甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ

設定付き含め、甘デジ中心に実践しているブログです。鉄壁の立ち回り!年間収支負けなし!これを読めばあなたもパチプロ級の腕前になれる!





ーー[人気記事一覧]ーー








<スポンサードリンク>



2019 06/26

甘デジを一日中打って10万円負けることは可能?負け額を少しでも抑えるために重要なこと

CR画像.2

「先日さ、朝から甘デジしか打ってないのに、夜までに2万発やられたよ…。」

数日ぶりに顔を合わせた友人が、突然、こんな報告してきました。


これは幸いにも1円パチンコということで、金額的なダメージは、マイナス2万円だったようで、もし、4円換算ならば、マイナス8万円という大惨事になります。

そもそも「大負けしにくいはずの甘デジで、こんなに負けられるのか?」という話ですが、負けることは可能なのです。

しかも、実は、優良台を打っていても、余裕で10万円程度負けることがあるのです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ー甘デジを一日中打って10万円負けることが十分可能な理由ー



CR画像.4

友人の内容としては、「その日は何を打ってもハマってばかり、または、当たってもひたすら単発ばかりで散々だった」とのことです。

このようなまったく当たらない現象は、パチンコではよくありますし、当然、甘デジでもあることです。


例えば、20回/千円程度の台で、500回ハマリを2連発などを喰らったとすれば、半日の時点で5万円ほどのマイナス収支と想定できます。

10万円負ける理由として、一番は”当たらなかったから”ですが、実はそれだけではありません。

昨今の台は20回/千円の台もかなり少ないと推測されますし、それだけ投資スピードが速くなっていますので、さらに金額が膨らんでしまうのです。


ー負け額を少しでもおさえる重要なポイントー



1453683428655.jpg

もちろん、「当たらなかったから」や「展開が悪かったから」というのもそれはその通りではありますが、これだけで片付けてしまっている方は大問題だと言えます。

なぜなら、これらは打ち手にはどうにもできないことだからです。

つまり、展開がどうこうではなく、このような場面で、釘の良い台を打っておかないと、どんどん傷口が大きくなってしまいます。

釘の悪い台を打ち続けると、ヒキが悪いときは負け額だけが大きくなるのです。


パチンコの勝ち方は、そうではなく、逆なのであり、「ヒキが悪いとき、少なく負け、ヒキが良いときに大きく勝つ」ようにしないといけません。

ですから、10万円など金額がどうかでもなく、いかなる時も釘の良い台を打っていく必要があるのです。


ー半日でマイナス8万円の実体験ー



CR画像.5

いろいろ書きましたが、個人的にも、朝から打って、夕方にはマイナス2万発という日が数回ほど経験済なのです。

ですから、冗談ぬきにして、甘デジと言えどもちゃんと打っていなければ、一日10万円程度なら想定内に負けられるのです。

釘が悪い台を打てば、投資がかさみ、出玉は少ないというのは、なんとなくでもイメージできるのではないでしょうか?


なお、釘が悪いと勝率も激的に低くなりますから、甘デジは、コンスタントな連敗が重なることも多くなります。

よって、これらが積み重なれば月間や年間で数十万や数百万と、大幅にマイナス収支なんてこともあり得るわけです。

<スポンサードリンク>

ーとある日の実践報告(ルパン三世、不二子)ー



1453683421045.jpg

この日は、昼から出動し、甘デジのルパン(不二子)が気になったので、打ってみようかと着席したのです。

ちなみに、座る前のデータは、ST引いて単発なのか振り分け負けなのかはわかりませんが、

単発ばかりのコールド負け寸前の”3-0”となっていました。


なお、履歴データは、基本的関係ありませんので、データを参考にして台選びをしているわけではありません。

そんなわけで釘で選ん台が、打ち始めると、かなり上ムラの好回転だったりします。

26回/千円くらい回ってまして、テンションが上がるわい。


ー単発とハマりの連鎖が待っていたー



1453077433000.jpg

ところが、最初だけで、徐々に回転率が24回、22回、やがて20回…に落ちていっていしまいました。

そのしりつぼみとともに、6R通常当たりが連発し始めます。

しかも 不運は重なり、400回オーバーのはまりを喰らう始末でした。


当たってもいないのにハマるということに加えて、ハマリあけの当たりだったが痛恨の6R通常だったりします。

その後も、「またしても6R通常」、「さらに6R通常」という風に、呪われたような展開です。


ー6R通常を引きまくった結果ー



1493973984176.jpg

50%の悪いほうの6R通常しか引いてないという惨劇が身に降りかかっていました。

上部スコア3-0が、7-0になっていたのです。


1453077404980.jpg

そろそろ、いい加減にしないと帰りの運転が荒くなっちゃうかもしれません。

そのころ、、残り時間も少なくなってきて、あきらめムードがただよいはじめていたわけです。

「今日はST確変引けないで撤収かもしれないな…。」

と思ったところで、暗闇にひとすじの光が差し込んできたのです。


ー歓喜のプレミアムリーチ出現ー



CR画像.1

歓喜のプレミアムリーチの登場したのです。

「プレミアムだし、ST確定でしょ、これ!」と、ひとりほえておりました。


CR画像.3

しかも、懐かしいこの演出です。

この初代ルパンも1時間遠征してまで、よく打っていたんです。

というわけで、初当たり5回目にして、やっとSTを獲得し、

これが、なんとかまとまって7連チャンゲット!でした。

とまぁ、いいとこだったのですが、時すでに遅しってやつで、実践時間終了となりました。


ー実践データと結果ー



1453683355708.jpg

ルパン三世 甘デジ 4円パチンコ

119回転 1連

396回転 1連

5回転 1連

114回転 1連

124回転 7連


通常回転 756

当数 11回

初当たり 5回(1/151)

平均連荘 2.2連

1R辺りの獲得出玉 68個


投資 9125個

回収 5914個


収支は、言うまでもなく、完敗といった感じです。

ただ、最終回転率が19~20回/千円と、出玉が取れる分、打てなくもないレベルでした。

オーバー入賞が気持ちいいくらい決まりますので、今日のいいとこはそこだけだったかなと…。


ーその後、ショッキングなほど大爆発した模様ー



1453683365112.jpg

その数日後に友人から、「君の打っていた台あのあと連荘していた」との報告があり、

上部の過去スコアを確認してみると、なんと!大当たり回数が55回となっていました。

「めっちゃ出てますやん!」と吠えずにはいられないくらい出ていました。


1453077404980.jpg

「もう、帰りの運転荒くなっても良いんじゃね?」

と思いつつ、なぜか、半端ない敗北感を胸に、自分自身に言い聞かせ、帰路につくのでした。

1日で10万円負けると、こういう気持ちになるのかもしれません。


最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサードリンク>


この記事と関連する記事

甘デジを一日中打って10万円負けることは可能?負け額を少しでも抑えるために重要なこと

スレッドテーマ : パチンコ・パチスロ日記 ジャンル : ギャンブル

(0)TB(0)

AFTER「パチンコの出玉を飲まれて負ける恐怖感?「もったいない」気持ちとプロスペクト理論

BEFORE「「出方がおかしい」「当たり方がおかしい」と感じるのは当然!パチンコの確率と設定の疑念

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top