甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

設定付き含め、甘デジ中心に実践しているブログです。鉄壁の立ち回り!年間収支負けなし!これを読めばあなたもパチプロ級の腕前になれる!





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサーリンク>



2019 08/14

パチンコは勝ち逃げするべき?粘るべき?【解説】100回実践した時に勝っていることが重要

CR画像.3

「終日の勝負で、一時的にプラス収支になっても、結局、出玉が飲まれてマイナス収支になることがよくあるんです。」

これは、パチンカーにとって、よく経験する現象であり、けっこう深刻な悩みだと思います。

せっかくプラス収支だったのに、やがてマイナス収支に転落してしまうと、すごい負けた感覚と同時に、疲労感もどっとわき起こってくるものです。


果たして、こんな場面で、わたしたちは、どうすれば良いのか、また、どうすることがベストだったのでしょうか?

そこで、今回は、勝ち逃げ考え方や行動、そして対処対応策を解説していきたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ー勝ち逃げをするべき?粘るべき?ー



CR画像.1

「プラスだったあの時、辞めて勝ち逃げしてれば良かった…。」

人間の心理として、あとあとに大半の人がこのように思うところでしょう。

それでは、「勝ち逃げをしていたほうが良かったのか?」というと、それは、残念ながら結果論に過ぎないのです。

つまり、結果が出た後では、なんとでも言えてしまうということなのです。


また、この手の話というのは、もっと飛躍した話をしてしまうと、その日、大負けした場合には、「今日は、行かなきゃよかった。」などと、悔やむこともあるはずです。

なにしろ、わたしたちは神様でもありませんので、未来は予測が不可能なのです。


結論から言うと、”釘の良い台なら粘るべき”だと言えます。

なぜなら、打てば打つほどプラス収支が積み重なる台だからです。


ー勝ち逃げをしたいが勝ち逃げができないー



katimori-ipai.jpg

粘るべきとはいうものの、実は私たちは心理的に勝ちを確保したいため、どうしても勝ち逃げを優先したくなるのです。

実際に、連チャン後すぐにやめ、交換してしまう人が多いのもそのためなのです。


ですから、「粘ってしまい、悪い結果になった場合はなぜ、あそこで勝ち逃げができなかったんだ」と悔やむことも多いはずで、「欲を出さなきゃよかった」などと思ったりもするはずです。

しかしながら、根本として粘ることは、欲を出して続けることではないのです。


つまり、粘るにしても勝ち逃げするにしても、感情論や結果論ではなく、数値的な根拠で判断することが重要です。

そのためにもあらかじめ、立ち回りの目的や目標を定めておく必要があるでしょう。


ー勝ち逃げと粘ることはどちらが正解?ー



1539162214311.jpg

どちらが正解とも言えない理由には、続行して逆に出玉が飲まれずに、さらに、プラス収支が伸びる場合もあるからです。

そうすると、「やっぱり打ち続けていて良かった!」とも、当たり前のように思うわけです。

また、負債を抱えたマイナス収支から挽回して、プラス収支になったときも同じように思うはずです。


これはどちらが正解かどうかというよりも、打ち手の都合と気分の問題でしょう。

一般的には、勝ちクセをつけることも大事なのではないかと思いますし、間違っているわけではないでしょう。


ただし、勝ち負けの結果がすべてなのも確かではありますが、結果論だけしか見ていなければ、大きく振り回されてしまいます。

また、このようなことを繰り返していると、やはり、肉体的にも精神的にも疲労は蓄積してしまいます。


ーパチンコは、基本的に「粘ること」が大切ー



CR画像.2

何度も書いていますが、パチンコで勝つこととは、「長い目で大きな勝ち(利益)を出すこと」であり、

これがなによりの一番の目標だと言え、終日など一時的な勝ちを得るためではないのです。

また、「続行して、収支がさらに伸びることがある」とあるように、収支を伸ばすために大切なことなのです。


ただし、個人的には、精神的モチベーションの低下がひどいのであれば、一時的には、勝ち逃げしても別にいいと思います。

しかし、この行動が収支や勝敗の根本的な解決になるかというと、それは違います。

むしろ、ここにこだわってしまうのも、ちょっと危険だと考えています。


ー継続する以上、勝ち逃げはないー



CR画像.5

そして、長い期間で利益を出すことや収支を伸ばすために、欠かせないのは言うまでもなく、”継続性”となります。

この継続において、今日の勝ち逃げをしたところで、次回も打つことを考えれば、本当の勝ち逃げではないのです。


たまたまうまくいくときもあるでしょうが、ただ行く回数で区切っただけの継続は、間違いでもあり、収支を伸ばすことは不可能だと言えます。

つまり、収支を伸ばすためには、勝ち逃げのクセではなく、粘るクセをつけることが重要なのです。

むしろ、収支を伸ばすどころか、「なかなか勝てない」といった事態にもなりかねないのです。

<スポンサーリンク>

ー勝ち逃げの意識がパチンコを勝てなくする?ー



CR画像.1

「パチンコは、お金よりも玉で打ち込むこと(粘ること)」

交換率の差があるホールが大半を占める中、上記が有利な勝負であることは、言うまでもありません。


もし、このようなホールで、勝ち逃げばかりを意識し、繰り返してしまうとどうなるでしょう。

「現金投資→すぐ出玉交換→現金投資」

といった、玉で打ち込むこととは、真逆の傾向になり、繰り返してしまうことになります。

なにより、致命的なことに、せっかくの優良台を早々に手放していることが大問題でもあります。


ー目的や目標を気分で変えないことー



1479081995345.jpg

昨今の設定付きパチンコには、パチスロ同様に設定示唆演出があります。

「勝ち逃げを意識している方々は、打ち出してすぐに、設定6の示唆演出が確認できても、すぐ捨てるのでしょうか?」

勝ち逃げなどせずに時間の限り粘る人がほとんどではないでしょうか。


設定6を捨てるなどという行為は、勝てるチャンスを自ら放棄しているといっても過言ではなく、目的や目標を見失っていると言えます。

粘ることを前提に、苦労して勝てる可能性の高い釘の良い台や高設定台を厳選しているはずです。

本来の目的をその場の気分で変えたりしている人も多く、本来の目的目標を見失ってしまうことが一番の問題でもあります。


ー本来は、勝ち逃げと負け逃げの繰り返しー



okanemoukaru.jpg

冷静に考えてみると、パチンコはもとより、ギャンブルや投資は、総じて、”勝ち逃げと負け逃げの繰り返し”だと言えます。

また、「昨日は10万円勝った」や「牙狼で5万発出た」などもあるように、大勝ちや大負けの繰り返しでもあるでしょう。

その過程で、大きく勝って逃げる、小さく負けて逃げるが鉄則でもあるわけです。

そのためには、結果論ではなく、中身の今回の実践では、正しい行動ができていたかどうか?をしっかりと見ておく必要があるかと思います。


もし、それらを無視したうえでの結果であれば、残念ながらそれは、”ただのギャンブル”になってしまいます。

じつは、パチンコで勝ち続けている人は、ここをとてもよく見ていて、洞察しているのです。

何を言いたいかというと、短期的には過程が大事であって、収支ではないということなのです。


ーまとめー



ruretokazino.jpg

「一時的な勝ちで良いのか?」「トータル的な大きな勝ちが欲しいのか?」

勝ち逃げすることと粘ることの是非は、打ち手の意思次第でしょう。


「釘が良いからと粘ったら、ハマってその分だけ負ける」

中には、このような意見も多いですが、その実践が何十回、何百回となった場合は、そうはならないのです。


パチンコの本当の勝ちや勝ち方とは、目的や目標を考えれば「粘ること」です。

ですから、「時間までこの台で心中する」、「時間の限り粘り倒すんだ」というゆるぎない精神を忘れず、意識し、養っていくことで、収支も大きく飛躍すると私は思います。

”目の前の小物を釣ろうとしてばかりでは、大物は釣れない”

この言葉があるように、そして、終日の数万程度の勝ちよりも、トータル収支で数十万や数百万のほうを目指すべきでしょう。


<合わせて読みたい記事>
ユーザーの9割が抱えている出玉を飲まれる恐怖感!パチンコとプロスペクト理論
パチンコって結局のところ、最後にお店が勝つんじゃないの?ギャンブルで勝つための法則

<スポンサーリンク>


この記事と関連する記事

パチンコは勝ち逃げするべき?粘るべき?【解説】100回実践した時に勝っていることが重要

スレッドテーマ : パチンコ・パチスロ日記 ジャンル : ギャンブル

(4)TB(0)

AFTER「パチンコパチスロ(ギャンブル)のからくりとは?【解説】9割の人が勝てない本当の理由

BEFORE「最新ホルコンを攻略するのも真のプロ?【解説】攻略において絶対に覚えておくべきモノ

COMMENT

  • No.1496

    大きく勝って逃げる。小さく勝って逃げる。自分としてはもうひとつ、出来る状態でなければやらない。この選択ができるかどうかも大きな分かれ道だと思います。

    自分もたまにまだ時間あるからどっかにあるはずだと探し周り、なければやめて帰れる時と技術介入込みでいけるかもしれない。と厳しそうでも突撃してしまう時もあります。

    そのへんの冷静な判断がまだまだ未熟かな、と思う反面それで掴める時もあるのでなんとも言えないとこもありますね。

    投稿者:ガッツ 2018/08/17 (金) 12:21
  • No.1498 Re: ガッツさん

    貴重なコメントをいつもどもどもですm(__)m


    > 大きく勝って逃げる。小さく勝って逃げる。自分としてはもうひとつ、出来る状態でなければやらない。この選択ができるかどうかも大きな分かれ道だと思います。


    >>まさにおっちゃる通りですよね!

    環境や身の丈、力量を見極めてってやつでしょうか。

    一発も打たずに帰るってのも近い気もします。



    >
    > 自分もたまにまだ時間あるからどっかにあるはずだと探し周り、なければやめて帰れる時と技術介入込みでいけるかもしれない。と厳しそうでも突撃してしまう時もあります。


    >>台探し、店探しがやはり一番の鬼門となっているのは満場一致ですよね。

    そのぶん、重要で大切なのも…。


    ワスも2台目、3台目の候補的なものをつねに探している感じです。

    あと、技術介入の具合も、見極めが難しいですよね。

    ホールもその辺を見据えて微妙な調整だったりもしますし。


    >
    > そのへんの冷静な判断がまだまだ未熟かな、と思う反面それで掴める時もあるのでなんとも言えないとこもありますね。


    >>ワスもじゅうぶん未熟です。というか常に初心を忘れるべからずでしょうか(^_^;)

    ただ、この類の稼業は、できる出来ないよりも、チャレンジしてみることが大切なのかもしれませんね♪

    投稿者:どぉあん 2018/08/17 (金) 19:49
  • No.1567 期待値

    こんばんは!
    共感できる記事でしたので、思わず書き込みしちゃいます^^

    唯一の正しい「勝ち逃げ」の方法は、もう金輪際パチンコへ行かない!と決めた時の勝ち逃げです。

    そうでないのなら、期待値を捨ててやめた時点で負けだと思います。
    翌日以降に現金投資すれば、パチ屋は喜びますからね。

    確変を取りこぼさない範囲で、閉店時間まで粘るのが正しいやめ方だと思います。

    投稿者:ななしー 2019/06/10 (月) 21:29 [ 編集 ]
  • No.1571 Re: ななしーさん

    共感ありがとうございます!

    あ、共感のメッセージは、ブログをやっていて一番うれしいかもしれませんね(^^;)


    勝ち逃げはまさしくおっしゃる通りのことで、これは、とくに最終的に負け越した人は、とくに重々承知だと思います。

    現実は、高確率で次回も足を運ぶのがこれがまたパチンコパチスロでして…(;^_^A


    そうですね、やめときは一応、閉店時間の1時間前というのが一般的でしょうか。

    でも、たぶん、辞める続けるなどルーズな人はこの辺の境界やらもなにもないので、ルールにも沿えないのかなとも感じるところです。

    投稿者:どぉあん 2019/06/11 (火) 19:17

MESSAGE

非公開コメント

Top