甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

設定付き含め、甘デジ中心に実践しているブログです。鉄壁の立ち回り!年間収支負けなし!これを読めばあなたもパチプロ級の腕前になれる!





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサーリンク>



2019 08/10

マルハンの7の付く日やゾロ目は勝てるの?【解説】旧イベント日で勝つために必要なこと

CR画像.1

全国No.1ホールと言われるマルハンは、知っていると思いますが、「マルハンの7の付く日」や「ゾロ目の日」をご存知でしょうか?

この日は、旧イベントが行われていたことから、現代においても、「イベント日」として、お客に意識されているのです。


ただ、結論から言うと、一般の方がふらっと行ったくらいでは勝てない可能性が大なのです。

そこで、今回は勝てない理由や勝つために必要なことを解説していきたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーマルハンの7の付く日やゾロ目は勝てるの?ー



CR画像.1

冒頭でも書きましたが、軽い気持ちで足を運んだところで、大半の方は勝てないのです。

なぜなら、大半の方は狙い台がない(しぼられていない)というそもそもの問題があるからです。


通常の日であってもホールに行く時点で、狙い台(候補台)があるのが普通というか、そうでなくてはなりません。

特にお店の強い日と言えども、昔ほど高設定が多用できないことは容易に想像がつくでしょう。

候補台がないと、素直に撤収もできず、「その時に空いている台を適当に打って、結果負けてしまう」という一番ダメな立ち回りのパターンをしてしまうのです。


ー行くべきかどうかを決める要素は一つー



1454894711875.jpg

というわけで、行くべきかかどうかの是非を決定する理由は答えが出ています。

・ちゃんとした狙い台がある→行っても良し!

・狙い台がない(考えていない)→やめたほうが良い!


よくありがちな「今日、イベント日だから」という感覚で行くのはやめましょう。


ちなみにイベントは禁止になっているので、お店がかかげているわけではありません。

これは、あくまでも、「お客が一方的にイベントだと決めこめんで来ている」ということになっていることを忘れないようにしておきましょう。


ーベースは上げている可能性があるー



20120124213009.jpg

そうはいっても、ただ、視点を変えれば、それだけ、お客からの信頼があるとも言うこともできます。

その背景にはもちろん、お客を裏切らないようにと、お店もベースを上げている可能性はあります。


ベースとは、全体の平均設定や釘の具合だったりします。

極端な話をすれば、設定1を設定2に変えてもベースを上げたということになります。

お客側からすれば、「何がイベントなんだ」と思うところですが、嘘はついていないのですし、このような事も全然あり得るのです。


ーパチスロでの状況を判断する方法ー



釘

パチスロの状況を判断するにおいては、設定は推測や予想するにも平日の稼働率が極端に低い場合も多いので、比較も難しくなります。

何分、見た目の出玉と比例しやすいのがパチスロの特徴でもありますから、やはり、イベント日や強い日に一度下見に行くことも大事でしょう。

また、その際に機種やラインナップの高設定の使用度合を一度リサーチをする必要があると考えます。

そして、総合的には、「イベント日は信用するに値するのか?」を判断すると良いでしょう。

<スポンサーリンク>

ーパチンコでの状況を判断する方法ー



1496015997939.jpg

さて、いっぽうでパチンコの場合は、釘の状況は投資をする前に判断することができます。

なお、平日との比較も可能で、イベントの信用性も比較的容易に見極められるはずです。


・特定の日だけど、釘がまったく開いてない

・勝てるというほど、釘を開けてはいない

・とある機種だけ、釘が開いている



など、状況はさまざま考えられますが、これらの状況や度合いをきちんと見極める必要があります。

その結果として、「まったく開いていない」や「大して開けていない」となれば、二度と行く価値はないでしょう。


ー「見た目の出玉」という罠ー



CR画像.3

誰しもが、「あそこが出ている」「あの店は出している」などと、感じたことがあるはずです。

しかしながら、肝心なことに”投資がどれくらい入っているか”がわからないのです。


これが、どういうことになるかというと、

”収支はお客が負けているのに、「出ている」や「出している」”

という、おかしな判定になるのです。


なお、お客によっては、箱を積んで現金投資を繰り返している場合だってあります。

なにごとも、見た目の出玉だけで判断するというのは、危険なのです。


ー出玉感とは、ホールの策略でもあるー



CR画像.1

というのも、そもそも「お客は負けてるのに出てるように見える」ことはお店の策略でもあります。

これ自体は批判しているわけでもなく、商売ですから当たり前の戦略なのです。

ですから、ドル箱の容量を小さくしたり、ドル箱に札を指したり、ドル箱の積み方を工夫したりなどをしているのです。


昨今主流のパーソナルシステムの場合は、データの回数が重ねられていないと出てるかどうかの判断にも至らなわけですので、お客の滞在率を上げるためにいろんな工夫うがされているはずです。

つまり、見た目でしかとらえていないと、ホールの策略にひっかかっていることにもなるのです。


ーパチンカーの感覚や体感は宛にならないー



dorubakotawa-.jpg

パチンコパチスロユーザーは何かと体感や感覚を優先してしまいます。

特にパチンコでは「印象」は危険でもありますので、注意しておかなくてはなりません。

というのも、エンドユーザー的に洞察してみると、「マルハン」と聞くと、「大手のホールNo.1」というブランドがあります。

実は、それだけで、群集心理もあいまって、人が集まりやすいのです。


そうなると、人が多いと稼働が上がり、どうしても出ているように見えてしまうのです。

ブランド名やイベント日、周囲などにまどわされず、「自分にとって優良店であるのか?」をしっかり考えて見極ることが大切です。

くれぐれも、体感や感覚だけで判断しないことが重要だと考えます。


ーまとめー



maruhanmaruhan.jpg

結局のところ、このような旧イベントにフラッと行く程度では勝てないということなのです。

あなた自身が、「釘を開けているのかどうかがわからない」、「高設定を多く投入してるのかもわからない」となれば、それはもう適当に台を選んでしまうことになります。


では、どうすべきかというと、やはり、平日からある程度通っていく必要があると考えます。

そうしないと、ホールのクセも掴めず、差が判断できず、台がしぼりにくく、結果的に勝ちにくくなります。

ですから、普段から通ってこそ、旧イベント日などでも勝ちやすくなるのです。

<スポンサーリンク>


この記事と関連する記事

マルハンの7の付く日やゾロ目は勝てるの?【解説】旧イベント日で勝つために必要なこと

スレッドテーマ : パチンコ・スロット新台情報 ジャンル : ギャンブル

(0)TB(0)

AFTER「パチンコパチスロの「縦の比較」「横の比較」とは?【解説】下見のポイントと重要性

BEFORE「パチンコは顔認証システムで当たらない?【解説】顔認証の回避術や対策方法を考察

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top