甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

厳しい環境(秋田県在中)で勝ち抜くため、勝ち続けるためのすべてをお送りします。(最新機種情報、鉄壁の稼働etc)





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサードリンク>




2018 11/14

ボーダー理論の甘い罠?初心者や勝てない人が誤解するボーダーライン

CR画像.5

「ボーダーライン以上の台を打っているのですが、

なかなかプラス収支になりません。」


パチンコで勝っていく上で「回る台を打ちましょう」ということは、

初心者の方でも、もはや周知のことだと思います。


しかし、その通りに打ったところで、収支がついてこないという悩みも、また多いわけです。

これは、もしかすると、単純に運が悪いとばかり言えない可能性もあるのです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ー期待値と実収支の関係ー



CR画像.1

通常であれば、釘の良い台を継続的に打っていければ、

それだけプラスの仕事量(期待値)を日々積み重ねることができます。

そして、推移もグラフのように右上がりになるでしょう。

さらに、それを沿うように実収支もジグザグしながら、

右上方向に向かうことになります。


単純に、これだけでもわかることは、

”長期的には少なくともマイナス収支になる可能性はきわめて低い”

と言うことです。


ー一般的に、パチンコは負けて当然ー



CR画像.1

一方で、一般のパチンコユーザーは、

適当に打っているので、右上方向に向いていません。


一時的に大きく勝ったとしても長い目で見れば、収支がプラスにならず、

逆に右下方向に向かう可能性も高くなっているのです。

ようするに、一向にプラス収支にならないということは、

期待値をきちんと得られていない可能性が高いのです。


ー初心者や中級者に多い出玉把握ミスー



CRネタ

「ボーダー以上回っているからOKだ。出玉の詳細は不明」

回る回らないというのは把握し、計測しているが、

出玉把握については、無頓着になっている人も多いのです。

じつは、この”出玉の詳細”がとても大事なのです。


具体的には、可能であれば、「何個取れているのか?」まで把握しておく必要があります。

11個か12個という1個単位とまでは言いませんが、

10個、20個とせめて数十個単位までは、計測して把握しておくべきだと考えています。

パチンコを回る回らないだけで判断していた場合は、

あなたの思っているボーダーラインは、真のボーダーラインではない場合も多々あるのです。


ーボーダーラインのおさらいー



gurahu-bo-da1.jpg

そこで、くどいようですが、「ボーダーラインって何?」ってところにさかのぼってみます。

ボーダーラインとは、損益分岐点のことです。

何も難しいことはありません。


トータル確率÷(平均出玉×4/100)=ボーダーライン

この式を見てもわかる通り、

まず、先に出玉が分からなければ、ボーダーラインは分かりません。

投資と還元の分岐点ですから、当たり前ですけど、

先に、還元(出玉)の部分が存在しなければ成り立ちません。

つまり、イコールとして、出玉も把握しなければならないことにもなるのです。

そして、この出玉はホール毎の釘調整によって変わります。


出玉把握については、現在ラウンドが複数あることからも、

「1R辺りの獲得出玉がいくつか?」を見ていくというのが主流でしょう。


<スポンサードリンク>




ーボーダーラインの罠に落ちないためにー



CR画像

現状で、ある程度はスタートを回すようにしているけれど、

出玉は大きく削っているといったお店も少なくありません。

ボーダーラインを中途半端にしていると、

このようなお店の罠にも、はまってしまうことにもなるのです。

そんな誤解や思い違いをしないようにボーダーラインの罠に落ちないために、

覚えておいてほしいこととしては、以下のようにとらえておくと良いと思います。


「獲得出玉○○個時のボーダーラインは○○だ」

(例)1R辺りの獲得出玉が80個だから、この台のボーダーラインは18回/千円だ


このようにとらえ、考えていくと誤解もないのではないかと思いますし、

むしろ、こちらのほうがボーダーラインの正しい言い方となるでしょう。


ー打つべきボーダーラインの理想ー



CR画像.2

さて、ボーダーラインと言っても、どの程度を目指し、理想とするべきでしょうか?

当然ながら、ボーダーライン(損益分岐点)の台は収支がゼロ円ですので、

ボーダーライン程度の台を打ち続けていては意味がありません。

ゆえに、ボーダーラインを越えている台を打つことで、初めて利益が見込めるわけです。


また、これは、ただボーダーラインを越えていれば良いということでもなく、

期待収支のレベルも大切になってきます。


ーボーダーラインから+3以上を目指そうー



1539162227436.jpg

大半の方が資金が潤沢にないと予想される中でわかりやすくいうと、

ボーダーラインでプラス3回転の台を、まずは目指していくべきと考えています。

回転効率/H(1時間辺り)…時間差玉(4円時給)

・160/H…352個(1408円)
・170/H…374個(1496円)
・180/H…396個(1584円)

あくまで目安にすぎませんが、だいたい、時給1000~1400円程度になってきます。

この辺がやっと形になってくるのかなと思います。


また、実践の中ではこれらの数値に対して、

微妙なところを推移する場合も多々あるかと思います。

その際は、自分の決めたラインに落ちるまでは、下手に台移動を繰り返し、

打ち散らかしてしまうよりは、打ち続けるほうが賢明な選択でしょう。


ーまとめー



CR画像.1

最後に、ボーダーラインというものを短期的に見ている人がとても多いです。


「回る台打って1000ハマリ喰らって負けた」

「釘の良い台を打って単発ばかりでマイナス収支」


こんなことは、終日などでは、よくある光景です。

こういった日々の実践を数十回、数百回と続けていくことに意味があるのです。


理論とは、そもそも長期的に見るべきものです。

逆に言えば「短期的に見てはいけないもの」だと言えます。

もし、短期的に見てしまえば、「ボーダーなんか通用しない」といった上記のような結論に至ってしまうでことしょう。

それこそが、初心者などに起こり得る大きな罠と言えるのかもしれません。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



<スポンサードリンク>



この記事と関連する記事

ボーダー理論の甘い罠?初心者や勝てない人が誤解するボーダーライン

スレッドテーマ : パチンコ・パチスロ ジャンル : ギャンブル

(2)TB(0)

BEFORE「パチンコ屋はなぜ儲かるのか?お店が儲かる仕組みを知る

COMMENT

  • No.1395 管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    投稿者: 2017/10/08 (日) 22:39
  • No.1396 Re: タイトルなし

    メッセージ&ご指摘ありがとうございますm(_ _)m

    初歩的なミスをしてしまいましたねw

    修正をいたしました。

    今後もどうぞ、よろしくお願い申し上げます(^^ゞ

    投稿者:導★案♪ 2017/10/09 (月) 18:20

MESSAGE

非公開コメント





Top