FC2ブログ
甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ ホーム »2016年08月
2016年08月の記事一覧
<スポンサードリンク>

パチンコ用語[4]  


<スポンサードリンク>


■当数一回辺りの平均出玉

今の機種は大当たりの種類がたくさんある場合がほとんどです。これらを大当たり割合から加重平均した出玉の事です。


■オーバー入賞

玉がアタッカーにカウント数よりも多く入ってしまう事です。


■大当たりパンク

これは逆に玉がカウント数に満たない内に時間切れになり強制的にアタッカーが閉じてしまう事です。
パチンコにおける専門用語集の関連記事

category: パチンコにおける専門用語集

thread: パチンコ

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

慶次46連で店内がちょっとした騒動に!キャプテン翼でボールは友達、ホールは敵?  


<スポンサードリンク>


HI3B1971.jpg


「真・花の慶次のマックスタイプで46連だと!?」

「出玉が、推定6万5発だと!?」



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


通りかかるお客が野次馬になり、人だかりが出来て、玉をせっせと運ぶ店員さんに声がかかる。

「あの台壊れてんじゃないの?」


店員さんは、親切に答えていた。

「いやいや、そんなことはございませんw」


さらにそこへ邪魔するように声をかけたひとりの男がいた。

「お店の玉無くなっちゃいますよw」


アタスのこんなギャグにも店員さんは親切に答えていた。

「いやいや、そんなことはありえませんw」
(ていうか、おまえだったのかよw、お仕事の邪魔すんなよって話w)


というわけで、自分が打っている間、ずっと当たっていた様子で、30箱くらい出てて、別積みになっているもんだから、別のお客たちがざわざわし始めて、店内がちょっとした騒動になっていましたw


しかも、その後、騒動に追い打ちがかかるようなことが発生!


「がっしゃーーーーーーん!」



という悲鳴のような音が…。

bikuri.jpg


そして、ワタスは直感で、こう思いました。

「やりやがったか…」


まさかの別積みドル箱タワー崩壊?と思ったけど、幸いにも1箱ほどの出玉が崩壊の様子でございました。

急きょ発生した、「店員総動員&良心的なお客による落ちた玉回収作戦」で、騒動はおさまりを見せたのです。

ちなみに、ワタスはこの作戦には参加しませんでした。(最低だなw)


”ホールは敵ですから”


というジョークはさておき、本来なら「いろいろ何やってんだ」と言いたいところでもありますが、半ばお祭りのような賑わいも感じられて、ワタスは思ったのです。


「パチンコ屋ってざわざわってなったくらいが活気が出ていいんじゃないの?」
-- 続きを読む --
稼動・実践・感想・収支の関連記事

category: 稼動・実践・感想・収支

thread: パチンコ・パチスロ日記

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 2

パチンコ用語[3]  


<スポンサードリンク>


■ツキ指数(運指数)とは?

運指数は大当たり回数の理論値よりどれだけ大当たりがついていたか?またはついてなかったのか?を示す数値です。

■期待時給とは?

大体ですが期待出来る時給の事です。仕事量時給といったりもします。

■時間差玉とは?

1時間辺りの取れる差玉です。これは時給の前の玉数ということになります。

■STとは?

スペシャルタイムの事です。(例)ST5回、これは大当たり終了後5回転は超高確率タイムという意味です。

■時短とは?

時間短縮の略です、通常時よりもデジタルがサクサク回り消化します。

パチンコにおける専門用語集の関連記事

category: パチンコにおける専門用語集

thread: パチンコ

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

CRさくらももこ劇場 甘デジ1/89 スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率  


<スポンサードリンク>


sakuramomoko.jpg


本日の新台はさくらももこ(ちびまるこちゃん)の甘デジになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本機は、100%で確変に突入し、40回限定のSTタイプとなっています。

スペックを確認すると、ヘソ当たりでは電サポが30回ですので、残り10回を残して辞めないように注意が必要となります。

初当たりは1/89と軽い優しく、保留が回転率に乗りやすくなっていて、若干ではありますが、有利になります。

ボーダーラインとしては、4個賞球のわりには、そこまで辛い印象はなく、標準の印象となっています。

電サポ回数は30回、70回で、電チュー戻しは2個なので、多少なりとも玉を増やして底上げの可能性を残しています。

しかしながら、釘調整もここに合わせて微妙になるかと予想されるところ、わたしたちは最低でも玉の減りの無いよう工夫しながら打っていくことが大切です。

出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、18..2回/千円付近となり、終日勝負する場合では、回転率20回以上を目指していくと良いです。

実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

本日もありがとうございますたm(__)m
-- 続きを読む --
機種別ボーダーライン・損益分岐点・止め打ちの関連記事

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点・止め打ち

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

甘デジで3万円負けは大敗レベルだ!上半期収支公開と安定性を語る  


<スポンサードリンク>


CR画像.3


「スーパー海物語SAE」、通称では白海と呼ばれた古き良き名機甘デジ。

この機種は面白かったですよね!

当時、現代では考えられないけれど右打ちで30回/千円の台があって、ひたすら打っていた記憶があります。

最近ではリメイクして登場しているようで、今後甘デジでも登場すると思われます。ただね、スペックやゲージが問題ですよね…。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

まぁしかし、このころに比べれば、甘デジもだいぶ荒くなりました。

なんだか、昨今では甘デジでも半日稼働で3万円くらいの負けが増えてきた気がしている今日この頃でございます。

甘デジで3万円と言えば、大負けや大敗と言ってもいいのではないでしょうか?

確変突入無し連発やSTスルー連発かと思えば、やけに連発で突入したり、なんというか、当たらない時はほとんど何も当たらない、一方では激しい連荘!という感じがします。

しかも、現状の台はヘソ当たりというのは、大きな出玉につながりにくいので、単発オンリーってな展開だと大負けにつながりやすくなります。その点では、海系は良いですが…。

スペック上では確変はSTや転落やバトルタイプやら、大当たり出玉の振り分けは種類が多く、ヘソ賞球は3個かと思えば1個になり、その後に4個になったり。

釘調整から見れば、回転率はムラ上下が激化し、出玉も賞球は複雑。指針である期待値が安定しない分、収支もなかなか安定しないのも当然と言えます。

つまりは、「安定性が乏しい」限りです。

ここはお店も大変なのかもしれませんが、予想以上に出てしまっている場合は必殺の釘を鬼締めするという流れ。

業界としては、射幸心をあおるために結局は荒れる度合を高めているような感じでしょうか。
-- 続きを読む --
話題・雑感・まとめの関連記事

category: 話題・雑感・まとめ

thread: パチンコ・パチスロ日記

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0
<スポンサードリンク>



スポンサードリンク

カテゴリ

プロフィール

管理人へお手紙

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アクセス

資産運用してみよう♪

無料コーナー

▲ Pagetop