甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

厳しい環境(秋田県在中)で勝ち抜くため、勝ち続けるためのすべてをお送りします。(最新機種情報、鉄壁の稼働etc)





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサードリンク>




2017 12/16

CRダーカーザンブラック(1/88) 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率

CR画像.1

本日の新台はダーカーザンブラックの甘デジになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本機は、60%で確変に突入し、次回まで継続する確変タイプとなっています。

出玉無し確変を含んでの確変突入率が6割程度ですが、悪いほうに偏れば、出玉や電サポも少量で終了することで、ここが一つの展開を左右する山となるでしょう。、

また、初当たりで確変を引いた場合は48%が電サポ20回確変となり、確変潜伏となります。

打ち手としては確変を捨てないようにする反面、場合によって逆に潜伏狙い機種ともなりえますので、この辺も注目をしておきたいところでしょう。

全体を見ても、初当たり確率が1/90を切っており、甘デジとしても当たりやすくなっていて、安定性も高いと感じます。


<スペックボーダーラインに関して>

まず、ヘソ賞球4個です。

平均連荘は3.0連程度と良いほうで、で出玉面は賞球9と7カウントとありますが、全体的なスペックとしてはそこまで悪くないと思います。

ただ、冒頭にも書きましたが、確変を引いてもヘソでプレイを消化していく割合が高く、ボーダーラインも多少辛目に算出する必要がありそうです。

よって、これらを加味した総合的なボーダーラインはやや辛目の印象と言えます。


<大当たり中や電チューサポート時に関して>

電チュー戻しは1個のため、中規模の電サポ中にて、ボーダーラインの底上げの不可能となります。

次回確変機として、確変中の確率をみても、50~100回程度のはまりなら日常的にあり得る範囲です。

この間は出玉の現状維持~微減となるように、少しでも工夫しながら消化していくようにしましょう。

さらに、大当たり中はアタッカー賞球9個と小さいながらも唯一、のアドバンテージを得る機会となりますのでオーバー入賞を狙っていきたいところです。

なお、出玉の獲得状況により、ボーダーラインへの影響は大きくなりますので、釘調整のチェックはもちろん、出玉を重視しながら続行や撤退の判断をすべきでしょう。

出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、19.8回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得56個)

推定相場 1Rあたりの獲得50個 22.3/千円


実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。


<スポンサードリンク>






<基本スペック>
■大当たり確率 1/88.56(1/48.55)
■確変突入率 60%
■時短 電サポ20回
■賞球 4&1&3&9
■カウント 7C
■大当たり振り分け

ヘソ
16R確変(電サポ次回):1%
4R確変(電サポ次回):6%
4R確変(電サポ20回):48%
出玉無確変(電サポ次回):5%
4R通常(電サポ20回):40%

電チュー
16R確変(電サポ次回):50%
4R確変(電サポ次回):10%
4R通常(電サポ20回):40%

■大当たり出玉
16R:800個
4R:200個

<攻略スペック>
■トータル確率 1/29
■当数1回辺りの平均出玉 325個
■千円辺りのボーダーライン
4.0円…22.3回
3.5円…24.1回
3.0円…24.9回
2.5円…25.9回
※持ち玉比率70%時
消費税3%負担で上記数値に×1.03
(1円パチンコは上記数値×4)

関連記事:「大当たり確率と抽選の仕組み」数学的根拠から始まるパチンコ正攻法!
関連記事:パチンコ屋はなぜ儲かるのか?お店が儲かる仕組みを知る

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



<スポンサードリンク>



この記事と関連する記事

CRダーカーザンブラック(1/88) 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率

スレッドテーマ : パチンコ・スロット新台情報 ジャンル : ギャンブル

(0)TB(0)

AFTER「【実践・収支】甘デジ牙狼からガンダムへ!愛しさと潔さと粘り強さと!シャレにならないおしゃれなブログ

BEFORE「CR真・花の慶次 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント





Top