甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

設定付き含め、甘デジ中心に実践しているブログです。鉄壁の立ち回り!年間収支負けなし!これを読めばあなたもパチプロ級の腕前になれる!





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサーリンク>



2019 08/25

パチンコの確率は収束するの?しないの?【検証】確率を体感や感覚ではなく、統計を記録すべし

CR画像.3

「パチンコは確率なの?収束するの?」

おそらく、ほとんどの方が疑問をもっているに違いありません。


結論からいうと、「確率なので収束はする」のです。

ですが、パチンコの場合の収束を単純に考えていては、痛い目を見る可能性もあるのです。

そこで、今回は、確率や収束について、検証を交えて解説をしていきたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーパチンコは収束するの?しないの?ー



CR画像.1

繰り返しになりますが、確率は収束をするというのが数学となります。

ただし、確率は試行を重ねなければ、それらを積み重ねて計らなければ証明することができません。

サイコロの1/6ですら、数回試したところで「1/6だ」とは証明できないのです。


多くの方が「収束するはずのものが収束しない」という問題を抱えて、この記事をご覧になるかと思います。

ですが、この問題は明確な答えを出すことは不可能かもしれません。

なぜなら、一番には自分自身で統計を取り、検証する必要があるからです。


ーパチンコは本当に確率なのか?【検証】ー



1527674933320.jpg

検証において、現行の中でおそらく一番良いのが「ちょいパチ」でしょう。

初当たり確率も超優しく、確率や収束の確認とともに、比較的に早くサンプルが取れるのではないかと思います。


というわけで、「ちょいパチCR弾球黙示録カイジ(初当たり確率は1/39.9)」にてデータを採取してきました。

【結果】

通常回転 471

当数 25回

回転率 28.13(40個/R)

回転単価 7円

投資 500個

回収 1955個


ー実践値と理論値の比較ー



1527674940805.jpg

実践結果は、こんな感じになりました。

それでは、実践値と理論値を比較してみましょう。


【検証1】 初当たり確率



理論値1/39.9→実践値1/27.7
(ちなみに、コミコミ確率(電サポ含めたプレイ)では、実践値1/30.68


【検証2】 平均連チャン数



理論値1.92連→実践値1.47連


【検証3】 トータル確率



理論値1/20.8(22.6回)→実践値1/18.84(25回)


【検証4】 期待値(期待差玉)



理論値+3297円(差玉+824個)→実践値+5820円(差玉+1455個)


ー初当たり確率よりもトータル確率が重要ー



1527766785745.jpg

この結果は試行回数が足りてないので現状で、参考程度にしかなりません。

よって、人それぞれで、この結果が収束しているといえば、していますし、していないと言えばしていません。


ただ、検証において、ミドル、ライト、甘デジと比較しても、分母の軽いちょいパチは、”かなりマシなデータ”だとは思います。

また、パチンコユーザーの大半が”初当たり確率”しか見ていないかと思います。

が、やはり、一番はトータル確率を重要視すべきと言えそうです。

<スポンサーリンク>

ー確率や収束はデータの積み重ねで見えてくるー



CR画像.1

ちなみに、ツイッターでは、上記のように統計の数値をつぶやいていたりします。

甘デジで22000回転では、かなり信頼度の高いデータを得ることができました。

時間がかかるし、大変かとは思いますが、収束に関して主張があるのであれば、自身で検証してみるべきです。


また、重要なこととして、体感的に確率をとらえようとしているのであれば、確率を信じることなど一生不可能だと言えます。

パチンコの確率とは、数値をある程度累積していってこそ見えてくるものでしょう。


ー収束に必要な試行回数ー



1525774818230.jpg

冒頭でサイコロの話をしましたが、比較するとパチンコの分母はとても大きい値になります。

そして、それなりに試行回数が必要なのです。

この試行数は、分母の300倍~400倍は必要と言われており、タイプ別で分類すると以下の通りです。


・抽選確率1/40(ちょいパチ)→12000~16000回転

・抽選確率1/100(甘デジ)→30000~40000回転

・抽選確率1/200(ライト)→60000~80000回転

・抽選確率1/300(ミドル)→90000~120000回転


また、上記の試行回数においても、確実なものではなく、ほぼ理論値の近似値になるという認識になります。

なお、収束の答えを見出すためには、現実的に考えても、ちょいパチが一番良いでしょう。


ーパチンコの確率の収束の意味とは?ー



CR画像.4

「パチンコの確率なんて、収束しないじゃないか!」

ちょっと、回したくらいで、収束うんぬん言い出すのはナンセンスなのです。

なぜなら、一般的に考えても試行数が数万やそれ以上の単位をこなして、やっと語れる程度だからです。


まずは、断片的な実践においては、収束することよりも、「収束に向かっている」と思うことが先決かもしれません。

ですから、例えば、終日実践で3倍、4倍などのハマリを喰らって5万円くらい負けたとしても、収束へ向かっている(近づいている)ことになります。

むしろ、短期的な実践においては、メンタル面や自己管理などの観点からも「収束などしない」と考えるほうが良いでしょう。


ーまとめー



1527674992609.jpg

まとめとなりますが、収束への基本的な部分は、この記事である程度でも理解していただきたいと思います。

なにより、パチンコの収束とは簡単なものではないことがわかります。

そして、確率というのは、上下にブレることは周知かと思いますし、それはパチンコでも同様です。


「収束しないこと」と「当たり欠損」は密接な関連があると考えますし、これによって嘆くことや悩むこともあります。

ですが、逆に収束しないことがうれしい場合もあるはずです。

つまり、そこには「展開や結果が思い通りにならない」という自分の都合が大いにあるのではないかと思います。

<スポンサーリンク>


この記事と関連する記事

パチンコの確率は収束するの?しないの?【検証】確率を体感や感覚ではなく、統計を記録すべし

スレッドテーマ : パチンコ・パチスロ日記 ジャンル : ギャンブル

(0)TB(0)

AFTER「パチンコの軍資金は、平均いくらぐらいが妥当?【徹底解説】初心者が覚えておくべき重要なこと

BEFORE「甘デジで当たり340回超のひどい欠損発生!【重要】こんな場合に確認すべき点がある

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top