甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

厳しい環境(秋田県在中)で勝ち抜くため、勝ち続けるためのすべてをお送りします。(最新機種情報、鉄壁の稼働etc)





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサードリンク>




2018 12/01

パチプロはパチンコ依存症?ギャンブラーが「仕事辞めてパチンコで儲けたい」と思う前にプロから学ぶべきこと

CR画像.1

パチンコで勝ち続けているプロたちといっても、

ひとくくりにパチンコ依存症と言われ、片づけられてしまうことがあります。


たしかに、一般的にパチンコ屋には、いろんな人がいて、

見た目は同じですので、これは、仕方ないのかもしれません。


ただ、プロと依存症の方々と比較すると思考や行動などすべてが真逆なのです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ープロと依存症の決定的な違いとは?ー



1479081995345.jpg


パチプロはもとより、勝ち続けている人達には、

依存症ではない決定的な部分があります。


それは、一発も打たずにパチンコ屋を去ることだと言えます。


欲や感情で行動するのではなく、しっかりと自己管理をし、

計算された立ち回りを忠実に実行しているのです。

つまり、そこには、”規律が存在し、しっかり守っている”のです。


ー仕事とギャンブルの比較ー



okanemoukaru.jpg

一般論としては、一般的な仕事などとパチンコ稼働は比較はできないでしょう。

ただ、仕事もパチンコスロットも根本的な目的はお金を得るためにほかなりません。

ですが、両者を比較すると、そこだけに焦点をあてたとしても。

パチンコパチスロはお金が減る可能性があるのです。


一方で、仕事は働いた分だけ確実にお金が貰えますし、

減るなんてことがあり得ません。

つまり、パチンコスロットには、常にお金を失う可能性があり、

リスクが常にあるということなのです。


ーパチンコと仕事観ー



CR画像.4

「先日、パチンコで10万円勝った。仕事してるのがバカらしいよ」

友人が、よく言っていた言葉です。

これは、パチンコスロットのみならず、競馬や投資、宝くじなどまで含めて、

ギャンブラーには、よくありがちな思考だと思います。


本音でいうところ、9割の人は、働きたくて働いているわけではないのです。

ここは、別にきれいごとを抜きに”お金のため”と正直で良いと思います。


しかし、ひとつ言えることは、

”会社の仕事がきちんとできない人が、仕事がいやだからといって、

パチンコに逃げたところで勝てない可能性が高い”


のです。


<スポンサードリンク>




ー勝つということは大変なことー



dorubakotawa-.jpg

問題の部分として、やってみれば分かることでしょう。

勝っている人がほんの数%程度しか存在しないわけですから、

単純にでも、「パチンコスロットで勝つこと」だけを考えてもそんなに甘くありません。


給料は固定され、ある程度保証されている分、

わたしたちは、そこで満足をしてしまい、

それ以上、考えることをやめるのです。


そんな人が、「仕事が嫌だからパチンコで…」という感じでは、

むしろ、お金がみるみる減っていく可能性が高いのです。


ー仕事とパチンコを両立することが先決ー



CR画像.5

ですから、仕事を辞めてしまうのではなく、

一番良い方法は、「仕事しながら、パチンコで儲けるのがベスト」でしょう。


実際にも、専業よりも仕事を抱えながら勝っている方(副業)のほうが多いと思われます。

このような両立されている人たちは、きっと、

仕事のほうでも有能なほうに入っているのではないかと感じます。


ーリスクを背負えない、背負いたくない人が9割ー



1489574596880.jpg

なんども言っていますが、私たちは基本的に、

損をしたくない、リスクを背負いたくない生き物(プロスペクト理論)なのです。

その証拠にパチンコで勝っているというと、

大半の方々が以下のように思うはずです。


「勝ってる人は、遊んで楽をして儲けている」


どんなジャンルにおいても、遊んでお金が儲かるところはありません。

また、そこには見えないけれど、リスクというのを背負い、抱えたりしているのです。

仕事は従業員であれば、このリスクがなく、

向き合う必要もなく、考える必要性もないのです。


ーリスクをコントロールすることが重要ー



CR画像.2

パチンコで勝ちたいと思う方は、少なからず、

ギャンブルは、損をする可能性があることをリスクとして理解することが大切です。

そして、そのリスクをコントロールすることが必要不可欠で重要だと言えます。


パチンコスロットで言えば、当然ながら負けやすい状況の場面では、

一旦でも身を退き、打たずにじっと待つべきでしょう。


負けやすい場面を回避していくリスクコントロールの見本として分かりやすいところが、

スロットのハイエナが有名なところではないでしょうか。

このリスクコントロールも口で言うほど簡単なものではないかもしれませんが、

地道に意識改革をしていけば、おのずと良い結果が残せるようになると思います。


ーまとめー



CR画像

パチプロは依存症で片づけるよりも、むしろ、

思考や行動を学んだ方が、資本主義社会において、

はるかにあなたのタメになるはずです。


パチンコやスロットを通じて、リスクというものを理解し、

リスクコントロールを学べば、全体としてもお金を稼ぐことの大きな前進となるのだと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



<スポンサードリンク>



この記事と関連する記事

パチプロはパチンコ依存症?ギャンブラーが「仕事辞めてパチンコで儲けたい」と思う前にプロから学ぶべきこと

スレッドテーマ : パチンコ・パチスロ ジャンル : ギャンブル

(0)TB(0)

AFTER「パチプロがオススメする機種ってあるの?ボーダーラインの甘い台を打つべき理由

BEFORE「遠隔操作は違法でホルコン制御は合法というのは本当?特許問題とホルコン攻略

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント





Top