甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

厳しい環境(秋田県在中)で勝ち抜くため、勝ち続けるためのすべてをお送りします。(最新機種情報、鉄壁の稼働etc)





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサードリンク>




2018 08/05

正月やGW(ゴールデンウィーク)、お盆期間のパチンコは負けるのか?休日で勝つためにすべきこと

CR画像.1

「長期連休でのパチンコは負ける!」

もしかして、あなたはこのように決め込んでしまってはいないでしょうか?

長期連休といえば、正月、お盆、GWが三大連休期間と言われています。

こういった特別な時期にパチンコで勝負をすると負けるというのが、
私たちの定説になっていますが、その真意はいかがなものでしょうか。

ただ、現代では、ほぼ関係なくなっていると言え、こういった時期でもちゃんと正しく立ち回ることで、結果を出すことは十分に可能だと考えています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーなぜ、休日は負けるセオリーが根強いのか?ー

CR画像.4

カレンダー掲載通りの休日と言うのは、
当然ながらほっといてもお客が集まりやすくなります。

よって、黙っていてもお客が来店する日や時期というのは、
集客に力を注ぐ必要がうすくなります。

そうなると必然的にパチンコは釘を開けたり、
スロットは高設定も使用する意味も薄くなってしまいます。

このような意味では連休でなくとも、
毎週の土日に対しても同じことが言えるでしょう。

いわゆる、これらの理由から「長期連休や土日は回収だ」とのセオリーが語り継がれてきました。

しかしながら、これはただ、「平日よりもお客がたくさん来る」ということに過ぎないのですし、
現代においてはこのセオリー通りというわけでもないでしょう。


ー現代では、連休と平日の差がなくなっている?ー

sulo.jpg

現代において、ホールによっては、釘を開け戻すこともなく、
万年締めっぱなしという状況も珍しくありません。

「平日や休日でお客の数は変わっても、ホール側の姿勢は変わらない」

とくに地方ではこのような光景が多くなっているとも感じます。

よって、メリハリが無くなった昨今では、比例してユーザーの勝ち負けに対しても休日や連休などの差はほとんど無いに等しいのではないかと思います。

ですから、「日曜日だから回収だ」、「年末年始だから回収だ」というほど目に見えた差はなくなっており、
体感としてもこの辺は”ほぼ関係なくなっている”と言えるでしょう。


<スポンサードリンク>




ー万年釘にもメリットはあるー

1484525374158.jpg

いっぽうで、視点を変えれば、
万年釘のホールであれば、土日も関係なく、釘がそのままの状態ということもよくあります。

これにより、わたしたちは日を選ばなくても良いメリットもでてきます。

自身の休日や時間が出来た日に(通常で考えられる休日の日)にしっかりと立ち回れば、
結果を出すことも十分に可能にもなるのです。

ただでさえ、条件や制約がつきものなパチンコにおいて、
自分自身の都合が通るということは、非常に良いことで、嬉しいことなのです。


ー連休や休日で勝つためにー

1476148156073.jpg

そして、これらを踏まえて、勝つためにはどうするのがベストかというと、
それは、「いつも通りの立ち回りをすること」だと思います。

「連休や土日がどうだ」という周囲の言葉に流されず、
自身の目で確認して、自身の勝てる立ち回りをいつも通りに実施することが大切でしょう。

なお、具体的には平日などの少しの時間の時は、
極力ホールや機種の下見やリサーチなどに使用すべきです。

そして、狙い台を絞り、休日に朝から打っていくというのがベストだと考えます。

もし、この連休になって、「釘が締まっている」、「設定は無さそう」と判断したならば、
「土日や連休は締めるホール」との結論等、得るものがありますし、次回に生かせば良いだけです。


ー運任せでやる習慣を捨てようー

HI3B1955.jpg

その日の運に任せて、パチンコをしている方というのは危ないです。

この還元と回収も自分の勝ち負けだけに関連つけてしまうので、
おそらく、散々打って負けたあとに「回収だ」といった結論になります。

かといって、連休や休日は行かないように自制できるかといえば、難しいとも思います。

このようなタイプの方は、
日常的な習慣や考え方を改善する必要があります。

「勝ち負けはこの土日や連休とは関係ないところにある」

このような考えをもって、運任せでは打たず、まずは、いろいろチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


ーまとめー

1454894711875.jpg

パチンコ屋というのは利益を得なければなりません。

ゆえに、釘を締めることや低設定でお客を遊ばせることが仕事です。

このように考えると、
本来は常に回収(毎日回収)でもあるです。

そして、同時にユーザー側に視点を移すと、
”勝つことは常に厳しい環境下にある”ということにもなります。

この辺ははるか昔から言われていることでもあり、周知のことでしょう。

日曜日や祝日でもなんら変わらない立ち回りをすることは、
つまり、周囲の流れに動じない自分のいつも通りの行動をすることでもあります。

また、それは、勝ち続ける上でルーチン化した自分のルールを守るといったことでもあるので、
ぜひ立ち回りに生かしていただければと思っています。

関連記事:パチンコパチスロは心理戦でもある!ホール攻略は環境に適応すること

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



<スポンサードリンク>



この記事と関連する記事

正月やGW(ゴールデンウィーク)、お盆期間のパチンコは負けるのか?休日で勝つためにすべきこと

スレッドテーマ : パチンコ・パチスロ ジャンル : ギャンブル

(0)TB(0)

AFTER「パチンコのビギナーズラックとは?「最初は勝てる」は遠隔のおかげ?

BEFORE「マラソン金メダリストの高橋尚子さんがパチンコ依存症?あなたもギャンブル依存度をチェックしてみよう!

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント





Top