FC2ブログ
甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ ホーム »応用・精神論・上級編
カテゴリー「応用・精神論・上級編」の記事一覧
<スポンサードリンク>

回転率と出玉はどちらが良いほうがいいのか?時間効率よりも回転率を優先すべき  


<スポンサードリンク>


CR画像.1

ボーダー理論を頭で理解し、実践していくと、

回る台だけど出玉が少ない台、回らないけど出玉が多い台

といった台に遭遇することがあります。

これは、どちらにせよ、ボーダーラインを上回っていることが重要なわけですが、

回転率と出玉のバランスでも期待値は変化するため、

双方の優先度も変わってきてしまいます。

よって、回転率と出玉の関係を理解し、

さらには時間効率とのバランスも覚えておくと良いでしょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ー出玉に依存することはリスクも高い?ー

CR画像.1

近年では、回らないものの、

技術介入で出玉を多く得て期待値を上げること

も当たり前のようになっています。


しかしながら、大当たり後の出玉に依存して打ち続けるという実践は、

ひとつの問題が出てくるのです。

それは、当たること事が前提条件となることです。


一方で、現実を見れば、パチンコは一時的や短期的には当たらない時も多々あります。

このとき、当たらない時は仕事量(期待値)も得られず、収支もマイナスというダブルパンチを喰らうハメになってしまいます。

このような実収支ではなく、期待値が荒れる実践を繰り返すことは、

リスクが高くなることを指しています。


ー機種タイプ別ではベストは?ー

CR画像.1

確実に仕事量を得て帰ることは、

収支の安定を図るためにも重要となります。

機種別に関しては、

”初当たりの取りにくいタイプほど、回転率を優先するほうが良い”

と考えておくべきです。


具体的にいうと、ミドルタイプやライトタイプは初当たりが重いので、

出玉に依存するよりは、回転率を優先すべきと言えます。


いっぽうで、甘デジなどは初当たりも取りやすくなるので、

出玉に依存しても良いと言えるでしょう。

基本的には、回る台のほうが通常回転も稼げて、

万が一、当たらなくても仕事量が安定的に取れていけると考えることができます。

なによりこのほうが精神衛生上、楽であるのは間違いないでしょう。


ー時間効率の良い機種ー

1522751325292.jpg

加えて、パチンコには時間効率というものがあります。

これは、

「一時間辺りどれくらい当たりが得られる計算なのか?」

を表した数値になります。


ボーダーラインより少しプラスの台であっても、

台の性能であるプレイスピードで時間効率で上げ、稼ぐということも可能です。


中でも消化スピードが比較的早いのは、主に、

海物語シリーズやドラム式パチンコとなります。

これらは、1時間辺りの回転効率が良いので、

それだけ多く回せ、比較的に当たりを得られやすいことになります。


ー時間効率と回転率の優先度ー


1522751319046.jpg

回転効率で稼ぐと言っても、この場合、

回転率1回転分を時間効率でカバーするとなると、1時間辺り40回転ほど多く消化しなければならない

と言われています。


いつもより、1時間辺り40回転を多く消化するというのは、

想像しただけでも容易なことではありません。

よって、多少時間がかかってもストローク調整や保留3個止め、ステージ止めなど実行しながら

とにかく丁寧に打っていき、回転率を少しでも維持や上げていくほうが良いでしょう。
-- 続きを読む --

category: 応用・精神論・上級編

thread: パチンコ・パチスロ

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 1

パチンコって結局のところ、最後にお店が勝つんじゃないの?ギャンブルで勝つための法則  


<スポンサードリンク>


CR画像.2

「最後にはお店が勝つ」

これはある意味では、その通りです。

パチンコに限らず、競馬や宝くじを含めたギャンブル全般に言えることでもあります。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ー「パチンコパチスロはギャンブルだ」という考え方ー

CR画像.4

「パチンコスロットはギャンブル」

一般的には、このようにと周知されています。(法的にはギャンブルではないとなっているが…)

ただし、もしあなたが本当に勝ちたいと考えているならば、

この考え方はとても”マズイ”と言えます。


それはなぜかというと、先にも書いてあるように、

「ギャンブルは胴元が必ず儲かる仕組みだから」

なのです。



もう少し、具体的にいうと、

常に目の前の当たりを追うだけで、

つまり、欲に目がくらんでいる状態なのです。

このような短期的な捉え方しかできていなければ、

トータル的な勝ちを目指すことは、きわめて困難になってしまうのです。


ーパチンコスロットでの胴元とは?ー

CR画像.1


胴元とは、周知のことと思いますが、

もちろん、パチンコ店になります。

つまり、運営している側であるパチンコ屋は、

必ず利益が出るようになっています。


だからといって、逆のほうの客であるわたしたちは、

毎回着実に負けるという事ではありません。

仕組みとしては、勝ったり負けたりしながらその平均的にマイナス収支になります。

ですから、ギャンブルとしか思えないのであれば、

お店の手の内の中にいることにもなります。

ということは、もし、何も知らずに今勝っていてプラス収支であったとしても、

打てば打つほどマイナス収支に近づいていっているのです。


ーなぜ、人はギャンブルをするのか?ー

ruretokazino.jpg

そもそも、なぜ、わたしたちはギャンブルをするのか?

答えはただひとつ、

「儲けたいから」

にすぎません。

しかも、”楽をして”儲けたいのです。


その楽をして儲けたい心を射幸心と言います。

パチンコスロットにおいては、

昨今、「射幸心をあおる機種はダメだ」などと問題になっていますので、

この言葉を聞いたことのある方も多いはずです。


この射幸心で、ギャンブルをする背景として、

大半の人が”自分は貧しいと思っているから”でもあります。

ギャンブルとは人の欲や下心、なにより、射幸心ににつけこんだものなのです。
-- 続きを読む --

category: 応用・精神論・上級編

thread: パチンコ・パチスロ

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

パチンコで勝ち逃げする方法はある?「1台で粘るべきか、台移動するべきか」問題  


<スポンサードリンク>


CR画像.2

「終日の勝負で、一時プラス収支になっても、

結局、出玉が飲まれてマイナス収支になることがよくあるんです。」



パチンカーには、よくあるこの悩みだと思います。

プラス収支だったのに、やがてマイナス収支に転落すると、

すごい負けた感と同時に疲労感も沸き起こってくるものです。


まず、この現象については、

日常茶飯事というか、当たり前に起こることです。

長くやっていく上でパチンコはなかなか思うようにいかないことも多々あるわけですが、

これはその中のひとつではないでしょうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ー結果論しか見えない心理が働く?ー

CR画像.1

「プラスだったあの時、辞めてれば良かった…。」

人間の心理として、大半の人が上記のように思うところでしょう。

もっと飛躍した話になると、大負けしたときは、

「今日は行かなきゃよかった」

などと悔やむこともあります。


それでは、

勝ち逃げをしていたほうが良いのか?

というと、それは結果論に過ぎません。

逆に見れば、続行して逆に出玉が飲まれずに、さらにプラス収支が伸びるときだってあります。

そうすると、

「やっぱり打ち続けていて良かった♪」

とも当たり前のように思うわけです。

また、負債を抱えたマイナス収支から挽回してプラス収支になったときも同じように思うのです。


ー「粘りること」と「勝ち逃げすること」ではどちらが良いのか?ー

CR画像.2

何度も書いていますが、パチンコで勝つこととは、

「長い目で大きな勝ち(利益)を出すこと」

ですし、これが目標です。

よって、終日での勝ちを得るためではありません。


ただし、個人的には、一時的な精神的モチベーションの低下がひどいのであれば、

勝ち逃げしても別にいいと思います。

しかし、この行動が収支や勝敗の根本的な解決になるかというと、それは違います。

むしろ、ここにこだわってしまうのも、ちょっと危険かなと考えています。


ー収支を伸ばすために必要なことー

CR画像.5

「続行して収支がさらに伸びることがある」

改めて冒頭のほうで書いたことですが、

収支を伸ばすために、勝算の立つ台で粘ることは大事です。


長い期間で利益を出すことや収支を伸ばすために、

欠かせないのは言うまでもなく、

”継続性”

となります。


この継続において、今日の勝ち逃げをしたところで、

次回も打つ方が大半で、この繰り返しでしょう。


ただ行く回数で区切っただけの継続では、

収支を伸ばすことは不可能だと言えます。


収支を伸ばすためには、勝ち逃げのクセではなく、

粘るクセをつけることが重要なのです。
-- 続きを読む --

category: 応用・精神論・上級編

thread: パチンコ・パチスロ日記

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 2

ボーダー理論の甘い罠?初心者や勝てない人が誤解するボーダーライン  


<スポンサードリンク>


CR画像.5

「ボーダーライン以上の台を打っているのですが、
なかなかプラス収支になりません。」


パチンコで勝っていく上で「回る台を打ちましょう」ということは、
初心者の方でも、もはや周知のことだと思います。

しかし、その通りに打ったところで、収支がついてこないという悩みもまた多いわけです。

これは、もしかすると、単純に運が悪いとばかり言えない可能性もあるのです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ー期待値と実収支の関係ー

CR画像.1

通常であれば、釘の良い台を継続的に打っていければ、それだけプラスの仕事量(期待値)を日々積み重ねられます。

そして、グラフのように右上がりになるでしょう。

さらに、それを沿うように実収支もジグザグしながら、
右上方向に向かいことになります。

つまり、長期的には少なくともマイナス収支になる可能性はきわめて低いと言えます。

一方で、一般のパチンコユーザーの大半は右上方向に向いていません。

一時的に大きく勝ったとしても長い目で見れば、収支がプラスにならず、
逆に右下方向に向かう可能性も高くなっているのです。

ようするに、一向にプラス収支にならないということは、
期待値をきちんと得られていない可能性が高いのです。


ー初心者や中級者に多い出玉把握ミスー

CRネタ

「ボーダー以上回っているからOKだ。出玉の詳細は不明」

回る回らないというのは把握し、計測しているが、
出玉把握については無頓着になっている人も実は多いのです。

この”出玉の詳細”が大事なのです。

具体的には、可能であれば、”何個取れているのか”まで把握しておく必要があります。

11個か12個という1個単位とまでは言いませんが、
10個、20個とせめて数十個単位までは計測して把握しておくべきだと考えています。

パチンコを回る回らないだけで判断していた場合は、
あなたの思っているボーダーラインは真のボーダーラインではない場合も多々あるのです。


ーボーダーラインのおさらいー

gurahu-bo-da1.jpg

そこでくどいようですが、「ボーダーラインって何?」ってところにさかのぼってみます。

ボーダーラインとは、損益分岐点のことです。

何も難しいことはありません。


トータル確率÷(平均出玉×4/100)=ボーダーライン

この式を見てもわかる通り、
まず、先に出玉が分からなければ、ボーダーラインは分かりません。

投資と還元の分岐点ですから、当たり前ですけど、
還元(出玉)の部分が存在しなければ成り立ちません。

つまり、出玉も把握しなければならないことにもなるのです。

そして、この出玉はホール毎の釘調整によって変わります。

出玉把握については、現在ラウンドが複数あることからも、
「1R辺りの獲得出玉がいくつか?」を見ていくというのが主流でしょう。
-- 続きを読む --

category: 応用・精神論・上級編

thread: パチンコ・パチスロ

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 2

パチンコの軍資金1万円でわらしべ作戦?お金を増やす方法(錬金術)は実現できるのか?  


<スポンサードリンク>


CR画像.4

「軍資金1万円から勝ち続けて、お金を増やすことは可能なのか?」

お小遣いの相場などを考えてみると、
「軍資金が1万円」とは、じつにリアルな金額です。

一般的に「お金が1万円しかないならパチンコはやらないほうがいい」というのは、
ほぼ全会一致で正論かもしれません。

しかしながら、それでは話が進まないので、
この先を考えていきたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーレートのベストな選択は?ー

enpati.jpg

まず4円パチンコですが、増やすところか全額失うリスクが高くなります。

よって4円パチンコではなく、
1円パチンコ以下をまずは選択していくべきです。

中には、「1円パチンコなんか勝っても大して儲からない」と思うかもしれませんが、
たった一回の勝負で退場になってしまっては意味がありません。

また、そもそもの話、資金自体が尽きてしまっては続けることもできなくなり、
増やすという以前の問題になってしまいます。

パチンコは倍々ゲームのような簡単な仕組みではありません。

この基本となる土台を無視したり、間違えてしまうと、すべてが狂ってしまいますので、
少ない資金ほど低レートを選択することが賢明でしょう。


ー機種タイプのベストな選択は?ー

yupati.jpg

次にタイプの選択ですが、
1円パチンコであっても1万円では通常回転で800回も回せないと推測されます。

これでは大当たり確率が1/300のミドルタイプでは、
当たりが取れない可能性も十分にあり得ます。

上記と同じく、資金が一気に底を尽いてしまう可能性がありますので、
ミドルタイプは選択すべきではありません。

釘の良い台を選択するというのは前提として、
1/100の甘デジや羽根物をしばらく打って少しつづ増やしていくというのがベストだと言えます。


ー資金が少ない人ほど一攫千金を狙いたくなる?ー

katimori-ipai.jpg

ご覧のように資金が少ない人ほど、
台や機種、レートの制約が多くなり、立ち回りが限定されてしまいます。

ですから、本来であれば、
資金が少ない人ほど、コツコツやっていかないといけないことになるのです。

しかしながら、図らずも現実的には、
少ない資金の人ほど、一攫千金を狙ってしまう傾向が強いのです。

「軍資金が残り千円か…一発逆転狙うか」

皆さんも、一度は経験があることでしょう。

まず、この思考を逆にしなければならないのです。
-- 続きを読む --

category: 応用・精神論・上級編

thread: パチンコ・パチスロ

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0
<スポンサードリンク>



スポンサードリンク

カテゴリ

プロフィール

管理人へお手紙

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アクセス

資産運用してみよう♪

無料コーナー

▲ Pagetop