で、重要なことは、「自分の得意な機種」や「自分が打ったことのある機種」から優先的に選んでいくことです。

初見のホールは当然ながら、状況も把握できていませんので、基本的には、知らない機種は避けるべきでしょう。

もし、打ったことがない台で、打てそうだと感じたなら、携帯やスマホでも機種情報は、事前に調べてから打つようにしましょう。


ー釘読みはなるべく良いと感じる台を選ぶことー



CR画像

機種を選び、台を選ぶ際には、釘を確認するとともに、神経質にならず、感覚的なもので良いです。

とにかく、「なんだか、この台が良さそうだなぁ」と感じる台を選んでいくようにしましょう。


なお、釘の判定がまったくできない段階の人は、試し打っていくしかありません。

決して、試し打ちがダメな行為ではありませんが、できるだけ少ない投資金額で見切っていくためにも、

玉の動きや玉の流れに注目して見ていくと良いでしょう。

また、初動の感覚としても、なんだかパッとしなかったり、いまいちだと感じた場合は、やめても良いです。


ーまとめー



1489574582495.jpg


今回の議題をまとめると、おすすめ機種と立ち回りをからめて、

「ボーダーラインの甘い機種を重点的にホール、機種、台を厳選していき、自分の得意な機種を作って勝ちを積み上げていくこと」

が、一番ベストなプロセスなのではないかと考えています。


ただし、根本として、釘調整や機種などを含み、とりまく環境は、めまぐるしく変化しています。

よって、機種などにとらわれず、その場所やその時に一番良い台を打つことが大切です。


逆に言えば、機種などに関わらず、「釘の良い台ならば、なんでも打てるようになること」が重要でもあります。

すなわち、自身をとりまく環境に適応することが一番大切だと言えるでしょう。

<スポンサードリンク>


この記事と関連する記事

パチプロがオススメする機種やホールでの立ち回りのコツはありますか?

スレッドテーマ : パチンコ・パチスロ ジャンル : ギャンブル

(0)TB(0)

AFTER「仕事量、期待値、単回転収支(回転単価)の計算、算出方法

BEFORE「甘デジで3万円負けは、「大敗レベル」と言えるのであります

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top